不安神経症とは何か,治療方法,種類

皆さんこんにちは。公認心理師、精神保健福祉士の川島達史です。私は現在心理学講座を開催しています。今回のテーマは「不安神経症」です。

不安神経症

不安神経症は、様々な定義が混在し、それゆえ治療方法も、ふわっとしたものになっています。当コラムではそんな不安神経症の意味を整理し、治療方法を解説していきます。

目次は以下の通りです。

①不安神経症とは
②神経質度チェック
③治療方法
④病気の種類

当サイトの特色は、臨床心理学、精神保健福祉の視点から心の病気を解説している点にあります。心の病気の解説サイトは多いですが、精神科医の先生が監修されていることが多く、心理師の専門サイトは多くはありません。

お薬以外での改善策を詳しく知りたい方に、特にお役に立てると思います。ご自身の状況にあてはまりそうなものがありましたら是非ご活用ください。

 

不安神経症とは

神経症とは何か

不安神経症とは以下の意味があります。

心の問題により過剰に不安を感じることで健康的な生活ができなくなる心の病気

不安神経症がある方は、非現実的な考えがある、ささいなことを深刻に捉えるなど、心になんらかの問題があります。その結果、不安を強く感じ、行きたい場所に行けなくなる、メンタルヘルスが悪化するなどの問題を抱えることになります。

 

精神医学上の用語の衰退

不安神経症にはこのような意味がありますが、実は精神医学の世界では実は、ほとんど使われなくなってきています。というのも「神経症」「神経質」という言葉は、曖昧で意味が広すぎるために、使いにくいからです。

現在では、アメリカ心理学会の定義では撤廃され、「不安障害」という用語になっています。WHOの診断基準では、「神経症」「不安神経症」という用語が使われていますが、改定の度に、減ってきています。

また、WHOでも、病名としては不安神経症は大きな分類としていて、実質的には全般的不安障害と診断されることになります。

 

心理学上の用語は持続する

一方で心理学の世界では「神経質」という言葉は、今後も使われていくことになります。と言うのも、性格の5大特性の中では「神経質傾向」があり、重要な指標だからです。

まとめると、「不安神経症」「神経症」という言葉は病気としては使われないですが、「神経質」という言葉は心理学の世界では今後も使われていくとおさえておきましょう。

 

 

神経質チェック

不安神経症と言っても、比較的軽い方から、重度な方まで幅があります。特に重度な方は場合によっては医療機関の支援が必要になることもあります。

以下の診断では簡易的に神経質度を測ることができます。不安神経症の参考になると思いますので、気になる方は診断してみてください。

神経質度,簡易診断

 

不安神経症の治療法

不安神経症の治し方としては、大きく分けて薬物療法と心理的なアプローチの2つがあります。当コラムでは心理的なアプローチを中心に5つ紹介します。

①現実検討力をつける
②行動療法で少しずつ慣れる
③森田療法の考え方を活かす
④不安を味方につける
⑤思い切って環境を変える

ご自身に合いそうなものを組み合わせてご活用ください。

①現実検討力をつける

不安神経質症がある方は、非現実的な考えによって、自分自身で不安を大きくしてしまいます。改善をするには「現実検討力」をつけることが大事です。

現実検討力とは、自分の考えが、実際に起こりうることなのか、事実に即した考えなのか、を冷静に把握する力を意味します。具体的には以下のように検証をしていく力になります。

神経質な考えを裏づける証拠はあるか?
現実的か確率計算をしてみる
思い込みの可能性はないか?

例えば

外に出るとウイルスにかかる!
絶対に外出してはいけない!

と考え、家に完全に引きこもって、メンタルヘルスが不安定になっている方がいたとします。この考え方が現実的か考えていきます。

外に出るだけで感染するという学者は1人もいない
人がいない場所で感染する確率はゼロ%
外出をしないと別の健康リスクが出る

など現実的な証拠をベースに考えていく練習をしていきます。詳しくは以下のコラムを参照ください。

現実検討能力をつける方法

 

心配性を3つの質問に答える反証で対処

 

②行動療法で少しずつ慣れる

不安が強い人の治療法としては、行動療法がおすすめです。行動療法とは、回避をしている場面に実際にチャレンジをすることで、不安を軽くしていく心理療法です。まずは以下の図をご覧ください。

不安神経症,行動療法

この図は、チャレンジをしていくたびに、不安が減っていくことを表しています。行動療法ではこのような心の性質を利用し、

嫌な刺激に少しずつ慣れる
避けていた状況を実際にチャレンジする
回避癖を直して行動力をつける

これらのチャレンジを行っていきます。行動療法は症状がある程度改善してきた頃に有効です。現実場面を改善していきたい場合は、以下のコラムを参考にしてみてください。

神経症を治す行動療法

 

③森田療法の考え方を活かす

森田療法は日本人である森田正馬によって考案された精神療法です。森田は神経症の症状は注意が注意を呼ぶことにより起こると考えました。

例えば、人から嫌われてないか気になる…という不安があった時に、

嫌われてはいけない!
嫌われてはいけない!
嫌われてはいけない!

