>
>
>

心理学2回目★思考の歪みとは!?

心理学2回目★思考の歪みとは!?

 2018/04/26  507 Views

afternoon 埼玉教室 心理学2日目

オープニングトークはRさんの楽しくすべらない話について。
私が秋葉原教室で話す話と違い、ストーリーもあって流石とおもいました。

初参加が6名くらいいたので、生徒からの先生の紹介の時に
悪いところはありません、と言われてました。

最初の座った席が近い人でグループ決め
自己紹介の時に「私たちに心があるのは何故か」
という解答がない問いが出ました。
「人だから」「人間の成長のため」など、出てきました

◇ 認知行動療法の基礎

・出来事
・考え方
・感情
・行動

「お昼の12時、今日はコミュニケーション講座だ」で練習問題

◇ 認知の歪みモデルについて

・出来事
・信念
・自動思考
・推論のあやまり
・抑うつ状態

◇ ストレスマネジメントについて

ストレス状態が適応状態にあるときは努力過程
ストレスフルになった時 例えば適応障害

◇ 思考の歪みについて
※ わざとオーバーに歪んだ考えをしてみます
(出来事)
集まり(例えば勉強会)を招集したが集まりが芳しくなく、内容も盛り上がりませんでした。

・白黒思考 極端な考えをしてしまう。いい意味であいまいな考えを持てない。
「私が勉強会でやったことは全て間違っていた。」
・過剰な公的自己意識 人からの目が気になってしまう
「集まりの結果、人がどう思ったか気になる」
・比較癖 人と比較してしまう
「Aさんが集めたときはたくさん来てもりあがったのに、私は全然人も内容もA
さんよりダメだった」
・過度の自責 自分のせいと攻めてしまう
「今回の集まりの結果が芳しくないのは全て私が悪い」
・大いなる悲観 1つのことをすべてにあてはめて悲観的になってしまう
「今回芳しくなかった、みんな満足せずつまらなかっただろう。最悪だ」
・レッテル貼り 自分や他人の1つの側面だけをみて、全体を評価してしまう
「私が招集すると次回以降もすべて失敗してしまうだろう」
・完全主義 完全にすべきだと思う
「3年目の私があつめるのだから全て完璧な結果でなければならない」

得点は25点、環境によっては問題が起こるレベル。

◇ 練習シートを使って練習

本当に深く悩んでいることは書けませんでした。
自分でも要点を明確にして説明できないし、
自分と向き合うのもちょっと辛いので
(辛い問題から逃げていると言われても否定できませんが‥‥)

出来事
2月のとある日、たかが30分程度の間でPASMOを無くした
感情
不安・焦り・自己嫌悪・情けない
考え
PASMOのような大切なものを短時間でなくしてしまい、私はこれから大丈夫なのだろうかという不安、今後も同様なことが頻繁したらどうしようという焦り→大いなる悲観
そうなったのも全て自分が悪い、私はどうしようもない人間だ、人からはそんな失敗聞いたことがない。→過度の自責、レッテル貼り、比較癖

といった感じでしょうか
1つの出来事に対し複数の内容・視点から見るのがポイント
(複数挙げて、数値化して対応する優先順位を決めていく)

練習シートを発表して
感想を言いあって終了となりました。

☆ evening お茶会とその後

お茶かいはステーキのどんで15名ほどで実施となりました。
おなかも空いたので、結構がっちりと食べました。

2次会は魚民で実施となりました。
刺身の盛り合わせとか卵焼きがおいしかったです。

講座の話や、文化祭の話、マイミクさんの話
漫画の話とかアニメの話等で盛り上がりました。
ゲゲゲの鬼太郎の猫娘が今回すごくきれいだとか。

帰りも座って帰ることができました。
皆様お疲れさまでした。

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

生徒さんの講座体験
勉強会・イベント情報
生徒さんの知恵袋
講座への要望