ホーム >

会社概要

都内でコミュニケーションを学ぶ 人間関係が楽しくなる♪


会社概要

商号 株式会社ダイレクトコミュニケーション
代表取締役 川島達史
資本金 200万円
設立 2006年5月23日
所在地 〒189-0026
東京都東村山市多摩湖町4丁目27番地
事業内容 1.コミュニケーション講座の運営
2.コミュニケーションに関する企業研修
3.心理カウンセリング
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
TEL・FAX 042-201-0101(平日11~15時)
Email

各種セミナー

  • コンプレックスと向き合う
  • あがりの改善
  • プレゼン力をつける
  • 論理力の向上、考える力とは何か
  • ファシリテーション研修
  • スムーズな人間関係を構築する

企業研修

  • 効率の良い会議を実現する
  • 社会人としての新人研修
  • コーチング研修
  • 企業内の人間関係を円滑にする

コミュニケーションに関する専門分野

  • 心理カウンセリング
  • コーチング
  • ファシリテーション
  • ディベート
  • ロジカルコミュニケーション
  • 話し方、聞き方
  • 人間関係の心理学
  • 効率的な会議
  • 組織における人間心理
  • 論理力、思考力とは何か
  • 笑いの効用、組織における笑い

株式会社ダイレクトコミュニケーション企業理念

ダイレクトコミュニケーションに特化した会社であること

「ダイレクトコミュニケーション」とは対人コミュニケーションであれソーシャルスキルであれ、
直接的に人間が顔を合わせて行うコミュニケーション活動の総称であり、
かつ弊社が作成した造語であり、企業名である。

 弊社はダイレクトコミュニケーション以外への多角化は一切行わない。
定款の事業目的もコミュニケーションに関わるもの意外は記載しない。
例え目の前に、別事業で明らかに利益に繋がるような案件があったとしても、
ダイレクトコミュニケーション以外の分野は事業を行ってはならない。

 逆にダイレクトコミュニケーションに関わる分野であれば、
研究開発費や施設への投資は惜しまない。
講師は絶えず専門性を高める努力を怠らず、
ダイレクトコミュニケーションの先頭を行く会社であるように全力を尽くす。

 売上の上がり下がり、営業利益の上がり下がりに
一喜一憂せず、腰を据えて、ダイレクトコミュニケーションに
投資を行っていく。時に赤字の年があってもよく、
経営者は長い目で会社のあり方を模索していく。
苦しいときほど、原点に立ち返り、軸をブラスことなく、会社の資源を拡散させない。

暖かい人間関係を創る

共感し合い、助け合い、特に腹を割って話せるような社会を創っていくために活動を行う。
競争意識のある社会であることは大事だが、最後は助け合えるような社会を創る。
 積極的に人が人と関わりあう場を作り、また人と人が関わりあうようなサービスを提供していく。
ダイレクトコミュニケーションを訪れた人が、誰かと出会い、
そこで情動的な何かを手にするような仕組みづくりに邁進する。

 弊社の教育理念は「やさしい強者」である。
強者をより強くするような会社ではなく、
真に強い人は自分が得た対価を弱者に還元できる強さを持った者であり、
そのような心を持つ人を育てるような対人コミュニケーションのあり方を追求する。
競争はお互いの技術や知識の向上に資するものであって、

ゼロサムではなく、WINWINであるような生産的な競争でなければならない。
2人で5と5をもっていた資源を6と7に高めるような競争は是である。
2人で5と5をもっていた資源を4と7にする競争は資本主義社会では
容認されるが、4に減ったものに対する愛がなければならない。
2人で5と5を持っていた資源を0と10に奪い合うような競争は無意味であるし不毛である。

 講座や教材のあり方は、
そのような人間観を元に作成する。

楽しい職場を全員で目指すこと

職場はその場にいる人間が幸せになるために欠かす
ことのできない重要な場所である。その場所が楽しくなければ、
人生は楽しいものにならない。経営者は社員を楽しくすることを努力し、
社員も自分たち自身で楽しい職場を作っていく。
お給料の面でも、職場の雰囲気の面でも、
仕事の充実どの面でも、総合的に「楽しい」
雰囲気がつくれるような会社を創る。
笑いが無いことはありえず、ジョークを大事にすること。
もし会社の雰囲気が悪くなったら、
全員でその原因を追究し、改善策を話し合い実行していく。

他者の痛みの上に成立するような会社にしないこと

経営者や社員は能力に見合った対価は受け取るが、資本主義的なシステムによる、
不労収益やなどの「システムがもたらす利益」を受け取ってはならない。
仮にシステムとしての利益が会社に残った場合はお客様に還元するか
ダイレクトコミュニケーションに関する分野の研究開発に投資し、社会へ貢献する。

取引先も大事にする。買い叩かない。資金が乏しいときは、
成果報酬型でプロジェクトを共有し、対価を分け合う。利益を独占せず取引先にも還元する。

コンテンツを消費してくれる人には
心理テクニックを駆使して、高額の商品を提供するような
営業システムは構築しない。
倫理を大事にし、返金要求があったときはすぐに返金し、
できることとできないことを明確にする。

弊社も必要以上に、買い叩かれたり、
過剰な要求を受けた場合は適切に主張する。
お客様とは、上下の関係ではなく、対等であること。
接客をしっかりすることは、もちろん重要だが
奴隷になることではない。お客様は神様ではなく、
大事にすべき「一人の人」であり、働く人もまた「人」である。
お互いがお互いを尊重し、お客様も、会社もお互いが
率直に言い合える関係を築く。



人間関係を楽しもう♪ コミュニケーション能力をつけて人間関係が楽しくなる♪