>
>
>
アイコンタクトの心理的重要性と効果

アイコンタクトとは?できない問題・原因・対処法①

はじめまして!精神保健福祉士の川島です。私は現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

当コラムでは「アイコンタクト」をテーマに解説をしています。コラム①では

  • アイコンタクトは好感度の2場面に重要
  • 最適な時間は1~2秒?!
  • 注目を集める効果
  • 自然に視線を合わせるコツ
  • 過剰な意識を抑える
  • 自己肯定感を高めよう

について解説します。

アイコンタクト

アイコンタクトの重要性

アイコンタクトとは、相手の目を見たり視線を交わすことで、互いの意思を伝達するコミュニケ―ション手段の1つです。アイコンタクトの重要性は、関係の長さによって変わってきます。

長期的な関係
長期的な関係の場合は、人柄をじっくりと把握する時間があるため、アイコンタクトが無い会話でも問題になることはありません。目を見て話せなくても、誠実で思いやりがある、目を見て話せなくても会話の内容がおもしろいなど、様々な面でカバーが可能となります。

短期的な関係
これに対して、短期的な関係では時間をかけて判断してもらうことができないため、アイコンタクトなど非言語的な要素で判断されてしまいます。合コンや婚活パーティ、就職活動などは、初対面での印象が重要な場面では、アイコンタクトがとても大切になってくるのです。

アイコンタクトの仕方

アイコンタクトは特に、お仕事上、恋愛場面で最も大事になってくると言えそうです。もしご自身が、接客業や販売職、また婚活中であれば、やはりトレーニングをする意義があると言えそうです。コラム1ではさらに具体的なアイコンタクトに関する研究を紹介しす。

①アイコンタクトは印象形成2位

梅野(2015)は、笑顔やアイコンタクトなど、非言語コミュニケーションと好感の関係について、大学生230名に対して調査を行いました。

調査
調査は4段階評価で行いました。得点は次の通りです。

4点:好感をもたれる
3点:やや好感につながる
2点:あまり好感につながらない
1点:好感につながらない

結果
結果は下の図のようになりました。概観してみてください。

アイコンタクトに関する好印象を与える非言語コミュニケーションの調査結果

研究結果を見ると、目の表情は、笑顔ほど重視されないものの、髪色やアクセサリーより好感に影響することがわかります。ざっくりと考えると、アイコンタクトは非言語コミュニケーションにおいて笑顔に次いで重要だと言えそうです。

②視線の量⇒発話の量

青山・戸北(2005)は、小学5年生を対象にアイコンタクトと発話の関連を調べています。この研究のなかで4人に分けたグループ学習を観察した調査があります。発話数とアイコンタクトの関係を調べた結果が以下の図です。

アイコンタクト 苦手

この図から視線を受けている人は、発話数が高い傾向にあることがわかります。特に女性は視線を受ける、受けないで発話数が大きく変化しています。会話場面で下を向いたり、スマフォをいじっていると、会話に入れない可能性が高くなると言えそうです。会話に参加したい方は、前傾姿勢で視線を受けやすくするとよさそうですね。

③アイコンタクトは0.5~1秒でOK-凝視はNG

ここまでの解説で、アイコンタクトが好感度や友好度の上昇に役立つことがお分かりいただけたと思います。しかし、アイコンタクトは時間とのバランスが悪いと、相手にマイナスの影響を与えてしまうため注意が必要です。

*当コーナーは動画解説もあります(すいません…最初遊んでいます(^^;)
 もしお役に立てたらチャンネル登録をして下さると励みになります!

最適なアイコンタクト量は?

深山ら(2002)は、20代から30代の男女13名を対象に、視線と印象操作の関連を調べました。参加者は凝視量によって「1/4・1/2・3/4・全て凝視」の4群に分けられました。グラフから、友好度を高める凝視量は1/2から3/4であることが分かります。

アイコンタクトと時間。友好度の研究

例えば、
相手との対面総時間が60秒だった場合「30秒~45秒」になります。この範囲内から逸れると、「話し辛い人だな」「会話しにくい…」といった印象を持たれるかもしれません。

目を合わせるのは何秒?!

次に「凝視時間」を見てみます。
参加者は凝視時間を基準にして「0.5秒・1秒・2秒」の3群に分けられました。グラフから、友好度を高める凝視時間は0.5秒から1秒であることが分かります。そして凝視時間が1秒を超えて2秒に近づくと、友好度は下がることも分かりますね。

アイコンタクトと友好度の研究

このように、アイコンタクトと言っても、相手の目を凝視し続けるのはあまりよくないことがわかります。凝視は悪い印象を与えてしまうため、0.5~1秒程度で十分と考えておくとよさそうです。

苦手になる2つの原因

アイコンタクトは気恥ずかしくて苦手な方も多いと思います。アイコンタクトが苦手な原因としては、以下の2つの心理が挙げられます。

・自分の視線に自信がない…
目つきが悪い、目に自信がない、アイコンタクトをすると相手が不快に思う…と感じる場合、アイコンタクトが苦手になりやすいです。目線や視線が鋭いと感じるあまり、アイコンタクトをすると相手が怖がってしまうのでは考えてしまうのです。正確な統計はありませんが、現場感覚では、アイコンタクトが苦手な方の10%程度がこちらに当てはまりそうです。

・相手の視線が怖い
自己肯定感が低く、公的自己意識が過剰な場合、相手の目線がとても気になってしまいアイコンタクトができなくなります。アイコンタクトが苦手な方のうち、90%がこの症状に当てはまると考えています。

苦手になる原因より深く知りたい方は下記をご覧ください
・相手への過度な気遣い
・自己肯定感が低さが…
アイコンタクトが苦手になる2つの原因②

アイコンタクトできない2つの心理

診断とチェック

コラム後半では、アイコンタクトのトレーニング方法をお伝えします。トレーニングの前に、こちらのアイコンタクト診断で自己チェックしておくこと、効果が出たか判別しやすくなります。定期的にチェックをしたい方はご利用ください。
アイコンタクト診断!視線恐怖をチェック③

3つの方法でアイコンタクトを!

