>
>
>

視線恐怖症チェックで自己診断。3つの原因と克服方法を心理の専門家が解説

視線恐怖症


視線恐怖症チェックで自己診断。3つの原因と克服方法-心理の専門家が解説①

視線恐怖症について専門家が解説

はじめまして!コミュニケーション能力研究家・精神保健福祉士の川島です。私は心理学の大学院で、コミュニケーション能力について研究をしてきました。また、現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。

当コラムは「視線恐怖症」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります。(^-^;ちょっと大変ですが、是非お付き合いください。

視線恐怖症とは?

あなたは人の視線を感じることがありますか?それがつい気になり、緊張したり不安になったりして、生活の中で不便になることはありませんか?

・人に見られている気がする
・変だと思われているのではないか不安になる
・嫌がられているのではないかとすぐ心配になる

視線恐怖症とは?症状や問題について解説これらの状況が続くと、視線恐怖症という症状になることもあります。もともと恥ずかしがり屋であったり、初対面だと緊張する人も多いですね。ただ視線恐怖が生活に影響するほどになってくると、人と会う場面に行きづらくなり、外出を控えたり、人を避けるようになってしまいます。避け続けることによって閉じこもりとなったり、外出時にますます人の視線が怖くなるといった悪循環に陥ってしまう危険もあります。

このように視線恐怖で日常生活や人間関係に支障をきたす前に、ものの見方を修正したり、軽減することは、自分らしさを取り戻してゆくためにも大切なことです。

視線恐怖症とは対人恐怖の一種

視線恐怖とは、周りの人からの視線を過敏に感じるという対人恐怖症の一種です。特に、思春期・青年期に非常に多くみられると言われています。

視線恐怖の特徴としては、

・自分の視線が周囲の人に嫌な思いをさせているのではないか
・自分の外見が周囲の人に嫌な印象与えるのではないか

など、自分の視線や外見が他人に不快感を与えているのではないかと悩むのが特徴です。

注意しなければいけない点として、視線恐怖症は診断名ではないということです。視線恐怖症は対人恐怖症の一種で、対人恐怖症自体が日本における特異的な恐怖症であるともされています。

視線恐怖症に直接関係する研究は少ないですが、ここで2つの論文を通して視線恐怖症について理解を深めてゆきましょう。

森田(1932)によると、対人恐怖の症状は、視線恐怖のほかに、対人緊張・赤面恐怖・表情恐怖・醜貌恐怖・自己臭恐怖など幅広く、いずれも対人状況において生じる症状と言われています。また小川(1974)は、対人恐怖に悩むものは、対人場面における自己の行動をきわめてネガティブに評価し、過剰なほどに自己を問題視する傾向を持っていると述べています。

つまり視線恐怖症は、対人関係の問題と密接にかかわっていることが考えられます。では、対人場面であなたがどのように自分を評価しているのか、チェック表でチェックしてみましょう。

自分の状態をセルフチェック

まずは、ご自分の状態をセルフチェックしてみましょう。次の文章について、ここ1~2週間のあなたの状態にどの程度あてはまるか考えて、当てはまる、やや当てはまる、あまり当てはまらない、当てはまらないのうち、ひとつを選んでください。回答が終わったら、すべての項目の得点を合計してください。

視線恐怖症の度合いのチェックシート 
視線恐怖症の傾向と対策

8~19点
視線恐怖症の度合いは軽度

視線恐怖症の度合いは軽度と言えます。視線が気になり悩むときもあれば、何かに夢中になると忘れているときも多いかもしれませんね。自分なりに解消する方法も見つけているのかもしれませんが、悩みが深くなる前に、心理療法の色々な方法を身に着けておくのも良いかもしれませんね。

20~30点
視線恐怖症の度合いは中程度

視線恐怖症の度合いは中程度と言えます。日常生活では人の中に入るのに抵抗があったり、緊張を感じる場面があるでしょう。無理に頑張って、回復に時間がかかっているかもしれませんね。考え方や、頑張る方法を見直してみませんか?心理療法を試しながら、少し客観的に自分を見つめてみましょう。

31~40点
視線恐怖症の度合いは高め

視線恐怖症の度合いは高めと言えます。仕事や日常生活の中でも、視線恐怖から胃痛、頭痛が出るなど支障をきたし、辛い思いをしていませんか?今は人の視線や自分の視線にこだわっている状態かもしれません。また、自分に自信が持てなかったり、ネガティブな思い込みがあるようです。心理療法コラムを読みながら、ゆっくり考えていきましょう。

視線恐怖症のセルフチェックはいかがでしたか?

