ホーム > コミュニケーション講座 >はじめて講座をご受講される方へ

コミュニケーション講座


はじめのご挨拶

はじめまして!代表の川島達史(精神保健福祉士)と申します。皆さんはこんな悩みを抱えていませんか?

・心が不安定だ・・・
・会話が盛り上がらない・・・
・友達が少なくて寂しい・・・
・説明が苦手で困っている・・・

心の状態が悪かったり、人間関係に悩むなどコミュニケーションに問題を抱えるととてもつらいですよね。

写真:コミュニケーション講座の様子

弊社はそんな、悩みを改善するため、コミュニケーション講座を開催しています。講師は精神保健福祉士、臨床心理士で、社会心理学や臨床心理学を大学院で研究してきました。

コミュニケーション講座の特徴

さてさて!そうは言ってもコミュニケーション講座ってなんだろう?といコミュニケーション講座の特徴う気持ちになっている方も多いと思います。英会話教室や料理教室と違って何をやるのかよくわからないですよね。伝えたいことはたくさんあるのですが、まとめないといけません!

イラスト:コミュニケーション講座って?考える男女

私たちはコミュニケーション能力を向上させるために、

「心理療法で心の安定」
「会話スキルの徹底練習」
「暖かいコミュニティで友達作り」


3つの視点から講座を開いています。

1. 心理学の学習

皆さんは心理療法を学習したことがありますでしょうか。おそらく専門家から学んだことがある方は少ないのではないでしょうか。コミュニケーションが苦手な方は心理学的にいくつかの特徴があるといわれています。例えば、

「白黒思考」

が挙げられます。白黒思考というのは真っ白か、真っ黒かでしか判断できなくて、グレーゾーンを認められない状態です。

イラスト:白黒思考に陥っている女性

「あのひとは○○だ!」
「もう○○は絶対にしない!」
「あがり症は恥ずかしい!」

等々、極端なものの言い方が習慣になっいる方は要注意です。人間関係は、とても曖昧な世界である意味で、適度に流したり、 グレーな部分を認めることも必要になります。これを「曖昧さ耐性」と言います。皆さんはいかがでしょうか。曖昧さ耐性をお持ちでしょうか。

これは1つの例ですが講座の中では自分自身の問題に気がつき、改善できるようになることを目指し心理学講座で学習していきます。具体的には「心理療法」という分野の学習をたくさん行っていきます。

写真:自分自身の問題に気がつき、改善できるようになることを目指し心理学講座で学習している生徒さんたち

心理学講座で学ぶこと一例

エゴグラム性格分析,ストレスマネジメント,認知療法,行動療法,マインドフルネス認知療法,アサーション,フロー心理学

会話技術を付ける

近年のコミュニケーション研究によって、会話力が人間のメンタルヘルスに2. 会話技術を付ける非常に大きな役割があることが分かってきています。そこで、具体的な人間関係を向上させる技術を学び、練習を重ねていきます。具体的には、聴き上手、話し上手になることを目標に実践的に練習を重ねていきます。

例えば、仮に旅行の話題で聞き役になっていたとします。さて!皆さんなら旅行の話題があったときにこんな質問を連発していませんか?

「何人で旅行に行ったのですか?」
「いつまで旅行したのですか?」

イラスト:話し上手になることを目標に実践的に練習を重ねるNGの例

実はこれらの質問を連発することはNGなのです。傾聴する上ではあまり重要ではなくて頑張って質問してもたいして盛り上がらないでしょう。。。ダメというわけではないのですが、もっと大事な質問の仕方があるのです。答えは講座でお話します笑。このように講座は話し手が話しやすい質問を作るコツを学び何度も練習していきます。

人間関係講座で学ぶこと一例

傾聴技術の基礎,誉め言葉の語彙UP,会話継続法,タイプ別会話の展開方,カウンセリングスキルの基礎

3. 暖かいコミュニティを創る

コミュニケーション講座は一過性のものではなく、じっくり長期的に通うことをコンセプトにしています。年間1000 人近くが通われ、たくさんの生徒さんが切磋琢磨しながらコミュニケーション能力を磨いています。講座を通して知り合った友達と、講座外で遊んだり、 仕事がつながったりするのも大きな目的です。

「皆で山登りに行きました」
「友人がたくさんできました!」
「仕事で評価が上がりました」
「お見合いがうまく行きました!」

と言って頂けるのが講師として何よりも嬉しいですね!そして成果を出す生徒さんは最初は引っ込み思案でもだんだんと信頼できる友人を作っています。講座に通われる方は是非仲間を作って交流を深めてくださいね♪

写真:講座に通われている生徒さんたちが仲間を作って交流を深めている様子

最後に…

現代社会は顔と顔を合わせて会話をする機会がとても減ってきていると感じます。確かに人間関係はいいことばかりではありません。気を使わなくてはならないこともありますし、うまく表現できないときはつらい思いもすると思います。

イラスト:人間同士の相互作用のなかにある「幸せだなあ」と感じるもの

ですが、「幸せだなあ」と感じるのも人間同士の相互作用のなかにあるのだと思います。自分を受け入れて、前向きに生きているような、

一生ものの知識やスキル

をたくさん伝えたいと願っています。生徒さんが講座を通して、コミュニケーション能力を成長させ、幸せな人生を獲得されることを願って止みません。

イラスト:はじめのご挨拶をする、ダイレクトコミュニケーション代表の川島達史(精神保健福祉士)

講師川島より
心をこめて(^^)

ダイレクトコミュニケーション代表 川島 達史
ボタン:講座ページへ戻る!