>
>
>
フロー心理学の意味とは?フロー状態を公認心理師が解説

フロー心理学の意味とは?フロー状態

はじめまして!公認心理師の川島です。今回のテーマは「フロー心理学」です。

  • 全体の目次
  • 入門①フロー心理学とは?
  • 入門②効果研究
  • 入門③9の条件
  • 入門④悪用に注意!
  • 助け合い掲示板

コラムを読み進めていくと。基本的な知識と対策を抑えることができると思います。せひ最後までご一読ください。もしお役に立てたなら、初学者向け心理学講座でもぜひお待ちしています。

フロー状態とは?

意味

フロー状態とは、心理学辞典(2013)で以下のように説明されています。

スポーツをする、芸術に向き合う、面白い本を読むといった楽しむことのできる活動に没頭することで生じる最適状態の体験のこと

つまりフロー状態とは、活動している人が、楽しむ感覚に心底没頭している精神状態を指します。

たとえば、
30分しか経過しっていないのに2時間も経過していた。夕方くらいの時間帯だと思っていたら、夜中だった!

フロー状態とは?

このような、時間の流れの中に没頭している状況がフロー状態です。

提唱者

フロー状態の概念は、1980年代と1990年代に流行しました。提唱者は、ハンガリー系アメリカ人の心理学者ミハイ・チクセントミハイです。

フロー心理学

ミハイは、芸術家が夢中すると食べ物や水、睡眠でさえ必要としないことに気が気付きました。ミハイはこの芸術家の精神状態に着目し、フロー心理学を提唱したのです。

種類

ミハイは、フロー状態には2種類あるとしています。

・マイクロフロー
短時間に起こるフロー状態です。たとえば、鼻歌を歌っている時、楽しくメールを打っている時、半額セールに遭遇した時など、とても短い時間に起こるフローです。

・ディープフロー
長時間没頭する状態です。たとえば、勉強や仕事、映画などに集中する時のフローです。

モデル図

ミハイが提唱した、フロー状態のモデル図を見ていきましょう。

縦軸は難易度を、横軸はスキルレベルを示しています。

フロー状態のモデル図

・リラックス状態
高度なスキルを使って低レベルのことをやっている状態です。

たとえば、
高校生と中学生のサッカーの試合で考えてみましょう。リラックス状態は、高校生が中学生に対して全力で戦っているような状態です。

高校生の高い技術で、中学生と対戦するため余裕をもって戦えます。

・退屈状態
先ほどのサッカーの試合で考えると、高校生が手を抜いて中学生と戦っているような状態です。

・不安状態
自分にとって技術的に劣っていて、難易度が高いことに挑戦する状態です。

たとえば、風邪をひいたときには本来の力を出せません。何かしらの理由で実力が出せない時には、不安な状態になります。

・フロー状態
フローは、自分の高い技術を使って高い難易度にチャレンジしている状態です。

たとえば、
・高校生VS高校生の試合
・強豪チームVS強豪チーム
・ロスタイムで0対0

このような、どちらに転ぶかわからない状況は、フロー状態になりやすいと言えます。

本気で取り組める状況勉強や恋愛で考えるなら、勉強であれば少し頑張ると解ける問題、恋愛であれば付合えるかどうか頑張り次第…といった状態は一番興奮できるのです。

効果研究

フロー状態は、最大のパフォーマンスを発揮できるといわれています。ではフロー状態にはどのような効果があるのでしょうか。研究を交えながら解説していきます。

集中力がUP

木村(2011)は、10名の高校の先生を対象に、先生の授業時の心理について研究しました。この調査では、4つの心理状態について調べています。

こちらは「集中力」の結果をまとめた図です。集中力が最も高いのは、フロー状態と分かります。

フロー状態と集中力

先生は、高い技術で難易度の高い授業をすると、授業に最も集中できるということです。加えてこの調査では、幸福感と満足感についてもまとめています。幸福感と満足感が最も高かったのも、フロー状態のときでした。

つまり先生は、フロー状態の時に高い集中力で授業を行い、幸せな気持ちになっているということです。

孤独感がdown

先ほどの木村(2011)の研究から「孤独感」について見ていきます。

以下は授業時の「孤独感」の結果です。フロー状態は孤独感が最も低い事が分かります。フロー状態にあると、孤独を感じにくいと言えそうです。

フロー状態と孤独感フロー状態にある先生は、すごく熱中している状態です。そのため、生徒をうまく巻き込みながら授業を進めていると推測できます。

これは、生徒と先生が互いに絡み合っている状態なので孤独を感じにくいのと考える事ができます。

一方で先生が熱中していない時は、生徒からのリアクションが少ない可能性が高くなります。そのため、孤独を感じやすくなるのかもしれません。

幸福感がUP

つぎに、カリフォルニア州立大学の研究から解説をします。

Natalie Fariaは、ポジティブ心理学と学生の成功についての研究を行いました。調査では、フロー状態が幸せに関係する心理とどのような関係にあるかをまとめています。

