>
>
視線恐怖症と対人恐怖心性③

視線恐怖症と対人恐怖心性③

コラム②でも視線恐怖症は対人恐怖症の1種という話を少ししました。しかし、実際には相手の目を見ることができない傾向がどれだけ対人恐怖に影響するのかまで具体的に説明していませんでした。

そこで今回は、視線恐怖症がコミュニケーション場面に与える影響について詳しく解説していきます。

視線恐怖研究① 対人恐怖心性との関係

ここからは心理面の研究を2つ紹介します。視線恐怖症は周りの人からの視線を過敏に感じるという対人恐怖症の一種で、特に思春期・青年期に非常に多くみられると言われています。

堀井(2014)は大学生4461人を対象として対人恐怖心性について調査を行いました。その結果、対人恐怖心性は、様々な恐怖感情と結び付いていることがわかります。

例えば上記の図では「自己視線恐怖」が(.82**)と書いてあります。。82という数字は非常に大きく、視線恐怖と対人恐怖は強い関連があると言って良いでしょう。

このように視線恐怖の大本をたどると、対人恐怖心性が根本にあると解釈することができそうです。堀井・小川(1996)の研究によると対人恐怖心性とは以下の6つの特徴があることが分かっています。

・自分や他人が気になる
・集団に溶け込めない
・社会的場面で当惑する
・目が気になる
・自分を統制できない
・生きることへ疲れている

これらの心の状態を改善していくことが視線恐怖を軽減するヒントになりそうです。後ほど解決策は詳しく説明します。

視線恐怖研究② 不安コントロールができない

社交不安障害(SAD)をはじめとする不安障害の方は、否定的な感情や緊張などの感情をコントロールできず、混乱しやすいと考えられています。

城月健太郎(2013)は、社交不安障害(SAD)患者14名と大学生251名に対し、不安のコントロール感に関する研究を行いました。結果が下図となります。

大学生の方が点数が高く、SAD患者のグラフが低くくなっていますね。これは健康的な大学生は不安を和らげられる感覚があり、SAD患者は不安をコントロールをできる感覚が少ないことを示しています。こうした状態が長続きすると、社交不安障害が深刻化するリスクがあるため注意が必要です。

視線恐怖研究③ 身体の変化に過剰反応

筑波大学の八重澤・吉田(1981)らは「他者接近に対する生理・認知反応―生理指標・心理評定の多次元解析―」という論文の中で視線と人間の心理について実験しました。

実験参加者は18~30歳の女子大生38名で、25歳の男子学生をモデルとしました。実験参加者の性格検査を照らし合わせたところ、神経質傾向が高い人は、自分の心(認知反応)と、身体(生理反応)の結びつきがあることがわかりました。

つまり、
身体は緊張していないのに
心は過敏に不安や緊張を感じている

と言えます。わかりやすく表現すると、は大して緊張していないに、は「緊張している!どうにかしなきゃ!」と神経質になっていると言えます。視線恐怖の人は、自分の体の小さな変化を必要以上に大げさに捉えていると解釈できるかもしれません。

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

★視線恐怖症は不安を強める!デメリットを把握しよう

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
大学生の不登校傾向と対人恐怖心性との関連 堀井 俊章 
横浜国立大学教育人間科学部紀要. 横浜国立大学教育人間科学部 編 16, 135-143, 2014-02
対人恐怖心性尺度の作成 堀井, 俊章 小川, 捷之 上智大学心理学年報 1996