ホーム > コミュニケーション講座 >

関東短期集中講座「心の声に耳を傾けるキッカケを作ろう 夏の絵画療法講座」

絵画療法、心の声、人間関係 、絵画、人とのコミュニケーション


心の声に耳を傾けるキッカケを作ろう「夏の絵画療法講座」

関東短期集中講座

ダイレクトコミュニケーションでは1日限定の講義を3ヶ月に一度程度開催しています。短期集中セミナー限定の貴重なコンテンツが盛りだくさんです。 今回は夏の絵画療法講座の説明をさせて頂きます!

絵画療法とは?

臨床心理学の援助技法のひとつに「絵画療法」というものがあります。 普段私たちは言葉を使って思考していますが、自分の気持ちを言葉にするのって意外と難しいですよね。

・悩みがあっても、うまく言葉で表現できない
・自己開示が苦手
・自分のことがよく分からない

なんてことがあるかもしれません。 そんな時は「絵画療法」で、こころの声に耳を傾けてみませんか?

・「絵画療法」で実感できること

「絵」という手段を使って、言葉では表現できない自らのこころの声を聴くことができます。そうすることでストレスの発散はもちろん、押し込めていた自分の姿を発見する手助けにもなるのです。

絵を描いたり、芸術的な活動をしたりすることは、ストレス解消にとても効果があることが科学的にも分かっています。絵を描き、作品について語ることで、自分の傾向や悩みが理解できることもあります。

・今回の講座では・・・

参加者の皆さんにある「テーマ」を伝え、そのテーマをもとに絵を描いて頂きます。どんな絵を描いてもらうのかは、当日まで秘密です。とっておきの、面白い描画テストをご紹介したいと思っています。

そして実際描いて頂いた絵を眺めつつ、臨床心理学的な観点から、その作品の分析のヒントや解釈の方法をお伝えします。描画テストの見方や自己分析が、皆さんの日常生活や人間関係に役立ててもらえると嬉しいです。

絵の上手い下手はまったく関係ありません。芸術に関心のある方も、苦手な方も、安心して参加してくださいね!

絵を描きながら、そして自分の絵について分析しながら、 普段なら感じ取れないような自らのこころの声に耳を傾けてみましょう。 じっくりと絵画療法の世界を楽しんでいただけたらと思っています。

2日間の講座内容

1.ウォーミングアップ
アイスブレイク
講師自己紹介 

2.絵画療法とは?
絵画療法基礎講座
絵画療法は何に役立つのか?
心理療法やこころの病について考えよう
コミュニケーションと絵画療法について

3.絵画療法を体験してみよう
実際に絵を描いてみよう!
描画テストの分析方法を紹介
描いた絵を眺めて、講師と自己分析を深めましょう

4.シェアリング
何が感じ取れたか?
分析を通して気づいたこと・・
自分の対人関係や自分の傾向について考える

こんな人におすすめ

・「絵画療法」「心理療法」や「カウンセリング」に興味がある
・自己理解を深めたい
・心理学の知識を対人コミュニケーションに役立てたい

目標

・絵画療法や描画分析を通して自己理解を深める
・「絵」を介したコミュニケーションを体験する

講師

カウンセラー(臨床心理士/精神保健福祉士) 大川ふみ

講師からヒトコト

この講座では、絵画療法や心理療法の基本的な考え方について紹介していきます。また絵画療法を実際に体験することで、自己理解を深めたり、心理療法の効果について少しでも実感できればと思っています。講座は暖かい雰囲気で気軽に参加できるものですので、ぜひお気軽に参加してくださいね!

講座日程・場所

※日程は下記で確定です。変更前の日程をご覧になられた方にはお詫び申し上げます。
今回は同じワークを2日程行います。下記の日程のうちいずれかをご選択ください。

①8/13(日)
横浜情報文化センター 7階大会議室
16:30~20:00前後
場所はコチラ
↓会場地図↓※公式ホームページより引用



②9/3(日)
モノ・モノ(レンタルスペース)
※予定していた会場から変更になりました
13:15~16:45
場所はコチラ
↓会場地図↓※公式ホームページより引用

定員

・8/13(日) 24名
・9/3(日) 24名

料金

講座に一度でもご参加経験のある方
4,500円

初参加の方
5,500円

*3日前のキャンセルは半額
*2~当日キャンセルは全額代金が発生いたします

参加方法

こちらのお問い合わせフォーム から「8/13(日)(もしくは9/3(日))短期集中講座希望」とご記入の上ご送信ください。
ダイコミュ生徒さんはMIXI上のスレッドでの参加表明でもOKです!

注意点

このセミナーではこころの内面に関する問題を取り扱います。セミナー内で知りえた個人情報は他言しないようにしてください。意見交換は自由に行っていただけると良いと思います。ひとの意見を批判しないように気をつけて参加しましょう。 意見を求められても答えたくない場合や、グループに参加したくない場合はパスすることができます。「パスします」と言ってください。 

無理せずのんびりやりましょう!


描画テストの見方や自己分析が、皆さんの日常生活や人間関係に役立ててもらえると嬉しです。

過去の短期集中講座