ビジネスコミュニケーション系の講座ですが、とてもほんわかしたクラスです。初学者でも仕事の悩みが相談がしやすい雰囲気があります(^^)人前に立つのが苦手な方も気軽にご参加ください♪

初参加の方へ

初参加の方は4月10日がおすすめです。あがり症の改善,少人数から人前で話す練習をしていきます。ファシリテーションに興味がある方は3月のご参加も是非お待ちしています。皆様のご来場をぜひお待ちしています。

ウイルス対策について

窓を開放しながらのワークとなります
通常時の50%程度の人数で開催中です
暖かい恰好でご来場ください

3/13(土)入門 交渉スキルアップ
交渉の基礎 お互い笑顔!WINWIN交渉 利益を最大化!ゼロサム交渉 交渉ワーク
会場:お茶の水スクール・オブ・ビジネス 301 地図はこちら 
準備開始 13:00
講座開始 13:20~16:20
担当講師 川島

詳しい講座内容

*ビジネスの世界は、様々な場面で交渉するシーンがあります。「価格交渉」「納期交渉」「賃金交渉」「営業場面」このとき交渉スキルには、両者が勝つWINWI交渉、どちらかが敗北するゼロサム交渉の2つが考えられます。交渉練習ではこの2つのスキルを学習し、柔軟に交渉できるように練習をしていきます。

3/27(土)入門 交渉スキルアップ
交渉の基礎 お互い笑顔!WINWIN交渉 利益を最大化!ゼロサム交渉 交渉ワーク
会場:お茶の水スクール・オブ・ビジネス 601 地図はこちら 
準備開始 13:00
講座開始 13:20~16:20
担当講師 川島

詳しい講座内容

ビジネスの世界は、様々な場面で交渉するシーンがあります。「価格交渉」「納期交渉」「賃金交渉」「営業場面」このとき交渉スキルには、両者が勝つWINWI交渉、どちらかが敗北するゼロサム交渉の2つが考えられます。交渉練習ではこの2つのスキルを学習し、柔軟に交渉できるように練習をしていきます。

4/10(土)あがり症改善 スピーチ練習
小人数で人前に立ってみよう あがり症の改善 スピーチの基礎
会場:お茶の水スクール・オブ・ビジネス 602 地図はこちら 
準備開始 13:00
講座開始 13:20~16:20
担当講師 川島

詳しい講座内容

*あがり症はコミュ力のお悩みの中でも特に多いです。2か月かけて、あがり症とうまく付き合う方法をお伝えします。まずはあがり症の基礎から学び、少人数のスピーチから慣れていきます。まずは1対1のスピーチからはじめていきます。たくさん場慣れして、緊張場面に慣れていきましょう。

予習コラム

あがり症の原理・克服法
あがり症の原理について解説しました。予習をおススメします。

4/24(土)あがり症改善 スピーチ練習
あがりの改善 リラックス法の学習 スピーチの基礎 認知療法の学習 系統的脱感作法
会場:お茶の水スクール・オブ・ビジネス 602 地図はこちら 
準備開始 13:00
講座開始 13:20~16:20
担当講師 川島

詳しい講座内容

あがり症は「思考のゆがみ」から悪化することがあります。例えば、「失敗してはいけない」と強く考えると、余計に症状が強くなってしまいます。そこで心理学の認知療法を学び、リラックスしやすい心のありかたを学びます。実践として少人数の前でスピーチをする練習を繰り返し行います。

予習コラム

失敗への恐怖と上手く付き合う
失敗が怖いという感覚が強い方はこちらのコラムを予習しておきましょう。

5/2(日) あがり症改善 スピーチ練習
あがりの改善 スピーチの基礎 森田療法と目的本位とは?

会場:お茶の水スクール・オブ・ビジネス 601 地図はこちら 
準備開始 13:00
講座開始 13:20~16:20
担当講師 川島

詳しい講座内容

5~10人の前でスピーチ練習を行います。日本のあがり症研究は、世界的にみてもかなり古い時代から行われてきました。特に森田療法は、日本人にしっくりくる心のあり方を学ぶことができます。あがり症や緊張で悩む方にお勧めの回です。

予習用youtube

肯定の良い回しを学ぼう
肯定返し法の語彙力UP動画です。予習しておきましょう。

予習コラム

森田療法の基本
森田療法の基礎についてこちらのコラムを参照ください。

5/16(日) あがり症改善 スピーチ練習
大人数の前でスピーチ 習うより慣れろ!緊張してもOK チャレンジしてみよう

会場:お茶の水スクール・オブ・ビジネス 601 地図はこちら 
準備開始 13:00
講座開始 13:20~16:20
担当講師 川島

詳しい講座内容

あがり症の改善のためには、実際に成功体験をつけて自信をつけていくことが必要です。今回は全体スピーチにチャレンジをしていきます。失敗するのは当たり前♪チャレンジすること自体を自信にしていきましょう。

