ホーム > コミュニケーショントレーニング >

人間関係の悩みを解決するには改善度を知る

人間関係,悩み,解決


6 : コミュニケーションに関する悩みの難易度を解説

・悩みの難易度を知ろう!

ここまでお付き合い頂きましてありがとうございます。 知識編についてはここでいったん一区切りにします。 あんまりくどくど説明していると皆さんどこかに行ってしまうと思うので笑


最後にお伝えするのは、コミュニケーション能力の改善がしやすい分野と難しい分野の目安です。 以下に挙げる難易度は、


・心理療法の様々な統計、
・私の主観的な経験



に基づいています。


本来ですと研究する身分としては、全て統計的なエビデンスを元に書きたいところなのですが、多岐にあたるため、現実的に不可能です。 そのため私の主観が入ってしまうことはご了承頂けると幸いです。


また個人レベルで難易度は変わってきますし、例外はいくらでもあると思いますのであくまで参考程度にお使いください。


それでは改善が難しい分野と、改善が可能な分野についてまとめます。 まとまりがなく、ブレストしたような感じですが、参考にしてみてください。



・難易度高 ~改善は正直難しい~


完全に改善できないとは言い切れないですが、かなり難しいです。 現実的には無理な改善は目指さず、
「受け入れる姿勢が大事」になってきます。 根本的な改善は目指さず、付き合っていくぐらいの気持ちで良いと思います。

・ どもり
・ かんもく(特定の場所で緊張して話せなくなる症状)
・ あがり症の根本的な改善
・ 視線恐怖、表情恐怖など恐怖症
・ 対人不安、緊張の根本的な改善
・ 空気を読む力(非言語の読み取り能力)



・難易度中 ~努力次第で改善も~



改善は努力次第である程度はできるでしょう。 根本的な部分の改善は難しいですが、余裕があるときは努力していきたいところです。


・気質を否定せず受け入れながら行動する


解説
・あがりながら話す ・緊張を抱えながら話す
・対人不安を抱えながら、飲み会に出る
・ 視線が怖いと言う気持ちをもちつつなんとか会話をするなど

・身体的なトレーニングで改善する分野
  滑舌、笑顔、姿勢、身振り手振りなど 

・言語レベルで考え方の修正(詳しくは認知行動療法)
・やや複雑な場面でのソーシャルスキル(複数人での会話など)
・あがり症の軽度な改善
・論理力
・説得力



・難易度低 ~改善しやすい!是非努力を!~


・単純な場面、目的がはっきりとした場面での会話

講座はトレーニングで具体的な改善を目指していきます。 努力次第である程度改善できると思います。 私の修士論文の研究でもある程度統計的に効果がありました。 こちらは具体的なトレーングで改善がしやすいです。


 *お見合いの場面での会話
 *上司と電車で一緒に帰るときの会話
 *看護師が患者さんとのやりとりするとき

 など

・個別のソーシャルスキル
 *オウム返し、オープンクエッション、
 クローズクエッション、雑談のネタの発話など

・主張性(アサーション)
・体を使った緊張の緩和 (自立訓練法、臨床動作法など)
・説明する際の構成の改善(プレゼン資料の作成の仕方や、説明の手順など)



次回からは具体的なトレーニングに入ります


以上で知識編は終わりです。


ここまで読んで頂いた方ありがとうございました。 少し混乱された方もいらっしゃると思うので、改めて全体をまとめて知識編を終わりたいと思います。


・心理学を学ぶのが近道
・実践練習も大事
・受け入れるのか?改善するのか?の判断は難しい
・難易度を把握してできるところから努力



次回からは具体的なトレーニングを交えながら進めていきます。 一緒にコツコツいきましょう!!



 | 

コミュニケーション講座



コミュニケーション能力トレーニング

トレーニングの流れ
知識編
心理学でコミュ力UP
聞き上手になるコツ
話し上手になるコツ
初対面のコミュニケーション
相手の気持ちを知る方法
上手な自己主張
イライラ対処


人間関係の悩みを解決するには改善可能かどうかを見極める!