>
>
>
無表情な人の心理状態,表情恐怖,病気

無表情な人の心理状態,表情恐怖,病気

はじめまして!公認心理師,精神保健福祉士の川島達史です。

今回のテーマは
「無表情」
についてです。

はじめに

・いつも表情が変わらない
・何を考えているかわからない
・笑ったところをみたことがない
・冷静沈着すぎる

私たちの周りには稀にいつも無表情な方がいます。もっと笑えばいいのに…と思うかもしれないのですが実は無表情な方にはそうなってしまう様々な原因があるのです。

そこでとコラムでは病気まで含めて、考えられる代表的な原因をお伝えし、それぞれの対策も合わせて解説していきます。

こちらのコラムを網羅すると、無表情になってしまう基本的な原因と対策を抑えることができると思います。良かったら最後までご一読ください。

無表情と言われる悩み

無表情の危険性

無表情とは何か?

人間の表情筋は全部で約60種類あり、それらを動かして複雑な表情つくっています。人間の基本感情は、「喜び」「悲しみ」「怒り」「驚き」「恐れ」「嫌悪」の6種類であることがわかっています。

つまり、表情筋を使わずにこれらの感情表現をさけている状態を「無表情」と言えるでしょう。 

無表情は問題が起こりやすい

現場感覚となりますが、無表情な方は心理的問題を抱えていることがかなり多いと言えます。なぜなら人間は感情を表現することで様々な形でストレスを発散しているからです。

以下無表情による起こる様々な問題を折りたたんで掲載しました。気になるタイトルをクリックしてみてください。

梅野(2015)は大学生230名に対して、非言語コミュニケーションと好感の関係について調査を行いました。その結果、好感に効果がある要素は「笑顔」であることが分かりました。

以下のグラフは好感度の影響力を示しています。上に行くほど好感度への影響が高く、下に行くほど好感度に影響しません。「笑顔」が、好感に最も影響することが読み取れます。

この結果から、無表情な人は印象があまり良くないといえるかもしれません。この点では、印象が悪くなることによって周りから避けられたり、自分から人を避けてしまい交流が減ってしまうことが考えらえます。

井奈波(2015)は女性看護師260名を対象に、職業性ストレスと笑いの関係について調査を行いました。

この調査ではストレス要因について得点化し、ほぼ毎日笑う人とほぼ笑わない人(月3回以下の笑い)で比較しています。以下の図は「抑うつ感」の結果です。

無表情と抑うつ感

毎日笑う人と比較して、ほぼ笑わない人は抑うつ感が5割ほど高いことが分かります。この結果から、無表情な人は、落ち込みやく元気が出ない可能性が高くなるといえるかもしれません。

先ほどの井奈波(2015)の研究では、ストレスの緩和要因についても調査しています。

その中で、周囲からのサポートに関しては、ほぼ笑わない人と比較してよく笑う人の方が周囲からサポートを受けやすいことが分かりました。

以下の図をご覧ください。数字が大きいほど、周囲のサポートでストレスの緩和が図れていることになります。毎日笑う人の方が、色々な人からサポートを受けていることが分かりますね。

職業ストレスと笑いの関係このように、笑っている人の方が助けられやすいという結果になっています。無表情の人は上司や同僚などのソーシャルサポートを受けにくいといえそうですね。

西田、大西(2001)は、クリニック主催のお笑い健康講座の参加者27名に、笑いが免疫機能にどのような効果を及ぼすかの調査を行いました。

NK細胞活性は、初期免疫能の指標の一つで、簡単に言うとがん細胞の攻撃に役立つ細胞と捉えてるといいでしょう。その結果、笑いによってNK細胞活性値が上昇したことが分かりました。

以下のグラフは、笑いを実感した群と実感していない群を比較しています。笑いを実感していない群と比較して、笑いを実感している群は、NK細胞活性値が2倍ほど高くなっています。無表情と笑いNK細胞活性の変化について

つまり、笑いによってNK細胞が上昇し、質の高い笑いを経験するほどNK細胞の上昇も高くなるということです。この結果から、無表情の人の方がストレスを感じやすいため、健康面もマイナスに働くといえそうです。

