• ブログTOP
  • プロフィール
  • 対人恐怖カウンセリング
  • お問い合わせ

対人恐怖症克服記38 やばい経済学?!マルクス資本論

 

対人恐怖症の私は、大学3年になり、ゼミ面接に挑んだものの、落選してしまいました。落胆しながらも、2次募集を探し、「マルクス資本論」ついて研究するゼミを発見しました。

 

 

マルクス=やばい

 

 

当時の私の知識では、マルクス=共産主義で、なんとなくやばいイメージがありました。

マルクス主義に傾倒した国家は、北朝鮮のような国になる!

よくも悪くもそれぐらいの知識しかありませんでした。

 

一方で、私が好きだった漫画の一つに「ナニワ金融道」がありました。作者である青木雄二はマルクスが好きで、ことあるごとに、資本論と絡めながら面白い話を作っていました。

 

私はマルクスを学ぶのも教養の1つになるかもしれないなあ…と考え、軽い気持ちで面接を受けることにしました。

画像1

 

 

負のオーラ

 

 

面接の日になり、私は会場の教室に入りました。前回のゼミと違い、華やかな雰囲気はありませんでした。むしろ陰鬱な空気感が漂っていました。

 

2次面接に来ていた学生は4名だけでした。日大の中でも、やる気のない学生が仕方なく面接に来ている印象でした。なにせ、この4名は1次面接で全員落選した、出がらしのような学生なのです。パッと見た瞬間、全体的に負のオーラーをまとっているのがわかります。

画像3

この負の空気をさらに増長させていたのは間違いなく、対人恐怖症の私でした。おそらく会場の誰もが私の近寄りがたい、暗い空気を感じ取っていたと思います。

 

私はなぜか、

「このゼミならやっていけるかも!」

と感じていました。前回のゼミのポジティブでさわやかな空気より、この沈殿した重たい空気の方に居心地の良さを感じました。

 

 

全員合格

 

 

面接が始まると、先輩が質問をしてきました。わかったことは、彼らは、間違いなく誰一人マルクスには興味がないということでした。

 

面接担当の先輩が
「なぜこのゼミを志望したのですか」

と質問をすると、

「マルクス経済学に興味があったのです」

と学生が答えていました。

 

ラーメン屋に来た理由を聞かれ

「ラーメンが食べたかったからです」

と答えるような、すばらしき知性をさく裂させていました。

 

結果的に、志望者は、私を含め、全員合格してしまいました。まさにザルなゼミでした。

 

 

資本論を読み込む

 

 

さてこの資本論のゼミですが、結果的にものすごく面白い学びがありました。ゼミではマルクスの代表的な著書である、資本論を読み込んでいきます。

画像2

この資本論が、初見では全く持って何を言っているのかわかりません。例えば、こんな調子です。

商品が交換される時、それらの交換価値は、全く、使用価値から独立したあるものであると明らかに示す。我々が見て来た通りである。しかしもし、それらの使用価値を取り去っても、見て来たように、そこには価値が残存する。であるから、商品の交換価値の中に、価値を示す共通なあるものの存在が明らかである。交換されるものはいつでも、その価値なのである。

*出典
https://www.marxists.org/nihon/marx-engels/capital/chapter01/index.htm

はい!なんだかよくわかりません。

 

このような暗号のような文章を解読をして、発表をしていくのです。

 

最初はマルクスが何を言いたいのか?全く分からなかったのですが、学習を続けるにつれて、だんだんと、さわりだけはわかるようになってきました。

 

そしてこのマルクスの考えは、私の人生に大きな影響を与えていくことになるのです。

 

 

 

*********
・川島達史 1981年生まれ
・公認心理師 精神保健福祉士 心理学大学院修了
・社交不安症専門カウンセラー
・ご相談はこちらからお待ちしています
*********

[DISPLAY_ULTIMATE_SOCIAL_ICONS]

