ホーム > コミュニケーション講座 > 関東短期集中講座 >

心理カウンセリングの基礎スキルを学ぶ、東京で講座を開催

心理,カウンセリング,東京,講座

関東短期集中講座

2010年6月30日 カウンセリングスキル基礎講座

悩みの相談に乗るスキルを磨く講座です。カウンセリング体験を通して、
他者の悩みを共有する技術を身につけることができます♪

人は誰でも悩みを抱えています

 人は誰でも悩みを抱えています。
悩んでいないように見えても、何らかの不安や葛藤を抱えて生活をしています。周りにいる大切な人も、自分が気づかないだけで悩みを抱えているかもしれません。

もし、大切な誰かが大きなストレスを抱えているのだとしたら。
仕事や恋愛、人間関係に悩んでいるのだとしたら、あなたが話をじっくり聞くことで、その人の心を少しでも軽くすることが出来るかもしれません。人の悩みには、何よりも「話を聴く」というあなた自身の姿勢が重要なのです。

 友人関係や恋愛関係はもちろん、会社であっても、きちんと部下や同僚の悩みを聴くことで、今まで以上の信頼関係を得ることができます。そうした信頼関係は、最終的には組織そのものの生産性を上げることにつながると言えるでしょう。
 
 しかしながら、「悩みの聞き方」について学べる所は少ないのが現状です。
 みなさん、人生経験を通して、それぞれ直感的に悩みの相談に乗っているのが現状だといえます。

 そこで今回は実際に心療内科でカウンセリングを行っている講師が中心となり、基礎的なカウンセリング技術を学ぶ集中講義を行うことにしました。

 講座では、カウンセリングの基本的な知識や、カウンセリングの基本的な態度を学んでいきます。傾聴スキルの習得をメインに、ワークショップ形式でカウンセリング体験をしていきます。
誰かから悩みの相談を受けたときには、どのような態度で聞けばいいのか?
実際に生徒さん同士でカウンセリング体験を行いながら、自分のスキルの向上を目指し学んでいきます。

 人生において、悩みの相談を受ける機会はたくさんあると思います。
そんな時に、この講座で習ったことが1つの指針になって、皆さんの大事な誰かの悩みを共有することができれば、講師としてとても嬉しいです。

 一生役に立つ講座になると思います。是非この機会に参加してみてはいかがでしょうか?

【目次】

 1.ウォーミングアップ

 2.カウンセリングとは何か?
   来談者中心法、精神分析療法、認知行動療法について

 3.カウンセリングの基礎技術を学ぼう
   傾聴の基本スキルの習得
    うなづき、繰り返し、明確化など

 4.ロールプレイ
  「悩みの相談場面」を想定し、カウンセリング技術を体験する。

 5.シェアリング
   自分の相談は適切だったか? 「悩みの相談場面」や設定について生徒同士で話し合い、体験を共有する。言語的な介入や、非言語的対応の改善を行う。(表情、声の抑揚)
 
 6.カウンセリング体験
   二人一組になって実際に自分の「小さな悩み」について相談し、「話を聴く」「話を聴いてもらう」ダイレクトな体験と行う。


【こんな方にオススメ】

  • ・基礎的なカウンセリング技術を学びたい
  • ・自分または友人関係や恋愛関係の悩みを聴いてその人の心を少しでも軽くしたい
  • ・「悩みの聞き方」を学ぶことで、会社で部下や同僚の悩みを聴けるようになり信頼関係を築きたい

 

【目標】

  • カウンセリングの基本的な知識や、カウンセリングの基本的な態度を学ぶ
  • 傾聴スキルの習得

【講師】

カウンセラー(臨床心理士/精神保健福祉士) 大川ふみ

心理カウンセリングスキル講座は無事終了しました

講座は20名の方が参加され、無事終了致しました!!

・心理学講座
・人間関係講座
・社会人基礎講座

は常時開講中です。コミュニケーション能力の向上に役立てて頂けると幸いです。
講座の内容はこちらです

 

注意点

 このセミナーではこころの内面に関する問題を取り扱います。
セミナー内で知りえた個人情報は他言しないようにしてください。

意見交換は自由に行っていただけると良いと思います。
ひとの意見を批判しないように気をつけて参加しましょう。
意見を求められても答えたくない場合や、グループに参加したくない場合は、
パスすることができます。「パスします」と言ってください。 

無理せずのんびりやりましょう!


心理カウンセリングの基礎スキルを学びたい方、東京で講座を開催!