笑いの効果とデメリット

 

無表情の6つの原因と対策

精神的な問題の可能性

表情は人間らしさの源です。もしその源が全くないとすると、それは何らかの問題を抱えている可能性が非常に高いと言えます。

カウンセリング場面などでは、表情が豊かな方は、比較的カウンセリングがしやすいのですが、無表情な場合は問題が深刻なケースが多く、長期化する傾向にあると感じています。

考慮すべき可能性

私はカウンセリング場面において、無表情な方とお話するとき、以下の6つの問題をチェックしています。

1.対人関係のマイナス経験
2.醜形恐怖
3.自閉症スペクトラム
4.うつ病
5.統合失調症
6.認知症

実は同じ無表情でも様々な原因があるのです。特徴と対策を合わせて解説しました。全体を概観し、当てはまりそうな箇所は詳しく読んでみてください。

対人関係のマイナス経験

1つ目の可能性は対人関係のマイナス経験です。無表情な人は対人関係に悪い記憶がある方が非常に多いです。人間関係でマイナスの経験が重なり、人を信用できなくなり、素直な感情表現ができなくなっているのです。

基本的信頼感の欠如の影響

松永ら(2008)は「基本的信頼感」について研究を行いました。基本的信頼感とは、

・無条件に認められている
・私は信頼されている
・基本的にうまく行く

という感覚を意味します。下記の図は基本的信頼感と「本音」「気遣い」「うわべ」との関連を示したものです。

基本的信頼感と友人関係に関する研究

少し難しい図ですが、基本的信頼感が高いほど、本音で話す傾向があることを示しています。ここからは推論となりますが、相手を信頼して、自分を素直にさらけ出しても大丈夫という安心感があり、表情が豊かになるのです。

逆に相手を信頼していないと、自分を素直に出すとろくなことがないと考え、無表情になってしまうのです。

こんな人が当てはまる

人間関係のマイナス経験が蓄積している人は以下の特徴があります。
・親しくなると碌なことがないと考える
・過去にいじめ、虐待、裏切りなどの経験がある 
・暖かい情緒的な交流が人生で少なかった

対策

もし皆さんがこのような方とお話をされるときは、リズムよくコミュニケーションをしていくことです。お相手はあなたが信頼に足る人物であることがわかると徐々に心を開いて、表情が出てくるようになります。

粘り強く暖かく接するようにしましょう。具体的な手法としては以下のコラムを参照ください。

相手の心をほぐすストロークコラム

醜形恐怖

醜形恐怖とは

醜形恐怖とは、自分の美醜にこだわり、少しでも均衡が崩れることを恐れる症状です。醜形恐怖の特徴として表情が崩れると、不細工だと思われるという思い込みがあることです。

実は感情は豊かなのですが、美しく見られたい かっこよくみられたいために無表情でいるのです。

こんな人が当てはまる

醜形恐怖は以下の特徴があります。
・清潔感はある人が多い
・身だしなみに気を使っている
・注目されたくないので目を見て話すことを避ける
・緊張している感じがする

対策

あなたにできる対策としては、まずは相手の心理を理解すること、そして言葉にせずとも応援してあげることです。醜形恐怖は大概の場合年齢と共に治っていくことが多く、信頼できる人ができると治ることが多いのです。

関連コラムとして以下のコラムを参照ください。

社交不安障害コラム
視線恐怖症コラム
人の目を気にするコラム

自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラムとは

自閉症スペクトラムとは、様々な状況でコミュニケーション反応に支障が出る精神疾患になります。具体的には、他人と関心を共有することができず、社会性の低下が顕著で友だちができにくいなどが挙げられます。

感情を共有することが苦手なため無表情になりやすい状態の1つです。

こんな人が当てはまる

自閉症スペクトラムは以下の特徴があります。

・表情が少ない
・視線が合わない
・会話のピントがややずれている
・泣いたり笑ったりが小さな頃から控えめ

対策

自閉症スペクトラムの方は無表情でもけっして怒っているわけではありません。先天的な脳の性質により、感情表現がやや苦手なのです。相手の個性を見守ってあげるようにしてみましょう。

