>
>
>

空気が読めないの人・KYな人の原因と解決策を専門解説

空気が読めない


空気が読めない人の障害と3つの対処法⑥

空気が読めない・KYの特徴に対処しよう

今回が「空気が読めない」コラムの最後になります。これまでお話したことをおさらいしていきましょう!

 

空気が読めない人の原因・解決策

空気が読めない人の原因空気が読めない人の特徴と原因をコラム①でご紹介しましたね。

・他者視点に立てない
・傾聴スキル不足
・発達障害の可能性

空気が読めない人は、適切な対人関係が築けず「居場所」を無くし悩む人や「生きづらさ」を感じる人が多い事をご紹介しましたね。

ご紹介したセフルモニタリングチェックで、自分の状況をまずは確認できましたか。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

空気を読めない原因の解決策

空気が読めない人の解決法

コラム②③④では、空気が読めない3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:相手の立場に立って考える
空気が読めない
1つ目の原因「他者視点に立てない」の解決策をコラム②でご紹介しました。他者視点に立つためには、観察力と共感力が必要でしたね。ご紹介した4つのコツ

・一呼吸おく
・相手をよく観察する
・「自分だったら…」を控える
・話の内容を合わせる

を実践して身に付けて行きましょう。

2:傾聴スキルを身に付ける
空気が読めない2つ目の原因「傾聴スキル不足」の解決策をコラム③でご紹介しました。聴く力を身につけるためには、共感力や反応する力が必要でしたね。ご紹介した4つのコツ共感や反応を変えることで相手に寄り添った聞き方ができます。

・先入観を捨てる
・共感的に聴く
・結論を急がない
・反応する

を実践して、相手に寄り添った聴き方を目指しましょう。

3:適切な専門機関を訪ねる
空気が読めない3つ目の原因「発達障害の可能性」の解決策をコラム④でご紹介しました。

空気が読めない人の症状と発達障害の特徴は似ている点が多くあります。もし「自分はもしかしたら発達障害かもしれない…」と思ったら、適切な専門機関に行くことをおすすめします。

空気が読めない!を改善しよう

3つのコツで空気が読めないを克服「空気が読めない」のコラムはこれで終わりになります。空気が読めないことで対人場面でのトラブルや障害を多く経験してしまう可能性があります。今回ご紹介したコツや対処法で、少しでも空気が読めないと感じている人の障害が改善されたら嬉しいです。

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「空気が読めない」をテーマにしたコラムにお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!「空気が読めない」障害について、改善できる兆しが持てたでしょうか?現代社会において空気を読むことはとても大事なことです。ぜひ、空気が読めない障害を改善して、相手も自分も気持ちが良いコミュニケーションができるようになりましょう!

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★ 空気が読めない人の3つの原因と解決策で克服を目指そう!



3つの解決策で克服を目指そう