ここからは、アイコンタクトのトレーニング法を3点お伝えします。まずは概観をしてみて、より深く理解したい場合はリンク先をチェックしてみてください♪

①自然なアイコンタクトとは

・①5センチずらす
アイコンタクトが苦手な場合、ちょっとしたコツとして、椅子を少しだけずらすと効果的です。本当にわからないぐらいでOKですので、真正面ではなく、気持ち5センチほど相手とずれて座るようにしましょう。それだけでも少し楽になります。

・②目の周辺を見る
アイコンタクトが苦手な人は、相手の目を見て話すことに抵抗があると思います。まずは、目の周辺に視線を送るようにしましょう。目に近い、鼻やオデコなら相手には目を見ている印象になります。左右の眉の真ん中あたりの「眉間」はおすすめです。目の周辺をみるのも厳しい場合は、とりあえず顔だけ相手に向けて、あとは顔全体ぼやっと見るぐらいでもOkです。

具体的なアイコンタクトの手法を深く知りたい方は下記をご覧ください
・5センチずらす法
・顔全体ぼやっと法
・アイコンタクトは傾聴の時に重要
アイコンタクトが苦手!自然なアイコンタクト4つのコツ④

アイコンタクトのコツ自然な目線

②意識しすぎに要注意!

・精神交互作用とは何か
アイコンタクトはとても大事なコミュニケーション手段ですが「こだわりすぎる」のは、アイコンタクトへの苦手意識を強めてしまう事もあります。アイコンタクトを意識するあまり、ぎこちなくなり結果的にアイコンタクトが苦手になります。このような状況を心理学では「精神交互作用」といいます。

・アイコンタクトを意識しすぎない
「アイコンタクトをしなくては!」と考えるぎすると逆にぎこちなくなってしまいます。代わりに、「アイコンタクトが苦手な自分がいるな」という自分を俯瞰し、それ以上でも、それ以下でもない、あるがままの感覚を大事にするのです。少し一歩引いたところで自分を眺めているようなイメージです。過剰に反応しないようにしましょう。

目を合わせることにこだわりすぎていると感じる方は下記をご覧ください
・精神交互作用とは?
・あるがままに捉える
アイコンタクトが苦手な場合は!「こだわり」を減らしてみよう⑤

③自己肯定感を高める

・自分に自信がない
自分に自信がない場合、アイコンタクトが苦手になりやすいです。人から見られると恥をかくに違いない、どうせ馬鹿にされるという状態だと、相手からの注目を浴びるのが嫌になってしまうのです。そのため、アイコンタクトを心理的に楽にするには、自己肯定感を育てていく必要があるのです。

・自己肯定感を高めよう
自己肯定感の育て方は様々な手法がありますが、まずは基礎として、1日3褒め法を紹介したいと思います。どんな些細なことでOKです。1日3つは自分を褒めてあげましょう。1年位続けると、少しずつ自信がついてアイコンタクトへの基礎ができます。それでは「今日の3褒め」をやってみましょう。どんな些細な事でもOKですよ!

自己肯定感が少ない…と感じる方は下記をご覧ください
・自己肯定感が高い人低い人
・現在の自分を認める
アイコンタクトは苦手!自己肯定感を高めよう⑥

アイコンタクトはコミュニケーションに欠かせない

④専門機関を利用する

アイコンタクト、会話力などコミュニケーション能力を向上させたい方は専門家の元でしっかり学ぶこともお勧めしています。 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、視線の配り方、印象の良い会話力の向上を目的として講座を開催しています。皆さんのご参加をぜひお待ちしています。

執筆者も講師をしています(^^)
 ・アイコンタクトの取り方
 ・視線と緊張緩和法
 ・印象UP人間関係UP
初学者向けコミュニケーション講座を開催しています

アイコンタクトでプラスの心理へ!

次回のアイコンタクトコラムは、アイコンタクトの苦手意識を解消法「自然なアイコンタクトを作る」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります) 

★アイコンタクトの苦手意識は3つの方法で解消しよう

目次

①心理的に抜群のプラス効果
②苦手になる2つの原因
③視線恐怖をチェック
④自然なアイコンタクト4つ
⑤「こだわり」を減らしてみよう
⑥自己肯定感を高めよう

コメント

1件のコメント

コメントを残す

    • グラス
    • 2019年5月26日 4:31 PM

    笑顔が大切だという事が分かりました。
    相手の目線が怖くてアイコンタクトが出来ませんでした。
    5センチずらし、目線を縦に外す、この2つは簡単に出来そうなテクニックなので練習してみたいと思います。
    アイコンタクトが怖い原因が自分に自信がないからでした。
    自分に自信が持てるように努力して相手との信頼感を築いていきたいです。
    自己肯定感を高める練習をして、現在、未来、過去の自分としっかり向き合い、
    アイコンタクトが出来るようにチャレンジしてみようと思いました。

    0

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
青山 康郎・戸北 凱惟(2005)発話を促す話し合いの場に関する研究 日本教科教育学会誌 2005.6 第28巻 第1号
梅野(2015)好感をもたらす非言語コミュニケーションに関する研究 目白大学大学院 修了論文概要
深山篤・大野健彦・武川直樹・澤木美奈子・荻田紀博 2002擬人化エージェントの印象操作のための視線制御方法 情報処理学会論文誌