強迫性障害とは何か

皆さんこんにちは。心理学講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回のテーマは「強迫性障害」です。強迫性障害の理解を深めて、症状の改善に役立ていただけたらうれしいです。目次は以下の通りです。

①強迫性障害とは
②種類
③強迫性障害の問題
④治療方法

当サイトの特色は、臨床心理学、精神保健福祉の視点から心の病気を解説している点にあります。心の病気の解説サイトは多いですが、精神科医の先生が監修されていることが多く、心理師の専門サイトは多くはありません。

お薬以外での改善策を詳しく知りたい方に、特にお役に立てると思います。ご自身の状況にあてはまりそうなものがありましたら是非ご活用ください。動画にもまとめています。参考にしてみてくださいね♪

①強迫性障害とは

定義

強迫性障害とは次のように定義されています。

不合理な考えが繰り返し浮かび生活に支障のある行動が止められない障害

強迫性障害になると、頭の中に非現実的な考えが何度も思い浮かんでしまい、追い詰められるように異常な行動を繰り返してしまうのが特徴です。

強迫観念とは

強迫性障害の人は、強迫観念を持っている方が非常に多いです。強迫観念とは

異常な考えや非日常の考えが頭の中をぐるぐる回る状態

になります。強迫概念は不安を生みます。強迫性障害の人は、この不安を取り除こうとして強迫行動を起こし、更に大きな強迫行動をするようになってしまうのです。

たとえば、数字の9にこだわる人が、携帯電話のアドレスに9が入っていたことを見つけたとします。絶対に不吉なことが起こる!と強く思ってしまい不安を消すため、アドレスを変えます。不安は一時的に小さくなります。

心の悪循環

しかし、ここが問題です。強迫行動をとると一時的に成果がでてしまいます。この一時的な成果が落とし穴になってしまうのです。強迫観念が残っているため、時間の経過と共にまた別の不安がでてきてます。再度出現した不安は、より大きくなっているため今までは気にならなかったような小さなことも気になってしまうのです。

不安を消去しても時間が経つと、もっと不安が大きくなってしまいます。これが繰り返されて、強迫行動はどんどん大きくなってしまうのです。

 

②種類

強迫性障害には様々な種類があります。ここでは代表的な5つを紹介します。

汚染の心配

掃除や洗浄に関する強迫性障害になります。いわゆる潔癖症です。外出するたびにシャワーを浴びたり、洋服を全て着替えなおしたりします。

人や自分を傷つける心配

大事な誰かを傷つけてしまうのではないか・・・という考えに捉われてしまう強迫性障害です。例えば、「運転中に暴走して事故を起こしてしまうのではないか」「家族を突然殴ってしまったらどうしよう」といった考えに捉われてしまいます。

正確性の追求

物事がきちんと正確になされているか・・・という考えに捉われてしまう強迫性障害です。例えば、鍵のかけ忘れをなんども確認してしまう方もいます。強迫性障害のレベルになると、3回、4回、多い場合には10回も確認してしまいます。

数字へのこだわり

特定の数字を極端に嫌ってしまう強迫性障害です。例えば、特定の数字が入った商品を手に取れない、嫌いな数字が入った部屋に泊まれないなど、数字へのこだわりが過剰になってしまいます。

対称性へのこだわり

均一でないものがあるとすごく気になってしまう強迫性障害です。例えば、部屋の雑貨がきまった位置にないと気が済まない、家族が家具を移動すると異常に怒るといった状態になります。

それぞれの発生確率については下記を参照ください。

強迫性障害とは

 

③強迫性障害の問題

強迫性障害になると、さまざまな問題を抱えることとなります。

時間の喪失

膨大な時間を失うことになります。例えば、潔癖症の人であれば、着替えや消毒など現実的にはあまり意味のない行動に貴重な時間を費やしてしまうのです。

行動範囲の縮小

極端なこだわりから行動範囲が狭まってしまいます。例えば、特定の数字が嫌いな場合、数字を扱う仕事はできなくなります。場合によっては、数字へのこだわりから、お店に入れないなど、行動範囲が狭まってしまうのです。

他人を巻き込んでしまう

周囲の人を巻き込んで感情をぶつけてしまうことがあります。他人の巻き込みは、大きく分けて「強制型」「代行型」の2つあります。

強制型
「あなたも○○しなさいよ!」と命令します。例えば、対称性へのこだわりがある場合、コップの位置が少しでも移動すると怒ってしまう。

代行型

「代わりに○○してよ!」と命令します。例えば、鍵が締まっているか不安になり家族に連絡をして確認に行かせてしまう。

他の精神疾患

強迫性障害の約6割がうつ病を併発すると言われています。生活の質(QOL)が低くなりストレスの多い生活になるため、精神疾患を発症しやすくなるのです。

 