予習用youtube

傾聴と自己開示の使い分け
傾聴と自己開示のタイミングの基礎を予習しておきましょう。

予習コラム

スピーチの事前準備を!
スピーチの基礎をおさらいしておきましょう

アイコンの説明

  • 継続中の方のみご参加可能です
  • 残り1~3席となっています
  • 初参加しやすい日程です
  • 講座後1時間程度の宿題会
  • 飲み会や食事会
    勉強会や飲み会の参加は自由です♪

準備について

安価な料金を達成するために、生徒さんと一緒に準備を行うことを原則としています。

お時間がある方は20分前に講座にいらっしゃって頂けるととっても助かります(^^)

準備時間に交流が進んだり、緊張が解けたりしますよ!もちろん時間がない方はゆっくりいらっしゃってくださいね。

チームミーティングについて

コミュニケーション講座では、講座の効果を確実なものにするために1時間程度のチームミーティング宿題が出ることがあります。

チーム宿題とは4,5人のチームを作って行う宿題です。会話の練習などを講座後に行って行きます。なるべくスケジュールを空けておいてください♪

但し、お仕事の都合や通い方にはそれぞれスタンスがあると思うのでそのまま帰るのもOKです!

参加前に「コミュニケーション能力診断」

コミュニケーション能力診断イメージ

コミュニケーション講座の効果を把握するために、
ご参加前に「コミュニケーション能力診断」
の現在の値を把握されることをおススメします。

①まずはこちらでお試し診断を行います
https://commutest.com/guest/com/

②記録をとって講座の成果を把握したい場合は
https://commutest.com/user/signin.php
こちらでアカウント登録ができます

イベント・練習会に参加してみよう

コミュニケーション講座では、講義を受けるだけでなく、誰かが、練習会、飲み会、悩みの相談会、山登りなどを企画することを大事にしています。

こういった生の人間関係を築くことはちょっと勇気が必要なのかもしれません。でも失敗するのはあたりまえです♪

お互い失敗しながら、ゆっくり一緒に成長していきましょう。

mixiへの登録について

コミュニケーション講座の効果を向上させるには、生徒さん同士で助けあうことがとても大事です。
そこで宿題を効率よく行ったり、ワーク外での繋がりを作るために、mixiの登録をおススメしています。
生徒さんの7割が入って楽しくやり取りしています。

講座へご参加される前にMIXIに入ることをおススメします^^

mixiの利用の仕方についてはこちら

途中参加について

コミュニケーション講座は、途中参加がしやすいようにカリキュラムを組んでおります。各教室原則として1年間で一巡致しますので、まずは気軽にご参加ください^^

月の後半から途中参加の場合は半月分となります。

定員

*定員25名前後、受講は仮予約の先着順となります
*満席の場合、欠員が出てからの受講になります

お休みされる場合

振替をご希望の方はこちらの全体スケジュールを参照の上、おやすみページからご希望日をご連絡ください。受講できない日も他の教室で振替が可能です

満席時でも継続は最優先

教室が満席の場合でも原則として、継続されている方のお席は確保されています。満席でも教室の変更がない場合はお振込みを頂き、そのままご継続頂けると幸いです。

御茶ノ水教室の場所

お茶の水 スクールオブビジネス〒101-0052
東京都千代田区神田小川町 3-28-10JR御茶ノ水駅(聖橋口)徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・淡路町駅、東京メトロ千代田線・新御茶ノ水駅、都営地下鉄新宿線・小川町駅(B5出口)徒歩3分 東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄三田線・神保町駅(A5出口)徒歩9分電話番号 03-3291-3831 [代表]地図はこちら>>
東京国際フォーラム東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
地図はこちらJR線
有楽町駅より徒歩1分
東京駅より徒歩5分
(京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)地下鉄
有楽町線 : 有楽町駅とB1F地下コンコースにて連絡
日比谷線 : 御茶ノ水駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
千代田線 : 二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
丸ノ内線 : 御茶ノ水駅より徒歩5分
御茶ノ水線 : 御茶ノ水駅より徒歩7分/京橋駅より徒歩7分
三田線 : 日比谷駅より徒歩5分

服装について

私服でいらっしゃってください♪
清潔感は大切にしましょう

持ち物

・黒と赤のボールペン
・A4の紙が入るファイル
・過去のプリント類
・下敷き

服装について

私服でいらっしゃってください♪
但し、清潔感は大切にしましょう

長期間のご継続について

・スキルの効果を維持したい
・継続的にコミュニケーションをする場所を確保したい
・生徒さん同士切磋琢磨する環境を確保したい
・まだまだ強化したい部分がある という方のご継続を応援しています