書痙の特徴,症状

皆さんこんにちは。心理学講座を開催している、公認心理師の川島達史です。今回のテーマは「書痙」です。

書痙,taako様作成

当コラムでは書痙を基礎から一通り解説していきます。目次は以下の通りです。

①書痙と症状
②書痙の原因
③間違えやすい疾患
④心理療法

当サイトの特色は、臨床心理学、精神保健福祉の視点から心の病気を解説している点にあります。心の病気の解説サイトは多いですが、精神科医の先生が監修されていることが多く、心理師の専門サイトは多くはありません。

お薬以外での改善策を詳しく知りたい方に特にお役に立てると思います。ご自身の状況にあてはまりそうなものがありましたら是非ご活用ください。

書痙とは

書痙とは

まずは書痙とは何かについて押さえていきましょう。臨床心理学辞典によると、書痙(writer’s cramp)とは以下のように定義されています。

人前で書字をする際に筋緊張が生じて手が震えてしまい、うまく字が書けなくなる神経症的な症状の一つ

ここでの定義はあくまでも精神的な要因であることがポイントです。一方で、平(2005)は以下のように書痙を定義しています。

書痙は上肢の居所ジストニアで、大脳基底核などの機能異常によるもの

こちらは、器質的な機能異常として捉えられています。これまでの様々な研究から書痙とは、

・心因性によるもの
・器質的な神経疾患によるもの

の2つの視点からアプローチがされていることが多いです。特に器質的な要因によるものは「局所性ジストニア」と呼ばれています。

症状

書痙の症状は人前で字を書くときに緊張してうまく字が書けなくなります。これは書字の時だけに起こり、他の動作では普通に行えることが特徴です。例えば、

結婚式の記帳で手が震えて名前が書けない
テストの答案が記入できない
契約書に字が書けない

などが挙げられます。

書痙の有病率

書痙の発症率は約0.008%と非常に稀な症状ではあります。また、器質的な局所性ジストニアという観点からは約0.01%という数字があります。この中には書痙以外の症状も含まれています。

 

間違えやすい疾患

パーキンソン病

パーキンソン病とは動きが鈍くなったり、震えが起こる神経性疾患です。特に震えが起こることを振戦といい、手の震えを書痙と間違えやすいことがあります。パーキンソン病の振戦の場合は何もしていない時に震えることが基本的ですが、文字が小さくなくなったり、稚拙さが目立つことがあります。

本態性振戦

本態性振戦とは手や腕に律動的な不随意運動がみられる症状です。不随意運動によって、書字が困難になることがあります。遺伝的な要因が大きく、最低5年は継続して症状があります。心因性、外傷性、薬物性などの要因によるものは含まれません。

これらの疾患による書字の困難には、心因性のものとは別に考える必要があります。脳や神経系の異常によるものなので、脳や神経の専門科に受診する必要があります。

 

書痙の心理療法

当コラムでは、臨床心理学や精神保健福祉の観点から、書痙に対してよく使う対策を紹介します。

①森田療法
②系統的脱感作
③行動療法
④薬物療法

①森田療法

森田療法とは、森田正馬という人が神経症に対して開発した心理療法です。その方法とは、まず症状を取り除こうとせずに、あるがままに受け入れて不安や恐怖を軽減していくものです。この森田療法は神経症の治療だけではなく、書痙の症状にも効果があるという報告もあります。

例えば、林ら(2006)の研究では外来での森田療法の治療を試みています。このケースでは、字が震えてうまく書けない事例に対して、

”右手で下手に震えて日記を書く”

このように指導をしたことで、書字が可能になったと報告しています。森田療法では

×「震えないように」

ではなく

〇「震えるように」

とあえて促すことで心理的な葛藤が解かれて、書痙が改善するとしています。森田療法について詳しい解説はこちらを参考にしてみてください。

森田療法入門,あるがまま,精神交互作用

②系統的脱感作

系統的脱感作が書痙の治療に効果的だったという報告があります。系統的脱感作とは、不安階層表や全身をリラックスさせる方法を使って、不安を軽減させていくものです。この系統的脱感作を用いて、書痙を治療した症例を紹介します。

柴田ら(2014)は神経内科で難治性の書痙患者に対して、系統的脱感作を導入し、書字の不随意運動が軽快したと報告しています。この症例は

23歳女性
デザイン学校で落第点を取ったことや、対人関係のストレスで書字が困難
心因性の書痙であるとされ、系統的脱感作や自律訓練法を実施

この系統的脱感作の治療の中で、患者自身が緊張や症状をコントロールできるようになると賞賛が与えられています。治療の結果、傷ついた自尊心を修復し低い自己評価の改善にもつながったとされています。

③行動療法

行動療法とは、人の行動は学習に基づくものであり、不適応な行動に対しては、新たな学習をすることによって変容できるとする心理療法です。書痙に対してはバイオフィードバック法という行動療法が有効的であるとしています。

バイオフィードバック法とは、自分でコントロールできない生理的な反応を、視覚的にモニターすることで、体の反応をコントロールする技法です。字を書く際に震えてしまう症状に対して、手の筋肉から筋電図を使う方法が多いです。書字の際に生じる過剰な筋収縮を抑制して、正常な書字ができるように筋肉の再教育を行うことで症状が改善されます。行動療法については以下のコラムを参照ください。

行動療法とは何か

 

④薬物療法

心因性の書痙には、書字の不安に対して処方されることが多いです。この不安には抗不安薬が使われます。器質的な要因が大きいと考えられる場合は、ボツリヌス注射で効果を上げている報告もあります。ボツリヌス注射とは、筋肉内にボツリヌストキシンというたんぱく質を入れることで、筋肉の震えを抑える方法です。

いずれにせよ書痙の原因が心因性か器質性のものかによって、治療の方法が大きく変わってきます。症状が改善しない場合は、早めに専門医に相談することをおすすめします。

 

コミュニケーション講座のお知らせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元で、心理療法や健康的な人間関係の築き方を学んでみたい方は、私たちが開催している講座をオススメしています。講座では

・アサーティブコミュニケーション
・限界設定のやり方
・柔らかい断り方の練習
・人間関係の心理学の学習

など練習していきます。筆者も講師をしています♪皆様のご来場をお待ちしています。↓興味がある方は下記のお知らせをクリックして頂けると幸いです↓

コミュニケーション講座,心理療法の学習

 

*出典・引用文献

北佳保里(2017) 脳機能イメージングによる神経疾患へのアプローチ 日本ロボット学会誌35,7,531-535

柴田達徳,米良貴嗣,高橋昌稔,鈴木麻美,林晴男,辻貞俊(2014) 系統的脱感作法を中心とする心身医学的アプローチが奏功した心因性書痙の一例 心身医学 54(2),188

平孝臣,堀智勝(2005) 書痙の脳神経外科治療 脳神経外科ジャーナル 14(5), 316-322

目崎高広(2012) 意外に多いジストニア臨床神経学 52(11), 1068-1070