④治療方法

治療にはさまざまな方法があります。今回は、中核となる3つの治療方法を紹介します。

行動分析
不安の理解
暴露反応妨害療法

行動分析

強迫性障害が起こる心と行動のプロセスを分析していく手法です。ワークシードなどを使い、自分の強迫観念や強迫行動がどのように悪化していくのかを冷静にみつめるようにします。厚生労働省が公開しているワークシートを使うのがおススメです。

強迫性障害 ワークシート

 

*図中の用語
先行刺激:不安になる出来事
強迫観念:頭の中をぐるぐる回るこだわり
強迫行動:不安を取り除く行為

ワークシートにまとめていく中で、自分にどのようなことが起きているのかが客観的に分かるようになります。詳しくは以下を参照ください。

強迫性障害の認知行動療法 マニュアル

不安の理解

強迫性障害は「不安をうまくコントロールできない心の病気」と言い換えることができます。不安の性質をしっかり理解しておくと不安への対処がしやすくなります。以下の図は厚生労働省が公開している不安の程度が時間と共にどのように変化するかをまとめたものです。

強迫性障害 

不安は長く続くものではありません。不安が軽減していく経験をすることで「強迫行動をしなくても自然にまかせておけば良い」と思えるようになります。

 

暴露反応妨害法

暴露反応妨害法は、暴露療法と反応妨害療法の2つを足した療法になります。

・暴露療法
強い不安があった時には逃げずに行動する方法です。例えば「潔癖症の方に電車の吊革を触ってもらう」「数字への恐怖があれば、その数字を眺めてもらう」などを行います。具体的には不安構造表を作って行います。自分の主観で不安にレベルを付けて不安が小さいものからチャレンジしていきます。

強迫性障害 

 

・反応妨害療法
強い不安に対しての異常行動をやめる方法です。例えば「潔癖症の方の、何度も着替えるという異常行動をやめる」「鍵の閉め忘れで何度も帰宅するのであれば、家に帰らず目的地に向かう」などを行います。具体的には、不安を感じる行動を実際に行って、心の動きを時間経過と共に観察していきます。

強迫性障害 

まず反応妨害することを宣言します。そのうえでこだわりが強い場面について、強迫行動をせず不安の程度を見ていきます。時間の経過と共に不安が小さくなっていく経験をすることがポイントになります。

以下の図をご覧ください。暴露反応妨害法は、回数を重ねるごとに不安が小さくなっていきます。

強迫性障害

最終的には「不安を自分でコントロールできる!」と実感できるようになり不安とうまく付き合うことができるようになるのです。是非いかしてみてください。

 

心理療法の講座のお知らせ

最後に、これまで「強迫性障害」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました。必要以上に潔癖になっててまう方、誰かを攻撃してしまうのではないかと考えてしまう方、数字や物の配置にすごくこだわってしまう方は、コラムで紹介した内容を参考にしてみてください。

公認心理師など専門家から心理療法や人間関係を学びたい!という方は良かったら私たち公認心理師が開催している、心理学講座への参加をおすすめしています。講座では

・認知行動療法の学習
・認知の歪みの改善
・感情のコントロール法
・傾聴方法

などを学習していきます。参加のタイミングとしては、社会復帰の準備をしている時期、復帰後に再発を予防したい時期におすすめです。皆さんのご来場をお待ちしています。↓興味がある方は以下の看板をクリック♪↓

コミュニケーション講座,心理療法の学習

監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科 修了

取材執筆活動など

  • NHKあさイチ出演
  • NHK天才テレビ君出演
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」


YouTube→
Twitter→
元専修大学教授 長田洋和

名前

長田洋和


経歴

  • 元専修大学人間科学部教授
  • 東京大学 博士 (保健学) 取得
  • 臨床心理士
  • 精神保健福祉士

取材執筆活動など

  • 知的能力障害. 精神科臨床評価マニュアル
  • うつ病と予防学的介入プログラム
  • 日本版CU特性スクリーニング尺度開発

臨床心理士 亀井幹子

名前

亀井幹子


経歴

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • 早稲田大学大学院人間科学研究科 修了
  • 精神科クリニック勤務

取材執筆活動など

  • メディア・研究活動
  • NHK偉人達の健康診断出演
  • マインドフルネスと不眠症状の関連

*出典・参考文献
・厚生労働省,強迫性障害(強迫症)の認知行動療法 マニュアル (治療者用) 執筆: 中谷江利子(九州大学)、加藤奈子、中川彰子(千葉大学)