HOME > コミュニケーション用語集 >

トゥレット症候群

コミュニケーション用語集 ココロの病気とカラダ

トゥレット症候群

トゥレット症候群とは、チック症の中で最も重症のものであり,自分の意志とは無関係に,体が反復して動いたり、繰り返し同じ言葉を発したりする病気です。トゥレット症候群運動性言語性に分けられます。

運動性の場合は、同じ動作を繰り返したり、奇異な運動をするといった特徴があります。例えば、頭を頻繁に動かしたり、クルクル回ったり、みだらな動作をしたりすることがあります。言語性の場合は、コプロラリア(卑猥な言葉を繰り返す)、反響言語(他の人の言葉を繰り返す)、パリラリア(自分の言葉を繰り返す)特徴がある。

トゥレット症候群はしばしば、多動性障害(ADHD)、強迫性障害を併発します。神経機構は未だ良くわかっていないですが、一卵性双生児が共に発病する確率が高いことから遺伝性があることが最近の研究で解ってきています。


コミュニケーション用語集
ココロの病気とカラダ