>
>
>
優しさがない原因と対処法!

優しさがない原因と上げ方!3つコツで優しさを身に付けよう⑤

優しさの上げ方を解説       

今回がこの「優しさ」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。 コラム①では、優しさを持つことが出来ない問題と3つの原因をご紹介しました。

・完璧主義で相手を責める
・ネガティブな言動が多い
・暖かい非言語コミュニケーションがない

優しさを持つことができなければ、 人間関係が悪化し、強いストレスを感じてしまうということでしたね。優しさの問題セルフチェックで自分の状況をまずは確認できましたか?まだの方はぜひトライしてみて下さい。 

3つの原因と解決策

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な解決策をご説明しました。 

1.寛容思考で優しさを増やす
コラム②では、優しさが持てない原因の1つ目「完璧主義で相手を責める」を和らげることが目的でした。厳しさを軽減するワークで相手に厳しく接してしまう思考を 、寛容な考え方に変換することで相手へ優しさを持つ方法をお伝えしました。 

質問1:相手と自分が同じ状況だとしたら?
質問2:自分の考えがも違っているとしたら?
質問3:相手に優しくできるとしたら?

この3つの質問を活用することで、相手の立場に立つことができ、完璧主義な傾向を和らげることができます。お互いに信頼関係できる関係を築くことができるので、対人関係も良好なものなるでしょう。

2.ポジティブストロークを与える
コラム③では、優しさが持てない原因の2つ目「ネガティブな言動が多い」を改善することが目的でした。 気持ちよく会話するためにを、ポジティブ変換ストロークのワーク をご紹介しました。

自分のネガティブな言葉遣いや振る舞いを分析することで改善点を見つけ、ポジティブストロークに変換するという方法でした。「相手の長所を認める」「相手を励ます」「口角を上げて接する」などのポジティブストロークを使って、ネガティブな言動をポジティブに切り替えていきます。やり方としては、言葉と態度をシュチエーションに分けて考えてい方法でしたね。

3.優しさを上げる「ユマニチュードケア」
コラム④では、優しさがが持てない原因の3つ目「暖かい非言語コミュニケーションがない」への対処方法をご紹介しました福祉や医療の現場で脚光を浴びている思いやりや優しさを表現するユマニチュードケアの中から“暖かい眼差し”の技術を使って、相手への優しさを表現していく方法でしたね。

思いやりを示すための相手の見かたとしては、

①相手と目の高さを合わせる
②顔の真正面に合わせて近づける
③3秒以上のアイコンタクト

この3つのポイントを中心に読み進めることで、思いやりや優しさを相手に態度で伝えることができます。ユマニチュードケアを普段の会話で意識して、「あなたは私にとって大切な人です」というメッセージを非言語から発信しましょう。 自分の非言語コミュニケーションを振り返ってみて、何が必要かを考えてみるとよいでしょう。

優しさで円滑な人間関係を!

この「優しさ」コラムでは、優しさが伝わらない、持つことができない方を対象に優しさを持つことができない問題や原因、解消法などを全5回のコラムで解説してきました。 コラムを読み終えて「明日から1つやってみよう」と思って頂けると嬉しいです。また、ご紹介した解決策を行う中で、あなたが悩んでいた優しさが持てない3つの原因 「 完璧主義で責めてしまう」「ネガティブな言動が多い 」「暖かい非言語コミュニケーションがない」 が少しずつ解消されることを実感して頂けたら幸いです。 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「優しさ」コラムにお付き合いして頂き、ありがとうございました。新しい習慣を作るのはなかなか大変なことです。焦らず、一つ一つできそうなことから毎日できる範囲で行ってみてください。

まずは、ご紹介した技法やワークを使って実践してみてください。 そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの方法で思いやりある人に!対人関係のストレスも軽減できる



3つのコツを抑えよう