親しい人が自閉症スペクトラムの疑いがある場合は以下のコラムを参照ください。

空気読めないコラム
発達障害者支援センター

うつ病

うつ病とは

うつ病は、気分が落ち込み憂うつになる、やる気が出ないといった病気です。そのほか、すぐに疲れる、体がだるいなどの身体的な症状が現れることがあります。

感情表現が薄くなり、全体的に元気がない印象になります。

こんな人が当てはまる

うつ病には以下の特徴があります。

・表情が乏しい
・ずっと横になっていたい
・何をするにもやる気が起きない
・食欲が少ない

対策

親しい人がうつ病の可能性がある場合は、精神科の受診を進めるなど支援ができるように障害の理解をしておきましょう。またうつ病の治療には以下のコラムが有効です。参考にしてみてください。

うつ病と双極性障害の理解
ソーシャルサポートで助ける

統合失調症

統合失調症とは

統合失調症とは考えや気持ちがまとまらなくなる状態が続く精神疾患です。主に幻覚や妄想という症状が現れることがあります。

症状によって、人との交流が難しくなるなど日常生活に支障が出ることもあります。感情表現が少なくなり、表情も乏しくなります。

こんな人が当てはまる

統合失調症には以下の特徴があります。

・不安になりやすい
・被害的な幻聴・妄想
・眠れない
・感情表現の減少

対策

精神科の受診を進めるなどサポートができるように統合失調症について理解を深めておきましょう。症状が重たい場合には、早めに医療機関を受診するようにしてください。

認知症

認知症とは

認知症とは、正常に発達した種々の精神機能が減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めなくなる状態をいいます。普段は無表情でいることが多く、急に怒り出すなど感情の波が極端になりやすい状態です。

こんな人が当てはまる

認知症には以下の特徴があります。

・覚えていた人の名前がわからない
・直前の行動を忘れてしまう
・料理の手順がわからない
・感情のコントロールができない

対策

積極的に会話をするようにしましょう。会話をすることで、脳が活発になり症状の進行が抑えられるケースがあります。ただし、医師の指示に従って適切に接するようにしましょう。

認知症‐アルツハイマー,脳血管性

無表情も時には必要

まとめとお知らせ

まとめ

無表情な人はメンタルへルスや人間関係の問題を抱えやすく、さらに対人場面を避けるという負のループに陥ってしまうことも少なくありません。

急に笑顔を大切にすることは難しいと思いますが、自分の感情が動いたタイミングで少し表情を動かすだけでも改善に一歩近づきます。ぜひ、普段生活で表情を動かすことを意識してみてくださいね。

お知らせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でコミュニケーションについて理解を深めたい場合は、私たちが開催している講座をオススメしています。講座では

・心理療法の基礎学習
・人間関係のトレーニング
・傾聴力,共感力トレーニング

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています♪

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・ファンデンボス,G.R.(2013)APA 心理学大辞典 p3
・松永(2008)現代青年の 友人関係 に 関する研究 Kurume University Psychological Researeh 2eO8,No .7,77−86
・牧野真由子 2016 高校生における愛着スタイルと感情抑制の関連 金城学院大学大学院人間生活学研究科論集 16, 21-26.
・梅野(2015)好感をもたらす非言語コミュニケーションに関する研究 目白大学大学院 修了論文概要
・西田 元彦, 大西 憲和(2001)笑いとNK細胞活性の変化について,8 巻 p. 27-33
・外界への過剰適応に関する一考察–欲求不満場面における感情表現の仕方を手がかりにして 桑山 久仁子 京都大学大学院教育学研究科紀要 (49), 481-493, 2003
・井奈波良一(2015)女性看護師の声を出して笑う頻度と勤務状況,日常生活習慣および職業性ストレスの関係 岐阜大学大学院医学系研究科産業衛生学分野 p. 83.84
・内沼幸男(1990)「対人恐怖」講談社現代新書, p.71