>
>
>

これまでのいじめ研究一覧

いじめ撲滅

~ これまでのいじめ研究 ~ これまでのいじめ研究一覧

はじめまして!
いじめ撲滅委員会代表の栗本顕です。

私は学生時代、そうぜつないじめを体験してきました。
その後この問題を世界からなくすことを決意し、心理学の大学院でいじめの防止策を研究してきました。

現在は公認心理師として、いじめの解決策や、教育相談を行っています。

全国の小~高校生・保護者のかた、先生方にカウンセリングや教育相談を行っています。

大学生の頃から、とりわけ「いじめ」をテーマに研究を続けており、もうすぐで10年になろうとしています。
私自身がいじめが原因で不登校になった経験を大いに活かし、今後のいじめ対策に貢献ができればと思います。 

これまでのいじめ研究一覧

いじめ対策は研究が必須

いじめ問題に適切に対応するためには、「いじめについての知識」がないと、不十分かつ不適切な対応をしかねません。

教科書に載っているものが全ての問題に対応できるわけでもありません。
専門的な知恵や結果、現場での状況を考えながら活動していかなくてはなりません。

そのお手伝いができればと思います。

 

目次

教員の指導態度がいじめを変える

教員の日常的な指導態度によっていじめ問題が変化することについてご紹介ます。
学校の中で、さまざまな種類のいじめがある中、いじめが比較的少ないクラスもあれば、いじめが絶えないクラスも存在します。
教員の指導態度によってこのような違いが起こるのであれば、そのメカニズムを知ることで、いじめを未然に防ぐことも可能となります。

対策は教職課程から始まる

いじめにおける研究のうち、教職課程の学生に焦点を当てた研究をご紹介します。
いじめ問題を取り上げていく中で、現場の学校やその職員、児童・生徒に焦点が当たってしまいがちになります。
しかし、学校内でのいじめ対策の主軸となる教職員の教育にも焦点を当てなければなりません。そうすることで、より効果的にいじめ対策をすることができます。

中国・台湾・日本でのいじめ対策

日本だけではなく、その周りの国でのいじめについてご紹介します。
日本で起きているいじめ問題やその対策を知っていくことは、教育現場ですぐに役立つものになります。
しかし、教育現場も国際的になってきた今日、日本だけではなく、その他の国の事についても知っておくと応用ができるものもあると考えられます。
2020年にはオリンピックもありますので、国際的な視点も大切にしていきたいものです。

 



助け合い掲示板

3件の相談

コメントを残す

    • 相 談
    • たも
    • 2021年11月27日 6:13 PM

    まず第一にパワハラのようにいじめは、当たり前のように社会に溢れています。
    第二にそれを増幅しているのが自己肯定感の低さ、そしてストレス社会です。
    過度なストレスは自殺率や犯罪率、病気の増加につながっていることは周知ですが、
    大人のいじめやDV,子供への虐待など多岐にわたります。子供の環境が悪ければ、いじめが増えるのは必然。ある意味で子供社会は大人社会の反映とも言えます。
    しかし、学校教育など部分的な改善にとどまり、ストレス社会に対する根本的な改善は今一つのように感じます。

    0
    返信する
      • 匿名
      • 2022年5月2日 12:48 PM

      全国の学校、会社に
      「いじめは犯罪です。刑事罰に問われる可能性があります」という風な強烈なポップを張り出してもらうのはどうでしょうか?
      無くなりはしないにせよ効果はあると思います。
      どこか動いてもらえないですかね…

      0
      返信する
    • 相 談
    • ムーミー竹田
    • 2021年3月17日 12:49 PM

    あくまで一因ではないかと思うのが、勉学の量も関係していると考えます。
    昔に比べて勉学の量が増えています。昔は精々4,5限ぐらいじゃなかったかなぁ。今では土曜登校ありの0,8限ぐらいあるらしい。
    元々中学・高校が3年制なのはたまたま誰かが言ったからです。科学的根拠はないです
    言ってみれば、ブラック企業の仕事量が学生の勉強量と考えてくれればわかりやすいと思います。
    大人でも辛いのに、時代が進むにつれて勉強量が増えていくわけですから、3年で処理しろというのが無理があると考えます。
    ゆとりを作る意味でも、中学・高校を1年増やした方が良いかと提案します。

    ちなみにですが、いじめにあっている学生を助けられる状況なのに見捨てる行為って犯罪になりえるみたいですよ。
    「無作為犯」で調べて頂けたら良いかと。
    まぁ、学生が知るわけないですからね(自分も最近知った)。

    2+
    返信する
      • 通りすがりの専門家
      • 2021年7月25日 3:08 AM

      信頼できる弁護士に相談しましょう(元検事とか裁判官とか特に有効です。)。学校は大体において専門家などが出てくるとコロッと態度を変えることが多いです。暴力は犯罪です。大事にしないようにとか考えずしっかり戦っていくことが重要です。悪いのはすべて加害者です。被害者ではありません。恥ずかしいと思うべきは犯罪行為すら理解できない能力の低い加害者です。
      どんな細かな情報収集も速やかに。

      0
      返信する
    • 相 談
    • ケロタ
    • 2020年10月12日 10:30 AM

    私は60爺です、有る事から中学2年で人生を捨てました、以来、わざといじめてる人に絡み、自分がいじめに合えば、他のやつはいじめに合わないと思って、いじめに合ってました、しかしある時柔道着のボクシングで、もう一人いじめが、その時、何故か相手が居なければボクシングは出来ない、そして自殺を考えてしまいました、駅の改札口で定期を落としふと我に帰りました、学校を出た時は覚えてたけど、その後どうやって来たか記憶が無い学校から優に15分は歩いた事に、これが魔がさす、と言う事なのでしょう、私は助かりました
    そして私はいじめを可愛いそう、ひどい、よりやってはいけないと思った、現在も自分の体験とフィクションを交えてシナリオを書いてたけど、誰も興味を示さないとSFを入れて見ましたが、どんどん現実化して、書いてた事がやらせに成ってしまいました、一応シナリオは辞めたけど、内容のフローは有ります継いで欲しです

    0
    返信する
これまでのいじめ研究
いじめによる事件
YouTubeいじめ撲滅委員会動画一覧
栗本のお勧めサイト
児童虐待といじめ
いじめの定義
代表講師の研究

日本からいじめをなくそう