レビー小体型認知症の症状や原因

皆さんこんにちは。心理学講座を開催している、公認心理師の川島達史です。今回のテーマは「レビー小体型認知症」です。

 

目次は以下の通りです。

①レビー小体型認知症とは何か
②レビー小体型認知症の進行
③症状の経過
④治療方法

当サイトの特色は、臨床心理学、精神保健福祉の視点から心の病気を解説している点にあります。心の病気の解説サイトは多いですが、精神科医の先生が監修されていることが多く、心理師の専門サイトは多くはありません。

お薬以外での改善策を詳しく知りたい方に特にお役に立てると思います。ご自身の状況にあてはまりそうなものがありましたら是非ご活用ください。

レビー小体型認知症とは

意味

レビー小体型認知症とは、はっきりとした幻視やパーキンソン症状などを特徴とした認知症の一種です。全認知症の約20%がレビー小体型認知症だといわれています。

好発年齢

好発年齢は65歳以上の高齢者になります。40歳以降から発症することもあり、40歳~65歳での発症は若年性認知症と呼ばれています。

原因

レビー小体とは、αシニュークレインとよばれるたんぱく質が、大脳に表れることで起こる疾患です。レビー小体は大脳皮質とよばれる脳の外側や、脳幹と呼ばれる脳の中枢部分にも表れます。

レビー小体wikipediaより

 

アルツハイマーとの違い

同じ認知症でも、レビー小体型とアルツハイマー型では、症状にいくつか違いがあります。以下の表を参考にしてみてください。

レビー小体型認知症の症状

レビー小体型認知症の特徴的な症状として、大きく4つに分けられます。

幻視

幻視とは実際には存在していないのに、人や動物、物などが目に見えてしまう症状のことです。レビー小体型認知症に特徴的な症状として知られています。

パーキンソン症候群

主に運動の障害です。筋肉が固くなる固縮や、足が踏み出せなくて歩行障害が生じるなどの症状があります。

レム睡眠行動障害

悪夢を見てうなされたり、大声をあげることなどがあります。また、寝ているときの体動が大きく、ベッドから落ちることなどもあります。

認知の変動

ぼーっとした状態と、はっきりとした状態を繰り返して、それが1日のうちに変わります。その日の中で、まるで別人のように感じることがあります。

 

症状の経過

初期

幻視やパーキンソン症候群など、初期からレビー小体型認知症特有の症状がみられます。幻視は「そこに女の人の顔が浮かんでいる」などと、はっきりと出現します。一方で、記憶力の低下など認知機能の障害は、初期では多くありません。

中期

徐々に認知機能の低下もみられてきます。認知機能の低下には、記憶、注意、見当識などの低下が挙げられます。症状も一日のうちで変動する、日内変動がみられるようになります。特に朝よりも夕方になると症状が悪化することが多いです。

後期

パーキンソン症候群による歩行障害で転倒することも見られます。身体的な症状も目立つようになり、車いすでの生活が中心になることもあります。飲み込みの障害により食べ物がうまく食べれなくなり、誤嚥性肺炎につながることもあります。

 

レビー小体型認知症の治療

レビー小体型認知症については以下の治療法が挙げられます。

①認知症共通の治療法
②レム睡眠障害への対応
③幻視への対応

ご自身、ご家族の状況に合わせて組み合わせてご活用ください。

①認知症共通の治療法

レビー小体型認知症の治療はアルツハイマー型認知症の治療と基本的には同じ内容になります。例えば、リアリティーオリエンテーション、回想法、認知機能訓練などを行っていきます。詳しい手法はアルツハイマー型認知症のコラムで執筆しました。理解を深めたい方は下記のコラムのページ下部を参照ください。

アルツハイマー型認知症の治療法

②レム睡眠障害への対応

レム睡眠障害への対応としては、無理に起こさないことが大事です。無理に起こそうとすると、夢と現実を混同し、暴力を振るうなどの危険性があります。対象者の安全を確認して、しばらく静かに見守るということが大事です。レム睡眠は長時間持続しないため、自然とノンレム睡眠に移行して、症状が治まっていきます。

③幻視への対応

幻視の症状への対応としては、訴えを否定したり無視しないことが大事です。客観的には見えてはいませんが、本人にとってははっきりと見えているのです。周囲を驚かせる幻視を訴えることもありますが、ご本人にははっきりと見えています。それを否定しようとすると、怒ったり暴力につながったりします。まずは、ご本人の訴えを聞いて安心することを大切に対応します。

対応例
「そこに怪しい人影がいる」と訴える
×「そんな人いないわよ!」と否定する。
〇「私も見回りしてみますね」と受け止める。

 

コミュニケ‐ション講座のお知らせ

アルツハイマーの進行を遅らせるには、ご家族の方や支援者の傾聴スキルが大事になります。専門家の元でトレーニングをしたい方は、私たちが開催している人間関係講座をオススメしています。講座では

・傾聴のトレーニング
・共感の仕方
・話しやすい質問の作り方
・感情を受け止める方法

など練習していきます。筆者も講師をしています。皆様のご来場をお待ちしています。↓興味がある方は下記のお知らせをクリックして頂けると幸いです↓

コミュニケーション講座,会話,話し方の向上