コミュニケーション講座は2006年から始まり、延べ3,000人近くの生徒さんが受講されています。講座では3つのコンセプトを大事にしています。

3つのコンセプト

①心理療法を学ぶ

コミュニケーション能力は心の安定がとても大事になります。講座では公認心理師が厳選した心理療法を、体系的に学ぶことができます。人と話すと疲れる、不安が強い、悲観的になりやすい方におすすめです。

 

心理学講座は6か月、12回で、安定した心を育んでいきます。

交流分析 エゴグラム性格分析 ストローク理論 脚本分析
認知療法 10の思考の歪み 思考の引き出しを増やす練習
行動療法 積極性を向上 シェイピング法 フロー心理学
マインドフルネス 不安とうまく付き合う方法 エクササイズ
森田療法 あるがまま生きるとは何か 目的本位ま生き方
描画療法 風景構成法 バーㇺテスト 家-木-人物画テスト
アドラー心理学 劣等感を活力にする 嫌われる覚悟
アンガーマネジメント 怒りを鎮める方法 6秒ルール
ポジティブ心理学 幸福の5つの指標 マズローの5段階仮説
アイデンティティの確立  生き方を見直す ライフチャート法

内容をもっと理解したい!という方向けに講座例をお伝えします。

公的自己意識ってなに?

心に問題を抱えやすい方の傾向の1つに「過剰な公的自己意識」があります。「過剰な公的自己意識」とは

人の目を強く意識する
嫌われてはいけないと思う
評価をさげてはらない


という心理です。公的自己意識が強くなると、あがり症になりやすい、人と接すると不安を感じやすくなります。皆さんはいかがでしょうか。例えば会話をするときに、

相手が喜ぶ話をしないと・・・
つまらないと思われてるかも・・
不細工と思われてはいけない・・
このような感覚が強い方は注意が必要です。

私的自己意識を増やそう

公的自己意識が過剰になっている場合は「私的自己意識」を増やしていくことが大事になります。私的自己意識とは、

自分の気持ちを意識する
自分が楽しいと思うことを話す
周りの意見で判断しない
自分の意志で決める


これらの心理を意味します。例えば、会話をするときは、

好きな〇〇の話をしよう
旅行に行った思い出を話そう
会話では失敗してもOK
恥をかくのはお互い様♪


このように、過剰に相手に気に入られようとするのではなく、自分自身の気持ちも大事にするのです。そうすると緊張や対人不安はずいぶん改善していきます。

もし皆さんが過剰に人の目を気にすると感じていたら、自分の気持ちに意識を向け、私的自己意識をベースに話をしてみましょう。以前よりもリラックスしてお話ができると思いますよ。

今回紹介したのはあくまで一例です。講座ではこれ以外でも様々な考え方の問題を改善していきます。

白黒思考 マイナス化思考 感情的決めつけ 選択的知覚 レッテル貼り べき思考 自己関連付け


何度も練習してくと、考え方の引き出しが増え、人間関係の不安を抱えたり、不必要に落ち込む癖を改善することができます。是非、講師や仲間といっしょに練習していきましょう。

②人間関係の技術を学ぶ

コミュニケーション講座では、心のあり方だけでなく、聞く力、話す力、主張する力、会話の展開力など、現実的なトレーニングもしっかり行います。会話が続かない、何を話せば良いかわからない、人間関係がうまくいかない、そんな方におすすめです。

写真:心理学講座の様子3

人間関係講座は全8か月、全16回で会話の技術や人間関係の心理学を学んでいきます。

傾聴力の向上
言い換えのオウム返し 褒め上手になる練習 質問の作り方を学ぶ タイプ別 傾聴練習

カウンセリング技術
感情の明確化 来談者中心法 共感法 励まし方 リフレーミング練習

話す力の向上
会話が弾む5W発話法 一問一答を改善 感情発話法 温かい会話になるコツ 具体的例提示法 ~ぐらい法 強調表現法 笑顔のワーク印象の良い発音 印象形成の心理学

会話の展開力をつける
四季の話題提供法 時系列話題提供法 マインドマップ話題展開法 弾む会話のコツ

アサーティブコミュニケーション
自分を大切にする権利の獲得 アイメッセージ法 我慢をしない…自己主張練習 DESC法練習

内容をもっと理解したい!という方向けに講座例をお伝えします。

情報型の質問に注意

会話が盛り上がらない人の特徴に、情報へ向かう質問グセがあります

何泊旅行に行ってきたの?
旅行はいくらかかった?
交通手段は?


これらの質問を連発すると、機械的な会話になってしまい、冷たい印象になりがちです。

感情型の質問を増やそう

これに対して、暖かい会話をするには、ちょっとしたコツがあります。それは感情に焦点を当てた質問をしていくということです。具体的には「楽しい、面白い、嬉しい」などプラスの感情が出てくるような言葉を交えながら質問をします。

楽しい旅行先はあった?
どこか行きたい場所はある?
旅行先で面白いことはあった?


