>
>
>

青森市教育委員会様へ研修

いじめ撲滅

~ 講義・講演会の様子 ~ 青森市教育委員会様へ研修

青森市教育委員会様へ研修

はじめまして!
いじめ撲滅委員会代表の栗本顕です。

私は学生時代、そうぜつないじめを体験してきました。
その後この問題を世界からなくすことを決意し、心理学の大学院でいじめの防止策を研究してきました。

現在は公認心理師として、いじめの解決策や、教育相談を行っています。

全国の小~高校生・保護者のかた、先生方にカウンセリングや教育相談を行っています。

大学生の頃から、とりわけ「いじめ」をテーマに研究を続けており、もうすぐで10年になろうとしています。
私自身がいじめが原因で不登校になった経験を大いに活かし、今後のいじめ対策に貢献ができればと思います。

今回は、青森市教育委員会様へオンラインで「いじめについての研修」を行ってまいりました。

 

目次

今回の研修テーマ

私の方から一方的に、いじめについて話すのではなく、「テーマをいただいて、そのテーマに沿って研修」をする形式をとらせていただきました。
そこで、今回はその一部をご紹介します。

テーマ「いじめ防止対策研修講座Ⅲ・子どもの心身の危機に対する組織的な取組と危機意識の高揚〜実践的指導力の向上のために必要なこと〜」

→令和元年度、児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について、専門的視点から生徒指導上の諸課題について検討をしました。

→いじめ問題について、被害者が相談をためらってしまう理由を、統計的結果からご紹介。
理由から、どのように接していくのか、どのような環境を作っていくかをご紹介。

→いじめの被害者がどのようなサインを出しているのか、そしてそのサインを見つけた時のどのように対応するかをご紹介。
いじめ被害を抱える児童生徒を一人でも救うためにとても必要なスキルです。

→私と私の師匠がともに作成したいじめ対策のための授業書です。
こちらの授業書について、その効果を研究しましたので、その報告と使い方をレクチャーさせていただきました。

→いじめの教育をする中で、気になること・・・
それは、子どもたちのレジリエンスの脆弱さです。

いじめ問題をより複雑にしているのはいじめる側、いじめられる側のレジリエンスのなさにあるといってもよいかもしれません。

そこで、この問題について考えてました。

→いじめについて、さまざまな研究や理論をご紹介

Hazler&Carney(2000):被害にあった子どもが後に加害者になる問題を指摘

橋本(2008):加害行為に及んだ要因の一つに被害者性がある

内藤(2009):いじめを受けた者がいじめを行うことは「癒しの作業」となる

などなど。。。

その他、<ハンナ・アーレント><國分(1987)>などなど。。。

スクールカーストについても触れています。

 

 

・受講者様の感想

ここで、受講者様の感想を一部ご紹介します。

このように感想を頂けることは、とてもうれしいことです。
さらに活動を続けていくための原動力になります。

<受講者様の感想>(一部抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修をさせていただいて

今回、教育委員会様にいじめについて研修をするということで、内容についてもかなり具体的、かつ実効性のあるものにさせていただきました。
「あれもこれも」となり、最後に話し合いの時間を作りたかったのですが、なかなか難しいですね。

今回は、オンラインでの研修ということもあり、ワークをかなり簡略化して行わせていただきました。
これからの時代、こういったオンラインでの研修や講座・セミナーが増えていきます。

これらに対応するために、私もまだまだ勉強しなくてはなりません。

皆様と一緒に、「教育をアップデート」できたらと思います。
ありがとうございました。

いじめ撲滅委員会代表



助け合い掲示板

コメントを残す

講義・講演会の様子
スクールカウンセラーが行ういじめ対策
LINEいじめの影響と対策
毎月のいじめ対策,教職員向け
教職員・先生のいじめ対策

日本からいじめをなくそう