ホーム > コミュニケーショントレーニング >

話し上手になるコツとは?

話し,上手,コツ


4 : 改善病の落とし穴

・ぷるるんポンデリングわらびモチ



2回目までお付き合いいただきありがとうございます!
どうでもいいですが、さっきミスドでドーナッツをかって来ました。
「ぷるるんポンデリングわらびモチ」です。


若い女性の前で32歳の男が「ぷるるん」などと大きな声で言えないのでぼそっと周りに聞こえないように言ったのが運のつき。
女子高生と思われるアルバイトの女の子に「もう一度おっしゃって頂いてよろしいでしょうか?」と再度の宣言を促されてしまいました。


コミュニケーション講座の癖して、女子高生にもっと声出せや!と暗に促されたのです!


そこで今度は「ぷ、ぷるるんポンデリングわらびモチ」です。と大きな声で宣言しました。


女子高生はよくできましたと言わんばかりの笑顔で「かしこまりました」とにっこり微笑んでくださいました。


あ、あがが・・・



・受け入れるのか?改善するのか?

さてさて、今回はコミュニケーション能力に関する知識編2です。


先ほどコミュニケーション能力を改善するには「心理学の学習」「スキルを改善する」の2つが大事であることをお伝えしました。
今回から心理的な学習を進めていきましょう。



今回学ぶのは、
受け入れるのか?改善するのか?
という2つの視点です。


この2つの視点を抜きにコミュニケーション能力について盲目的に取り組んでいくと、アリ地獄にはまってしまうこともあります。
是非一度この点について私と一緒に考えて頂きたいのです。



・はきはき話せ!と言われたらどうする?

例えば、上司に「どもっている!もっとはきはき話せ」といわれたとします。皆さんはこのときどのように考えるでしょうか?


ちょっと考えてみましょうか??
3分ぐらい立ち止まって考えてみましょう。
私からの最初の課題です。


メモ帳でもいいですし、レシートの裏でもいいです。
少し考えてみてください。

    ↓
3分間考えてみましたか?
     ↓





・受け入れる!と考えた方

さまざまな考えが浮かんだと思います。
ここで皆さんの考えは2つに大別されたと思います。

まず一つ目の選択肢としては「受け入れる」という選択肢を挙げた方がいるでしょう。


この例で考えると、
「昔からどもっているのだから、もうこの自分と付き合っていこう」
「ハキハキはなさなくてもこんな自分を愛してくれる人もいる」
「それぞれ好みだから僕は今の自分のままでも充分生きていける」


等が挙げられます。




・改善しようと考えた方

2つ目は「改善する」例を挙げた方もいるでしょう。
「どもりの改善の本を買って試してみる」
「声を大きく出す練習をする」
「ボイトレ教室に通ってみる」


等を挙げた方もいらっしゃるでしょう。



みなさんはいかがでしょうか?
「受け入れる」「改善する」
どちらの対策を考えたでしょうか。


もしご自身の選択肢を見たときに、「受け入れる」アイデアがなかった場合、実は結構問題だったりします。



・改善病になっていないか?

もしなんでもかんでも全て努力で改善するという姿勢を持っていると終わりのない努力を永遠と続けることになってしまうからです。


講座にいらっしゃる生徒さんの7割ぐらいは、「改善病」にかかっていると思います。


改善病とは、今の自分を否定して、もっと違った自分にならなきゃと強く思うがあまり、いつまでたっても満足できない状態です。


皆さんはいかがでしょうか?
「受け入れる」と言う視点は持っていますか。


講座では「改善病」にならないように、受け入れる姿勢を持つことも大事だとお伝えしています。
次回はもう少しこの辺について詳しく解説します。



 | 

コミュニケーション講座



話しを上手にするコツとは?受け入れるか、改善するか