このような質問は相手の感情を引き出しやすく、会話が弾みやすくなります。きっと相手の表情は明るくなるでしょう。

 

会話力は練習で身につく

講座では1つ1つの技術を着実に習得するように何度も練習していきます。

最近話しやすくなったね!
明るくなったなあ?何かあった?
なんだか印象がよくなったね!
一緒にいると楽しい


っと言われるように、ゆっくり着実に練習していきましょう。

今回紹介した、技術はほんの1部です。傾聴にはもっとたくさんのコツがあります。会話は人生を通して行われるものです。きっと一生物の財産になると思いますよ(^^)

③コミュニティを築く

コミュニケーション講座は、お茶会、勉強会、お出かけイベントなど、講座以外の交流も盛んです。仲良くなって生徒さん同士で助け合う文化も大事にしています。自分自身で企画するのもヨシ、誰かの企画にのっかるのもヨシ。勉強や遊びを通して成長していきましょう。

講座の様子

講座は以下のような雰囲気で進めています。講師の講義だけでなく、チームを組んでワークをする機会がたくさんあります。

発話ワークの様子のイラスト
人間関係講座の様子1

イベントの様子

生徒さん同士のイベント、全体イベントもたくさん開催しています。ダイレクトなコミュニケーションを大事にしています。

 

受講料金

受講料金は月謝制で、月2回のワークとなります。毎回3時間前後たっぷり練習していきます(^^)はじめてご参加される方は以下の料金から3,000円割引となります。

ダイコミュ,代金

ご継続方法

ご継続される月の1週間前までに、受講料金を下記口座へお振込みください

三菱UFJ銀行  銀座支店
普通預金 4850028
口座名義  カ)ダイレクトコミュニケーション

*お振込の際はお振込者様のお名前を必ずご記入下さい
例)スズキタロウ ヤマダハナコ など
お振込み確認後、自動継続となり優先的にお席が確保されます。再度仮予約フォームをいただく必要はありません。

残高がわからない場合

お振込みのタイミングや出席,支払い状況が不明な場合は、ダイコミュからお伝えしているメールアドレスにご一報ください。残り残高をお伝えします。

月1回継続プラン

13か月以上ご参加経験がある方は、月1回での継続プランもございます。注意点として月1プランは、半年更新でお休みは不可となります。月1回、ご参加できるかご確認の上でお振込みください。代金は以下となります。

4,800円×6か月 (税込 31,680円)

おやすみする場合

おやすみについては月単位で可能です。ご希望の生徒さんはこちらからご一報ください。月謝を繰り越すことができます。*月に1度でもご参加された場合は月謝が発生するのでご注意ください。

おやすみ希望

退会する場合

退会をご希望される場合は、返金先の銀行口座を記載の上、ダイコミュからお伝えしているメールアドレスにご一報ください。未受講分を速やかに返金させて頂きます。

写真:講座の様子

 

スケジュール

直近のスケジュールは以下の通りです。現在は心理学の講座を開催中で、初参加しやすい時期です。通学の方は40名前後、WEBの方は20名前後で満席となります。

/4(土) 心理学 認知療法

考え方の引き出しを増やす7つの方法 ネーミング法 講師 公認心理師 川島


通学の方→アクセス情報
WEBの方→ZOOM入室情報
準備13時 開始13時20分~16時20分 

6/18(土) 心理学 認知療法

認知療法の基礎  思考の偏りを見つける 白黒思考 心の読みすぎ癖 講師 公認心理師 川島


通学の方→アクセス情報
WEBの方→ZOOM入室情報
準備13時 開始13時20分~16時20分 

全体スケジュール

心理学講座を6か月、人間関係講座が8カ月、合計14カ月で一巡します。全体のスケジュールを確認したい方は下記の折りたたみを参照ください。

2022~2023年

心理学
6月4日 18日
認知療法 思考の10の偏り

7月2日 16日
行動療法 マインドフルネス

8月
森田療法 描画療法

9月
アドラー 怒りの管理法

10月
ポジティブ心理
アイデンティティ確立

人間関係
11月
傾聴 オウム返し 肯定練習

12月
傾聴 自己開示 人間性肯定

1月
傾聴 質問の作り方 実践練習

2月
カウ技術 感情の明確化 共感法

3月
話す力 5W発話法 感情発話法

4月
話す力 温かい会話練習 笑顔

5月
会話の展開 話題提供法

6月
アサーティブコミュニケーション

心理学
7月
交流分析 性格分析 認知療法

*ボタンの意味
満席の場合に表示
残り3席前後となります

 

受講場所

通学の方

御茶ノ水で開催中です。駅から徒歩5分程度の落ち着いた環境でワークを実施しています。お茶の水スクール・オブ・ビジネス
地図はこちら

WEB受講の方

講座はWEBでも中継しています。ZOOMを使ってワークにご参加できます。地方の方やご自宅で受講したい方も気軽に御参加ください。ご参加にあたってはPDFをダウンロードできる環境が必要になりますのでご了承ください。

