心の声に耳を傾けるキッカケを作ろう「夏の絵画療法講座」

講座レポ

絵画療法体験講座には20名の方がご参加されました!ありがとうございます。絵画療法体験を通して、自己理解を深めました!

またのご来場をお待ちしています♪

写真:心理学講座の様子2

お知らせ

ダイコミュでは毎週開催のレギュラーの講座も大好評開催中です。

・心理学の基礎を学びたい
・落ち込みやすい心理を改善したい
・傾聴力をつけたい
・初話力をつけたい

という方は是非いらっしゃってください。下記看板をクリックすると詳しい内容が分かります。

絵画療法とは?

口下手にこそ絵画療法

普段私たちは言葉を使って思考していますが、自分の気持ちを言葉にするのって意外と難しいですよね。

・悩みがあっても、うまく言葉で表現できない
・自己開示が苦手
・自分のことがよく分からない

なんてことがあるかもしれません。
そんな時は「絵画療法」で、こころの声に耳を傾けてみませんか?

「絵画療法」で実感できること

「絵」という手段を使って、言葉では表現できない自らのこころの声を聴くことができます。

そうすることでストレスの発散はもちろん、押し込めていた自分の姿を発見する手助けにもなるのです。

絵を描いたり、芸術的な活動をしたりすることは、ストレス解消にとても効果があることが科学的にも分かっています。

絵を描き、作品について語ることで、自分の傾向や悩みが理解できることもあります。

今回の講座では…

参加者の皆さんにある「テーマ」を伝え、そのテーマをもとに絵を描いて頂きます。

そして実際描いて頂いた絵を眺めつつ、臨床心理学的な観点からその作品の分析のヒントや解釈の方法をお伝えします。

描画テストの見方や自己分析が、皆さんの日常生活や人間関係に役立ててもらえると嬉しいです。

絵の上手い下手はまったく関係ありません。絵を描きながら、そして自分の絵について分析しながら、普段なら感じ取れないような自らのこころの声に耳を傾けてみましょう。

じっくりと絵画療法の世界を楽しんでいただけたらと思っています。

目次

1.ウォーミングアップ
アイスブレイク
講師自己紹介

2.絵画療法とは?
絵画療法基礎講座
絵画療法は何に役立つのか?
心理療法やこころの病について考えよう
コミュニケーションと絵画療法について

3.絵画療法を体験してみよう
実際に絵を描いてみよう!
描画テストの分析方法を紹介
描いた絵を眺めて、講師と自己分析を深めましょう

4.シェアリング
何が感じ取れたか?
分析を通して気づいたこと・・
自分の対人関係や自分の傾向について考える

こんな方にオススメ

  • 絵画療法」「心理療法」や「カウンセリング」に興味がある
  • 自己理解を深めたい
  • 心理学の知識を対人コミュニケーションに役立てたい

目標

  • 絵画療法や描画分析を通して自己理解を深める
  • 「絵」を介したコミュニケーションを体験する

講師

カウンセラー(臨床心理士/精神保健福祉士) 大川ふみ