まずは、フロー状態と「人間関係」の結果です。人間関係とフロー状態は相関関係でした。

フロー状態と人間関係

熱中して楽しそうにやっている人は、対人関係がうまくいくと言えそうです。

つづいては「マインドフルネス」です。マインドフルネスとフロー状態も相関関係にあります。

フロー状態とマインドフルネス

マインドフルネスの一つの概念に、いまこここに集中するという概念があります。集中してフロー状態になると、マインドフルネス状態に入りやすいと言えそうです。

フロー状態と「希望」も相関関係にありました。

フロー状態と希望

人生に希望を持てるとフロー状態になりやすいと推測できます。

フロー状態9の条件

ミハイ・チクセントミハイの著書「フロー体験 喜びの現象学」(1996)によると、フローに入るための条件が9つ述べられています。

1.明確な目標

何をすべきかが常にハッキリと分かっていると、フロー状態に入りやすくなります。そのために明確な目標を持ちましょう。

目標は「毎週、月曜日の朝7時から家のまわりを3週する」など具体的な内容だと集中力が高まります。とはいっても、目標を持つことは意外と難しいものです。目標を持つコツの一つに、自分のコンプレックスを活かす方法があります。

たとえば、
「体形に自信がない…」
→ダイエットの目標
「勉強が苦手…」
→資格取得を目指す

このように、コンプレックスから目標を作っていくのもいいでしょう。特にコンプレックスがなければ、まず行動してみて見つけていくのもいいと思います。

2.選択と集中

色々な目標があるなら、まずはある程度しぼってから目標を達成していきましょう。自分が集中できる分野にすべてのエネルギーを投下するということです。

選択する時のコツは、できるだけ自分は「出来ること、得意なこと」を行って、それ以外は周囲にお願いするようにするといいでしょう。

3.自己意識の低下

本当に没頭している時には、自分が集中していることに気づかないものです。たとえるなら、こちらの少年のような感じでしょうか。

フロー状態の作り方

この少年のように、自意識が無くなるぐらい没頭できる環境をいかに設定できるかがポイントです。環境づくりも、フロー状態に入る大切な要素となります。

4.時間の歪み

フロー状態では時間の流れが早く感じ、あっという間に2時間、3時間経ってしまいます。

自己意識の低下と同じように、時間を忘れるぐらい集中できる環境へのセッティングが大切です。

5.即座なフィードバック

チャレンジしたらすぐに結果が分かる状態です。

たとえば、子どもがゲームに夢中になるのは、結果が出るまでの時間が早いからです。コマンドを入力すれば攻撃がヒットし、回避に失敗すれば1秒も立たずにダメージを受けます。

このように結果が早く出るものごとに対しては体が反応するため、モチベーションが上がりやすくなります。

学習においても同じことが言えます。1問解いたらすぐに回答を見るなどフィードバックをした方がフロー状態に入りやすいです。課題や宿題は小刻みに進めた方が集中力がアップしやすくなります。

6.スキルと難易度が適切

自分のスキルに合わせた目標はフロー状態になりやすいと考えられています。

改めて、フロー状態のモデル図を見てみましょう。下図のように難易度とスキルがとも「高い」ときは、適度なプレッシャーを感じつつ、自分の能力を全開まで発揮することができます。フロー状態のモデル図

どっちに転ぶかわからないくらいの目標設定が最もフロー状態に入りやすいのです。

7.自分でコントロール可能

自分の技術を使ってある程度チャレンジできる感覚があると、フロー状態に入りやすいといわれています。

たとえば勉強であれば、参考書を見たときにある程度チャレンジできる感覚がある方が集中力が維持できます。

自分が頑張ればクリアできるくらいの状態や環境を目指しましょう。

8.内的動機

自分自身がやりたい事に、チャレンジすることが大切です。

外的要因によるフロー状態は続かないといわれています。まずは、自問自答して自分がやりたことを見つけるといいでしょう。内的なモチベーションが伴うと、フロー状態に入りやすくなります。