通信講座

継続したご受講が難しい方は、通信講座もあります。自学自習で進めたい方はこちらを参照ください。
通信講座

学生の方

20歳以下の方については、学生向けの講座もございます。中学生から大学3年生までの方はご参照ください。
学生講座

写真:心理学講座の様子2

 

ご予約方法

ご参加については、こちらの仮予約ボタンからご応募ください。講座代金をお振込み後、ご参加いただけます。

仮予約

 

講師陣

講師は国家資格保持者か心理系大学院の卒業生です。

  • 写真:川島達史(精神保健福祉士)
  • 写真:道又優里(臨床心理士)
  • 写真:亀井幹子(公認心理師)
  • 写真:野間貴大(公認心理師)

生徒さんの声

 

発起人川島の想い

現代社会は、IT化がますます促進され、人と人が顔を合わせて会話をする機会が減ってきています。コミュニケーション力の低下は、様々な問題を引き起こします。

仕事が憂鬱、人間関係をリセットする、恋愛がうまくいかない、虐待をしてしまう、これらの根底には、コミュニケーションの問題が絶えず関連します。

このような問題を改善するため、ダイコミュのコミュニケーション講座は、2006年からはじまり、17年続いてきました。代表講師の川島は心理学の大学院で研究を重ね、体系的にコミュニケーションを学習できる講座を開催することとなりました。

皆さんが講座を通して、温かい心で楽しく人間関係を築くことができるようになることを心から願っています。

代表講師 公認心理師 川島達史

 

継続の文化について

弊社のコミュニケーション講座は「ジムのように継続できる文化について」をコンセプトにしています。現在、コミュニケーション系の講座は、短期間で高額の料金を取り、その後は知らんぷり・・。 という講座が非常に多い状態です。


しかし、現実的にコミュニケーション能力は継続しないとスキルとして定着しません。そこで弊社ではなるべくお手軽な料金で、安心してジムのように通えるコミュニケーション講座を目指しています。

例えば、10年近く人と接していない生徒さんがいました。人と接するのがかなり苦手な状況です。その方は急がず下記のように通われています。

1年目
いきなりできなくてOK♪ 人と接することに慣れる、インプットを中心にする
2年目
練習を続ける
日常でも少しずつスキルを使う
講座でともだちをつくる
3年目
自然にできるようにする
リーダーシップを取ってみる
4年目
力が落ちないようにメンテナンスする

あくまで一例ですがこんな形でマイペースで通って頂けると幸いです。長期的に通うジムのようなイメージでご参加ください。もちろん1巡だけの生徒さんも大歓迎です(^^)

 

EATの向上ご協力のお願い

最後に、ダイコミュを長期的にご継続して下さっている方へのお願いがあります。

講座代金を安く抑える

ダイコミュは社会のコミュニケーションの健康度を向上させ、職場うつ、家庭不和、虐待の防止、恋愛弱者、精神疾患、自殺、などの問題を予防、改善することを目的として活動しています。

そのためには、金銭的に問題を抱える方でも、多額の講座代金にならないように、できるだけ広告宣伝費をおさえ、安価に通えるようにする必要があります。

この点、これまでは講師の川島が、YOUTUBEで発信をしたり、コラムを書くことで、広告宣伝費をおさえることに成功してきました。

ダイコミュが抱える問題

一方で、2020年ごろから、ダイコミュの検索順位が全体的に下がってきています。その原因としては、検索エンジンのグーグルが、EATを重視していることに起因しています。EATとは

Expertise    (専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness (信頼性)

の頭文字を取ったもので、これらが獲得された団体は、検索エンジンで優先度が高くなることがわかっています。近年の傾向として、上場企業など資本が大きな会社が優遇される傾向があり、ダイコミュのように、ビジネスライクではなく、福祉に近い会社は不利な状況になっています。

EATを向上させる方法

しかし!小さな会社でも、EATを向上させることは可能です。もしダイコミュの活動に共感して頂ける方がいて、応援したい!と感じて下さったら、以下の活動の中から、無理せずできる範囲でご協力を頂けると幸いです。

*リンクを貼る
EATはリンクが多い会社ほど高くなっていきます。ブログ、ホームページ、Twitterをしている方からリンクを頂けるとすごく助かります。具体的には、

当講座ページ
ダイコミュ知恵袋
心理療法サイト

のコンテンツを利用して頂き、気に入ったページをリンクしたりツイートして頂けると助かります。

*口コミを書く
グーグルで登録されている会社登録にレビューがあると、信頼性が増していきます。ただしステルスマーケティングは禁止されています。無理に高評価を書く必要はありません。率直な評価を頂けると幸いです。口コミはこちらから書くことができます。

*フォローする
EATは社会への影響力が参考とされます。
ダイコミュ公式Twitter
ダイコミュ公式YOUTUBE
ダイコミュ公式line

上記の中からできる範囲でフォローや登録をして頂けると効果が発揮されます。

皆様の1人1人のご協力を大きな力に変えて、講師一同、社会のコミュニケーションの問題を全力で解決していきます。是非よろしくお願いします。最後までご一読頂き本当にありがとうございます。