恐怖症の種類と克服方法

皆さんこんにちは。公認心理師、精神保健福祉士の川島達史です。私は現在心理学講座を開催しています。今回のテーマは「恐怖症」です。

恐怖症についての研究

当コラムでは恐怖症の基礎から治療法まで一通り解説していきます。目次は以下の通りです。

①恐怖症とは何か
②体への影響
③健康な恐怖,問題となる恐怖
④恐怖症の治し方

当サイトの特色は、臨床心理学、精神保健福祉の視点から心の病気を解説している点にあります。心の病気の解説サイトは多いですが、精神科医の先生が監修されていることが多く、心理師の専門サイトは多くはありません。

お薬以外での改善策を詳しく知りたい方に、特にお役に立てると思います。ご自身の状況にあてはまりそうなものがありましたら是非ご活用ください。

 

①恐怖症とは何か

定義

心理学辞典(1999)では恐怖症は以下のように定義されています。

特定の状況、物、活動(たとえば高所、イヌ、水、血、運転、飛行)に対する、持続した不合理な恐怖。結果として、熱心に避けたり、著しい苦痛に耐えることになる。

恐怖症は精神疾患の中でも古くから見られ、研究されてきました。12カ月の有病率としては、日本では1.1%、ヨーロッパでは3.5%、アメリカでは8.7%と国によって幅があります(上田,2019)。

 

恐怖の性質

「恐怖症」はなぜ起こるのでしょうか?不安と恐怖の原理からひも解いていきましょう。心理学辞典(1999)では、以下のように定義されています。

*不安
自己存在を脅かす可能性のある危険を漠然と予想することに伴う不快な気分のこと

*恐怖
漠然とした不安が何かに焦点化され対象が明確になったもの

少し難しい定義ですが、簡略化すれば、対象がぼやけているものは不安で、ハッキリとした不安を恐怖と呼ぶと考えるとよいでしょう。

 

種類

恐怖症という言葉は現場では比較的よく使いますが、正式な呼び名ではありません。WHOの診断基準では、「恐怖症性不安障害」として分類されています。具体的には以下の種類があります。

広場恐怖症 社交不安障害 赤面恐怖症 対人恐怖症 高所恐怖症 歯科治療恐怖症 先端神経症 単一恐怖症 動物恐怖 閉所恐怖症 恐怖症性不安障害 集合恐怖

恐怖症はそれぞれ対象が異なるのが特徴です。例えば、蛇やカエルなどがよく見られますが、鉛筆が怖い、鰹節が怖いなど、様々なものが挙げられます。

恐怖症,komugi1020様作成

 

 

②体への影響

私たちは、ハッキリとした危険が迫ると、身体の防衛機能を高める「交感神経」が活性化し、

・心臓がバクバクする
・筋肉が緊張する
・手に汗が出る
・血圧が上がる

・対象に集中する

などの反応が起こります。このように体を戦闘態勢にすることで、私たちは危機に備えようとするのです。このような体の働きは短期的には役立つこともありますが、長時間続くと、疲れやすくなる、不眠になる、心臓に負担がかかるなどの影響が出てきます。

恐怖症,交感神経

以下脳と恐怖,身体の仕組みについて解説をしました。興味があるタイトルを参照ください。

恐怖は感情に影響を与える神経伝達物質の影響を受けます。脳の中では以下のようなプロセスで恐怖が起こると考えられています。

オレキシン
普段は睡眠や食欲などをコントローしていますが、緊急事態は、青斑核に行ってノルアドレナリンを作るきっかけになります。

青斑核
せいはんかくと読みます。ノルアドレナリンの製造部署です。脳幹の中にあります。

ノルアドレナリン
集中力を高めたり、興奮状態を作り出すホルモンです。感情を司る扁桃体に働きかけ、活性化させます。

偏桃体
マイナス感情の中枢です。恐怖や怒りを活性化させます。

恐怖が起こるプロセスは大きく分けて2つのルートがあります。ざっくりと分けると、思考から起こる恐怖と、直感的に起こる恐怖です。詳しくは動画で解説しました。脳と感情の仕組みに興味がある方はご覧ください。

 

③健康な恐怖,問題となる恐怖

健康な恐怖

恐怖を覚えることは悪い事ではありません。なぜなら恐怖は、私たちの身を守ってくれる感情だからです。例えば、田舎に行ったときに、見たこともない虫が飛んできたとします。

この時大概の人は、びっくりして払いのけるでしょう。未知の生物は毒を持っているかもしれないですし、どんな危害が及ぶか予測できないからです。この意味で、未知の対象に対して恐怖を感じるということは、極めて健康的な心が育っていると言えます。

問題となる恐怖

一方で、「スパゲティ」が怖い恐怖症については、いかがでしょうか。スパゲティは私たちにとっては大して問題にならない対象です。もしスパゲティが怖かったら、スーパーに行ったり、飲食街をあるいたり、食堂にいくことが困難になったりします。現実的に考えて、非合理的な恐怖はやはり少なくしたいものです。

恐怖症,種類

 

④恐怖症の治し方

恐怖症を治すやり方としては、大きく分けて薬物療法と心理療法が挙げられます。当コラムでは心理療法を中心に紹介させて頂きます。具体的には以下の5つを紹介させて頂きます。