9.没頭環境

人に話しかけられたり、スマホの通知などを認識してしまうとフロー状態が終わってしまいます。

たとえば、デスク周りが散らかっていると集中力が切れてしまうものです。

没頭するためには、出来るかぎり自分1人だけの状態を作ったり、通知に気づかなくなるような工夫が必要です。

フロー状態に入る9つの条件

ご紹介した9つの要素は、満たさなくてもフローに入ることができます。ただし可能な限り意識しておくと喜びの多い、楽しい人生を送ることができるでしょう。

フロー状態を作るヒントに、私の実践例を紹介します。

授業づくり

難しすぎず簡単すぎない授業づくりを大切にしています。

たとえば、10個の問題を作る場合は、
1・2問目はなるべく簡単な問題にして、3~8問目は難易度をあげフロー状態に入りやすくしています。そして、最後の2問は難しくする。

このような工夫で、フロー状態に入れるような授業を目指しています。

コラムづくり

コラムを書く時には、読み手のレベルを大切にしています。読み手にとって、難しすぎても簡単すぎても、難易度としては適切ではありません。

読み手が「適度な勉強になった!」と思ってもらえるような難易度になるよう工夫をしています。

仕事を依頼する時

周囲に仕事を依頼する時には、相手のスキルにちょうどいい内容をお願いするようにしています。

あまり簡単すぎない内容で、成長につながる仕事をお願いするよう意識しています。

勉強の工夫

自分自身の勉強でもフロー状態に入る工夫をしています。勉強する時には、少し頑張ったら理解できるような内容を選ぶとモチベーションが続きやすいです。

情報遮断は重要

2004年のミハイのTEDによる話によると、私たちが情報処理できる量は、「約110 ビット/秒」だそうです。

110ビットというと、大体12文字ぐらいです。速読できる人なら1秒で12文字ぐらい読めそうですね。

でも逆に言うと、私たちの情報処理はそれぐらいが限界と言えそうです。そう考えると、集中力を高めるには、他の情報処理に時間がとられないように、情報を遮断することも大事だと言えそうです。

その意味で、フロー状態は、私たちの脳の処理能力を1点に集中させるための心理状態と言い換えることができそうです。

悪用厳禁

一方で、フロー状態は、ハマりすぎる現象を生むというデメリットがあります。たとえば、

・ガチャ依存
どちらに転ぶか分からないため、お金を使いすぎてしまいます。

ギャンブル依存・恋愛依存
ドキドキする気持ちが最も盛り上がります。その状態事態を求めて付合ってしまう事もあります。付き合ってすぐに分かれてしまう…という傾向がある人は注意かもしれません。

恋愛依存

・ギャンブル依存
ギャンブル依存では必ずフロー状態の問題が付きまといます。特に、当たるか当たらないかという状態が何度も続くパチンコなどは依存しやすいといわれています。

フロー状態とキャンブル

・犯罪
万引き(盗癖)クセになってしまうと、繰り返してしまいます。見つかるか見つからないか…と言う心理から抜け出せなくなることがあります。

万引きクセとフロー状態

フロー状態に入ると、過度な集中から、危険が迫っても気が付かないことがあります。フロー状態は悪用することもできるため注意が必要です。

フロー状態と発展コラム

ここからは発展編です。フロー状態に役立つコラムと動画を紹介させて頂きます。

マインドフルネス

フロー状態に入るには心を今ここに集中させるマインドフルネス力が大事になります。集中力が散漫な方は下記のコラムを参照ください。

マインドフルネスコラム

ポジティブ心理学

フロー心理学は最近ではポジティブ心理学の1つとして扱われています。より広く人生の幸福感を高めたい方は、ポジティブ心理学もぜひ学んでみてください。

ポジティブシンキングコラム

仕上げの動画

フロー心理学について動画でもしっかり解説しました!仕上げとしてご活用ください。

まとめ+助け合い掲示板の活用

まとめ

フロー状態は、日常生活でかなり使える心理です。勉強、仕事、恋愛、さまざまな場面で集中力を高めてくれます。

フロー状態を自分の味方につけて、集中力をもって、幸福な人生に結び付けてみてください。

講座のお知らせ

もし公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・心理療法の基礎
・対人不安の改善
・暖かい人間関係を築くコツ
・無条件の肯定のコツ

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。お知らせ失礼いたしました。それでは入門②に進みましょう!

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・ファンデンボス,G.R.(2013)APA 心理学大辞典,793
・木村 優,授業における高校教師のフロー体験に内在する実践的意義,日本教育方法学会紀要,教育方法学研究,2011,36 ,25-37
・Natalie Faria,Positive Psychology and Student Success:How Flow, Mindfulness, and Hope are Related to Happiness, Relationships,and GPA