HOME > コミュニケーション用語集 >

会議のメリット・デメリット

会議,ミーティング,目標達成,情報共有,意思決定

会議のメリット・デメリット

ここでは会議のメリット・デメリットを考えてみましょう。

メリット

非言語情報のやりとり・・・会議の席ではお互いの顔が見えるので、表情や声の抑揚からある目的に対して好意的なのかどうかの判断がしやすい。

情報化の早さ・・・口頭でのやり取りは、文章でのやり取りに比べて早くできます。

図を使える・・・会議の席であれば、ホワイトボードを使って、リアルタイムに情報を図形化し、話し合うことができます

結束を固めることができる・・・メールや文書、電話に比べ、お互い顔を合わせて話し合う事で、結束が固まる可能性が高くなります。

デメリット

意見が出ない可能性・・・問題解決型、目標達成型会議であれば、参加者は活発に意見を言わなくては意味がありません。このとき、参加者の人選を間違うと、意見のやり取りが行われず、一方通行な会議になる可能性があります。

行動する時間の抑制・・・PDSサイクルを前提とすれば、会議とはあくまでもPLANの段階であり、それ自体が何かを生産するものではありません。会議をしている時間はDOする時間を使っているともいえます。

コスト・・・会議には、人件費、会場費、また遠方からの出席者がいる場合は交通費、さらにDOする時間の抑制という機会損失(サンクコスト)がかかります。

会議を行う上では、得られるメリットがデメリットを上回る場合に適時開催すると良いでしょう。


会議,ミーティング,目標達成,情報共有,意思決定
議論を上達しよう