視線恐怖症のセルフチェックは、あくまで現在の視線恐怖症の度合いを見たものです。視線恐怖症の度合いは、時間や環境,状況によっていくらでも変化しますから、思わしくない結果が出た場合でも、結果を過大に受けすぎないでくださいね。

ただ、視線恐怖症の知識を理解しておくことは大切なことです。なぜなら自分の状態を客観的にとらえ、自分だけではないことを知り、対処法を試すことが出来るからです。視線恐怖症は軽減・改善できると信じ、前向きに取り組んでいきましょう。

視線が怖い…を招く3つの原因・解決策

ここでは、視線恐怖症の原因と解決策について考えていきます。視線恐怖症の原因と解決策は大きく分けて3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

 

①考え方を修正する

人の評価が気になる
視線恐怖症の原因の一つとして「人の評価が気になる」ことがあげられます。「友達から嫌われていないだろうか」「変なことを言われていないだろうか」「使えないやつだと思われていないか」など常に他人の評価を気にしてしまいがちです。言い方を変えると、相手からよく見られたいと思っているとも言えます。この相手からよく見られたいという思いが強くなりすぎると、相手の目が気になってしまい、自分の行動にも自信が持てなくなってしまいます。

考え方をチェンジ
このような場合、認知療法が解決策として効果があります。認知療法とは、1960年代にアーロン・ベックが提唱した心理療法です。自動思考という“自分の受け止め方のクセ”や信念といった認知の歪みに焦点を当てて、認知を修正することで症状が改善されるという心理療法です。考えのクセの直し方を確認したい!という方は、コラム②をチェックしてくださいね。

 

②あるがままを大切にする

視線へのこだわり
視線恐怖症の原因の二つめに「人の視線が気になる」ことがあげられます。「自分が他人にどう見られているのだろうか」「自分の行動が、変な感じという目で見られているのではないだろうか」「他人が自分の容姿をどのように思っているのだろうか」など他人の視線にこだわり、不安になりやすくなります。これは言い方を変えると、自分はもともと相手に不快感を与える存在であるというネガティブな思い込みが強いとも言えます。この思い込みから、相手の視線が気になってしまい、自分の本当の良さを見落としてしまいます。

森田療法で恐怖をやわらげよう
森田療法とは、1920年代に精神科医森田正馬 (もりたまさたけ) が考案した神経症に対する精神療法です。神経症の人の不安へのとらわれに焦点を当て、そこから脱却する方法を考案しました。例えば不安があるときに、それを無理に排除しようとすることで、ますます不安を増長させてしまうということがあります。この悪循環を精神交互作用といいます。

当コラムでは、森田療法の一つに「あるがまま」という言葉を元に、不安に対しても自分の一部としてそれを受け入れ、前に進んでいく事を目指すといった克服方法をご紹介します。人からよく思われたいと思って頑張ってしまう…という方は、コラム③で恐怖を和らげるコツをチェックしてくださいね。

 

③スモールステップでゆっくり解決を

急な解決を目指してしまう
視線恐怖症の原因の三つめに、急な解決を目指してしまうことがあげられます。「初対面のときから、常に目を見る努力をしよう」「人に不快感を与えないよう、いつも笑顔でいよう」「人に慣れるために、無理して出かけて行こう」など急な解決を目指し、行動することがあります。これではまるで、自分の想像した他人に自分が合わせようと、空想の中を駆け回ってしまうことになります。

系統的脱感作法で不安を軽減
視線恐怖症を改善・克服を目指すなら、急な解決を急ぐの逆効果です。スモールステップで練習を繰り返す事が効果的です。当コラムでは、行動療法の考え方の中から、南アフリカ共和国の精神科医であるジョセフ・ウォルピが開発した系統的脱感作法をご紹介します。不安尺度を作成し、不安を感じる行動に段階的にチャレンジして、不安や恐怖を感じず適応的行動を取れるようになることを目的としています。不安尺度の作成をやってみたい!という方は、コラム④で実践してみてくださいね。3つの方法で視線恐怖症を克服しよう

解決策で視線恐怖症を克服!

視線が怖い気持ちを強めてしまう主な理由は「人の評価が気になる」「視線へのこだわり」「急な解決を目指してしまう」の3つというのがわかりましたね。

視線が怖いという気持ちは、辛いばかりでなく不安や恐怖を生むきっかけになり、だんだんと自分に対するネガティブな評価を助長することになってしまいます。これから紹介する対処法を知ることで、視線恐怖症について理解し、軽減・改善できるよう取り組んでみてくださいね。

次回は、視線恐怖症の解決策の1つ「考え方を修正する」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★原因と解決策で視線恐怖症の克服を目指そう
心理学講座



チェックシートでまずは自己診断を