ブログ記事一覧


対人恐怖症克服記84 対人恐怖とは克服するものではなかった


対人恐怖症克服記83 トンネルの出口


対人恐怖症克服記82 過度の自責


対人恐怖症克服記81 心の重り


対人恐怖症克服記80 冷たい態度の理由 


対人恐怖症克服記79 自己開示と自己開示


対人恐怖症克服記78 迷惑と心を守る ジレンマ


対人恐怖症克服記77 コントロール不能な絶望感


対人恐怖症克服記76 鬼の忙しさ


対人恐怖症克服記75 かわいい女の子と働きたい


対人恐怖症克服記74 マダムへの無礼な態度


対人恐怖症克服記73 タモリさん、松本人志さんを研究


対人恐怖症克服記72 対人恐怖治療の会話トレーニングがない


対人恐怖症克服記71 元ひきこもりとバレてはいけない


対人恐怖症克服記70 グレーな保険営業


対人恐怖症克服記69 引きこもりフリーターになる


対人恐怖症克服記68 天敵はムチムチした女性


対人恐怖症克服記67 パソコンからファッ〇ユーされる


対人恐怖症克服記66 女子大生に心の中で毒づく


対人恐怖症克服記65 イケメン面接官のウザイ質問


対人恐怖症克服記64 バイトの面接で敗北感


対人恐怖症克服記63 宗教の勧誘だと思ったら彼女だった


対人恐怖症克服記62 デブ15キロ痩せる


対人恐怖症克服記61 吃音でありがとうが言えない


対人恐怖症克服記60 あるがまま生きよ  森田療法


対人恐怖症克服記59 視線恐怖症の治療


対人恐怖症克服記58 醜形恐怖症との戦い


対人恐怖症克服記57 重度の対人恐怖症であると自覚する


対人恐怖症克服記56 心理療法との出会い


対人恐怖症克服記55 人との関わりに幸せがある


対人恐怖症克服記54 人生にそもそも意味はない


対人恐怖症克服記53 般若心経を読む


対人恐怖症克服記52 勝ち組への嫉妬をやめよ!ルサンチマン


対人恐怖症克服記51 我思う故に我あり


対人恐怖症克服記50 ダメ人間!は無根拠


対人恐怖症克服記49 哲学との出会い


対人恐怖症克服記48 死の実験


対人恐怖症克服記47 底なし沼で死を意識する


対人恐怖症克服記46 ペットボトルトイレ


対人恐怖症克服記45 ひきこもりの家に親戚が来る


対人恐怖症克服記44 吃音の悪化,声がでなくなる


対人恐怖症克服記43 雀荘通いが再燃


対人恐怖症克服記42 コミュ障‐校舎を変える


対人恐怖症克服記41 会計士試験に落ちる


対人恐怖症克服記40 勉強の天才がいることを知る


対人恐怖症克服記39 マルクス経済学が面白かった件


対人恐怖症克服記38 やばい経済学?!マルクス資本論


対人恐怖症克服記37 大学生に対する敵愾心


対人恐怖症克服記36 対人恐怖症とゼミ面接


対人恐怖症克服記35 肥える対人恐怖症男


対人恐怖症克服記34 日大で最も意志強い女


対人恐怖症克服記33 コミュ障と会計士受験生


対人恐怖症克服記32 彼女を泣かせる


対人恐怖症克服記31 三角関係と裏切り


対人恐怖症克服記30 独占欲の芽生え


対人恐怖症克服記29 18歳は女子でバグる


対人恐怖症克服記28 初めての友人


対人恐怖症克服記27  ダメ人間からの脱皮


対人恐怖症克服記26 父親の財布から金を盗んで賭麻雀


対人恐怖症克服記25 フリー雀荘に入り浸る


対人恐怖症克服記24  視線恐怖症への着地


対人恐怖症克服記23  ああ・・・彼女が欲しい


対人恐怖症克服記22 爪噛み癖が再発


対人恐怖症克服記21 早稲田大学受験 敵前逃亡


対人恐怖症克服記20  現実逃避と起業の勉強


対人恐怖症克服記19 半分は逃げるため-独立を意識


対人恐怖症克服記18 父への暴言


対人恐怖症克服記17 父への反抗


対人恐怖症克服記16 失恋と離人感


対人恐怖症克服記15 残念なプレゼント


対人恐怖症克服記14 覚悟の確認


対人恐怖症克服期13 お前はフラれたんだ


対人恐怖症克服記12 ひとりになりたい・・・


対人恐怖症克服記11 冷たい男


対人恐怖症克服記10 感情を殺せ


対人恐怖症克服記9 ポケベルでのやり取り


対人恐怖症克服記8 男塾からの脱出


対人恐怖症克服記7 女子高生からの手紙


対人恐怖症克服記6 笑顔恐怖


対人恐怖症克服記5 赤面症との格闘


対人恐怖症克服記4 嘲笑妄想


対人恐怖症克服記3 女子との遭遇


対人恐怖症克服記2 似非B‐BOY


対人恐怖症克服記1 はじめに