ホーム > コミュニケーショントレーニング >

コミュニケーション能力が改善!心理学とテクニックを専門家が解説

コミュニケーション能力


3 : 心理学の学習とスキル改善が基本

・心理学の学習が近道

コミュニケーション能力を改善する上で必ず通る道が「心理学の学習」です。


「心理学の学習」とは何を意味するのでしょうか?例えば、皆さんは人と話すときに「不安な気持」がありますか?


程度問題はありますが「不安が全く無い!」という人はほとんどいないでしょう。多かれ少なかれ、人は誰でも不安を抱えながらお話しするものです。ここでコミュニケーションが苦手な方、コミュニケーション能力に自信がない方は、不安との付き合い方が間違っていることがよくあるのです。


例えば、
「不安を感じる自分は弱い人間だ」
「不安はゼロにしなくてはならない」
「ポジティブに考えて緊張をなくそう」


これらの考え方を皆さんしたことはありませんか?不安はマイナスの感情ですし、できれば綺麗さっぱりなくして楽しくコミュニケーションをしたい!と思うのは仕方がない面もあるでしょう。



・不安はゼロにならない

しかしこれらの考え方で対処しようとしても実際はうまく行かないことが多いのではないでしょうか?それどころか不安が続いてしまうため、ますます自分を苦しめてしまう方も多いでしょう。


なぜなら「不安な気持ち」はもともと人間本質に根ざした感情なのでゼロになることはないからです。

コミュニケーションにおいては不安な気持ちとどう付き合うか?不安な気持ちを持ちながらどう人と関わりともつか?が大事になのです。

これはあくまでも1例ですが、心理学の学習を進めるとコミュニケーションと心の問題が分かってきます。自分の悩みをより深めないように、心理学の学習をすることはコミュニケーション能力を高める上で必須だと言えます。




・効果のでやすいスキルを学習

コミュニケーション能力を伸ばすために、次に大事なのが、「スキル」の改善です。スキルの改善とは目に見える具体的な実践練習を意味します。


会話で考えてみましょう。傾聴の技術として、要約のオウム返しと言う技法があります。要約のオウム返しというのは相手の話をある程度まとめて、同じ意味で返す技法です。



例えば、

「昨日は友達と綱島の温泉に行ってきました。昔ながらの温泉で、こじんまりとしていましたが、なんだか雰囲気が昭和に戻ってきた感じでした。将棋盤があったり、牛乳の自販機があったり・・・単なる温泉以上の思い出ができました」


と話してくれたとしましょう。これに対して聞き手は

「昔の思い出がよみがえる様な懐かしい温泉だったのですね」

と要約して返します。聞き手の時は相手の話を20~30%ぐらいに要約して返すとバランスがよくなります。


・練習すれば一定ラインまではスキルUP

こういった技術は、コミュニケーション能力を高めるための練習をすれば誰でもある程度はできるようになります。

そもそも私たちには、元々与えられたコミュニケーション能力があります。ですから、誰でも努力すれば一定のラインまでコミュニケーション能力を伸ばすことができます。効果の出やすいスキルを積極的に学習して、コミュニケーション能力を伸ばしていきましょう。


【今回のまとめ】
コミュニケーション能力を改善するには「心理学の学習」と「スキル」の2つを考えると言うことを抑えておきましょう!



 | 

コミュニケーション講座



コミュニケーション能力トレーニング

トレーニングの流れ
知識編
心理学でコミュ力UP
聞き上手になるコツ
話し上手になるコツ
初対面のコミュニケーション
本音と建前を見抜く
上手な自己主張
イライラ対処


コミュニケーション能力向上のカギ!心理学の学習とテクニック