と考えるほど、不安は大きくなっていきます。森田はこれを“精神交互作用”と呼びました。

不安神経症と精神交互作用

ここで大事なことは、不安にこだわらず「あるがまま」の態度を大事にすることです。

嫌われたくない気持ちがあるんだな
そうかそうかまあ当たり前のことだよな
その気持ちにOKを出しながら自分らしく

このように不安に対して自然体であると、そこまで大きくはならないのです。神経質を改善する古くからある手法でとてもおススメです。森田療法を学んでみたい方は下記のコラムを参照ください。

森田療法の基礎

 

④不安を味方につける

行動遺伝学の研究では、私たちの性格はある程度、遺伝的に決まっていることがわかっています。かなりざっくりとですが、不安の感じやすさは30~50%程度遺伝するのです。そのため、不安を感じやすい人が、全く楽天的な気質に変わることはかなり難しいと言えます。

ここで大事な視点が不安を感じやすい神経質な気質をむしろ味方につけてしまうことです。例えば、研究職、医療関係、高度な接客、職人、などでは、むしろプラスとなります。

不安は将来へのリスクを回避する重要な感情でもあります。未来を見据えて準備をする場面で役立つので、その気質を活かすように心がけましょう。

 

⑤思い切って環境を整える

自分の生活環境が気質にあっているかをチェックすることも大事です。私が相談を受けた事例では、都内に住んでいた方が、静かな郊外に引っ越したところかなり症状が改善した例もあります。

相談を下さった方にとって都会は、どうしても、人があくせくとしていて、競争意識も高く、不安が大きくなりやすい環境でした。幸いにもフリーランスだったので、山奥の古民家を購入してリノベしながらゆったり暮らす生活にされました。

その結果、不安な気持ちがかなり改善したのです。自分自身が安心して過ごせる生活環境をなるべく整えるようにしてください。

不安神経症,環境を変える

 

病気の種類

最後に不安神経症に関わる心の病気を紹介します。現在アメリカの診断基準では、不安神経症は不安障害という用語で分類されています。内訳は下記のようになります。

不安神経症,障害,種類

関連するコラムは以下になります。理解を深めたい方は参考にしてみてください。

不安障害
パニック障害
社交不安障害
全般性不安障害

 

心理療法の講座お知らせ

最後にお知らせがあります。専門家から不安を改善する心理療法をしっかり学びたい!という方は良かったら私たち公認心理師が開催している、心理学講座への参加をおすすめしています。講座では

・現実検討練習
・森田療法の学習
・マインドフルネス療法
・行動療法のやり方

などを学習していきます。参加のタイミングとしては、回復傾向にある時期、再発を予防したい時期におすすめです。皆さんのご来場をお待ちしています。↓興味がある方は以下の看板をクリック♪↓

コミュニケーション講座,心理療法の学習

*出典・引用文献
Bruce, S. E. et al. (2005) Influence of psychiatric comorbidity on recovery and recurrence in generalized anxiety disorder, social phobia, and panic disorder: A 12-year prospective study. American Journal of Psychiatry, 162, 1179-1187.
川上憲人ら(2006)平成16~18年度厚生労働省科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業) こころの健康についての疫学調査に関する研究. https://www.khj-h.com/wp/wp-content/uploads/2018/05/soukatuhoukoku19.pdf
坂野 雄二(2012)特集 不安障害の病態・診断・治療の最前線 不安障害に対する認知行動療法. 精神神経誌, 114(9), 1077-1084.

監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科 修了

取材執筆活動など

  • NHKあさイチ出演
  • NHK天才テレビ君出演
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」


YouTube→
Twitter→
元専修大学教授 長田洋和

名前

長田洋和


経歴

  • 元専修大学人間科学部教授
  • 東京大学 博士 (保健学) 取得
  • 臨床心理士
  • 精神保健福祉士

取材執筆活動など

  • 知的能力障害. 精神科臨床評価マニュアル
  • うつ病と予防学的介入プログラム
  • 日本版CU特性スクリーニング尺度開発

臨床心理士 亀井幹子

名前

亀井幹子


経歴

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • 早稲田大学大学院人間科学研究科 修了
  • 精神科クリニック勤務

取材執筆活動など

  • メディア・研究活動
  • NHK偉人達の健康診断出演
  • マインドフルネスと不眠症状の関連