>
>
>

共感の意味とは?原因や対処法を確認しよう

共感,意味,とは


共感の意味とは?原因や対応策を確認⑥

今回が共感コラムの最後です。ここまで5回のコラムでお伝えしたことをおさらいします。一緒に確認していきましょう。

共感性が欠如する4つの原因

コラム①では、共感する能力が欠けてしまう事でも問題と4つの原因をご紹介しましたね。

・自分勝手な価値観
・相手の気持ちやコミュニケーションをイメージできない
・全てに共感しようとする
・相手と程よい距離感が保てない

共感する能力が低いと、他人の気持ちをイメージすることが難しいことがあります。自分勝手な行動から孤独になってしまい、仕事や友人関係など様々な場面で、うまくいかないことが増えていきます。しっかり対策していきましょう。

共感力をアップさせる4つの解決策

コラム②③④では、4つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:相手視点の考え方を身につけよう
1つ目の原因「自分勝手な価値観」の解決策をコラム②でご紹介しました。

相手の立場にたった考え方ができると、周囲とのコミュニケーションの在り方も変わります。ご紹介した改善ポイントを少しづつ実践して身につけて行きましょう。

2:共感が伝わるスキルを身につける
2つ目の原因「相手の気持ちやコミュニケーションをイメージできていない」の解決策をコラム③でご紹介しました。私たち臨床心理士も学ぶ「共感的理解」の練習を具体的にしましたね。

1:相手の立場を理解する
2:相手の表情をよく見る
3:相手に質問をしてみよう
4:相手に伝えよう

伝えるスキルはとてもシンプルです。日頃から意識して、共感力を伸ばしてください。

3:「感情」と「考え方」を分けて共感しよう
3つ目の原因「全てに共感しようとする」の解決策をコラム④でご紹介しました。

練習問題でやったように、相手の話を「感情」と「考え方」に分けて、「感情」の部分にだけ共感することが大切でしたね。会話の中に取り入れてみてください。

4:「程よい距離感」で共感しよう
4つ目の原因「相手との程よい距離感が保てない」の解決策をコラム⑤でご紹介しました。

心地よい共感には、相手の気持ち全てに共感するのではなく、「とりあえず受け入れる」程度にしてうまく距離をとることも必要でしたね。ポイントは、決して無理をしないことですよ。

 

焦らず、無理なく、共感しよう!

「共感」コラムでは、共感性の欠如に悩む人に、原因やその対処法を詳しくお伝えしてきました。このコラムを読んで、自分は共感する力が足りないと悩んでいる人の気持ちが少しでも楽になり、改善するきっかけになれば嬉しいです。

共感する力を鍛えるのに、焦りは禁物です。無理をせず、自分にできることから少しずつ始めていきましょう。

最後に、これまで「共感」コラムにお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!共感するということは、「自分以外の考えも尊重する」ことにつながり、そこには人と人とのあたたかいコミュニケーションが生まれます。

まずは、ご紹介した対処法や練習問題をやりながら、日常生活の中で意識してみてください。そして、もう少し深く学びたい!という方は、弊社のコミュニケーション講座へ参加してみませんか。弊社では年間500人が参加されるコミュニケーション講座を開催しています。気軽な気持ちで足を運んでみてくださいね、お待ちしております。地方の方は通信講座で頑張っている方もたくさんいらっしゃいます( ^ ^ )みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!

★共感性の欠如には4つの原因がある
★4つの解決策で共感力をUPしていきましょう
★共感は「焦らず」「無理なく」を大切にしましょう
コミュニケーション講座


原因と対処法を確認してスキルを伸ばしていきましょう