・認知療法
・行動療法
・系統的脱感作法
・マインドフルネス療法
・森田療法

まずは全体を概観して、気になるリンクがあったらクリックしてみてください。

 

認知療法

恐怖症の治療によく採用されるのが認知療法です。認知療法は、認知の歪みを発見し、改善していくことで、心の安定を目指す心理療法です。

恐怖心の裏側には、認知のゆがみがあることが多く、現実的にしていくのが基本です。非現実的な考えをしてしまっているかも…という方は、認知療法にチャレンジしてみてください。

認知療法の基礎とやり方


行動療法

行動療法は行動のあり方を改善することで、恐怖場面を克服していく方法です。恐怖症の方は、回避を繰り返していくことで、逆に恐怖心を強くしてしまう傾向があります。

例えば、人が怖い!という恐怖心があるときに、人がいる場所を避け続けると、余計に人が怖いという感覚が促進されていきます。そこで行動療法では、無理のない計画表を作成し、今までは回避していた場面にチャレンジしていくことで、恐怖心を克服していきます。

回避癖がある、生活の行動範囲が狭くなっている、という方は下記のコラムも参考にしてみてください。

行動療法の基礎とやり方

 

系統的脱感作法

系統的脱感作法とは、身体をリラックスさせた状態で、恐怖場面をイメージし、恐怖心を和らげていく心理療法です。私たちの体と心はつながっています。例え恐怖場面であっても体がすごくリラックスしていれば、恐怖心も随分減らすことができます。

系統的脱感作法では、身体を十分ほぐし、恐怖のレベルの低いものから段階的にイメージしていく形で練習していきます。本格的に恐怖症を治したい方におすすめなのですが、リスクがある心理療法なので専門家と一緒に取り組まれることをおすすめします。詳しくは以下の動画を参考に信頼できるカウンセラーを探してみてください。

カウンセラーの探し方

 

マインドフルネス療法

マインドフルネス療法とは、不安や恐怖を客観的に眺め、冷静に対処する力を高める心理療法です。マインドフルネスの特徴としては、恐怖心を無理に無くそうとしない点にあります。

あくまで恐怖を自然な感情として受け入れ、ただ冷静に眺めることで、うまく付き合っていこうとするのです。東洋的な考え方が土台にある心理療法で、日本人にもしっくりきやすいという特徴があります。

マインドフルネスをしっかり学ぶと恐怖心で混乱している状態から抜け出す力をつけることができます。様々なエクササイズがありますので、参考にしてみてください。

マインドフルネス療法

 

森田療法

森田療法は恐怖や不安とうまく付き合いながら目的本位に生きていくという心理療法です。森田療法の特徴としては、恐怖心を無理に無くそうとすると、余計に悪化するという考え方にあります。

例えば、人と接するのが怖い人がいたときに、怖い気持ちをなくしたい!とこだわるほど、恐怖心が大きくなっていきます。これは精神交互作用と呼ばれます。

森田療法では、このように恐怖心を無理に押さえつけるのではなく、「あるがまま」受け入れ、「目的本位」に生きることを大事にしていきます。恐怖心とうまくつきあいながら、やるべきことをしっかりやる力をつけたい方は以下の森田療法を参考にしてみてください。

森田療法のやり方

 

恐怖症,克服法,森田療法

 

まとめ

当コラムでは恐怖症について、種類や治療法を紹介してきました。実は筆者の川島は社交不安障害になったことがあります。症状としては、視線恐怖症、醜形恐怖症がありました。一番重たい時は、自宅から全く出ることができなくなりました。

それでも、心理療法をしっかり学び、1つ1つ環境を改善していくことで症状を軽くすることができました。当コラムが参考になり、皆さんの症状が少しでも軽くなるヒントになれたならとてもうれしいです。じっくり取り組んでみてください。

 

心理療法の講座のお知らせ

最後にお知らせがあります。専門家から心理療法をしっかり学びたい!という方は良かったら私たち公認心理師が開催している、心理学講座への参加をおすすめしています。講座では

・認知行動療法の学習
・認知の歪みの改善
・マインドフルネス療法
・行動療法のやり方

などを学習していきます。参加のタイミングとしては、回復傾向にある時期、再発を予防したい時期におすすめです。皆さんのご来場をお待ちしています。↓興味がある方は以下の看板をクリック♪↓

コミュニケーション講座,心理療法の学習

 

*出典・参考文献
Reiss, S. (1991). Expectancy model of fear, anxiety, and panic. Clinical psychology review, 11(2), 141-153.
Jakupcak, M., Osborne, T., Michael, S., Cook, J., Albrizio, P., & McFall, M. (2006). Anxiety sensitivity and depression: mechanisms for understanding somatic complaints in veterans with posttraumatic stress disorder. Journal of traumatic stress, 19(4), 471-479.

Soya, S., Takahashi, T. M., McHugh, T. J., Maejima, T., Herlitze, S., Abe, M., … & Sakurai, T. (2017). Orexin modulates behavioral fear expression through the locus coeruleus. Nature communications, 8(1), 1606.

上田紋佳 不安症とうつ病のcomorbidityに関する考察:多重経路モデルに着目して
岡山大学大学院教育学研究科研究集録   2019