>
>
>

アイデンティティの意味とは?臨床心理士が丁寧に解説

アイデンティティ,意味


アイデンティティの意味とは?臨床心理士が分かりやすく解説①

アイデンティティを専門家が解説

みなさんはじめまして!臨床心理士の竹元です。私は臨床心理学の大学院を卒業し、引きこもりの方の支援や、臨床心理学の研究を行っています。

当コラムは「アイデンティティ」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

みなさんはこんなことを感じることはありませんか?

・これからどう生きるか?わからない
・自分が何をしたいか分からない
・毎日の生活にハリがない
・他の人と関わっていて息苦しい

これらの悩みにはアイデンティティの問題が関わっている可能性があります。みなさんにお役にたてるよう「アイデンティティ」について、丁寧に説明していきます。

 

アイデンティティとは?

アイデンティティの意味とは

アイデンティティという言葉が初めて使われたのは1950年代です。E.H.エリクソンという心理学者でした。エリクソン自身は元々デンマークに生まれまれたユダヤ系デンマーク人でした。エリクソンの父親は誰なのか?母であるカーラは秘密にしていたようです。

エリクソンは戦火の影響もあり、最終的にはアメリカに生活の拠点を移しています。そのような激動の時代を生きる中で、「自分が何者か?」という問いを探し続ける人生でした。

エリクソンは、人生を8つの段階に分類しました。そしてその中で5番目の段階を青年期と呼んでいます。そして青年期に乗り越えなければならない課題として、アイデンティティという言葉をはじめて創ったのです。

アイデンティティの意味

エリクソンはアイデンティティの定義として、「内的な不変性と連続性を維持する各個人の能力が他者に対する自己の意味の不変性と連続性に合致する経験から生まれた自信」としています。

わけがわからないですよね(^^;
要約すると

・私は他の誰でもないたった1人の自分
・今までの私もこれからの私もずっと私
・私の本当の姿と、相手がイメージする私の姿が一致している

という感覚を意味します。

アイデンティティ拡散とは?

アイデンティティ拡散とはアイデンティティの確立の対立概念として「アイデンティティ拡散」という言葉があります。アイデンティティ拡散とは、アイデンティティ確立と真逆の状態です。すなわち、

・過去の自分を捨てたい
・偽りの自分を演じている
・自分はどこにでもいる人間で存在意義がない

こんな感覚が強い方は、アイデンティティが拡散している可能性が高いと言えます。

アイデンティティクライシスとは

特にアイデンティティが拡散しやすい状態として「アイデンティティ・クライシス」という言葉を使うことおがありいます。アイデンティティ拡散するきっかけとなる出来事を意味します。

例えば、
・転校した時
・好きな人ができた時
・受検などに失敗した時
・就職活動をするとき
などに起こりやすいと言えます。

アイデンティティクライシスにおいては、自分自身の置かれている環境が変化し、これまでのアイデンティティの持ち方ではいられなくなることや、自分の中で今まで意識しなかったことを考えるようになり、自身のこれまでのアイデンティティに疑問を持つなど、自分自身の中で揺らぎが起こるのです。

アイデンティティ拡散による問題

アイデンティティクライシスとは

ここまでアイデンティティの拡散は、アイデンティティクライシスによって起こりやすいことを解説しました。ではアイデンティティを確立できないとどんな問題が起こるのでしょうか?大まかに3点ご紹介します。

①毎日が何となく充実しない
大野(1984)は「充実感」とEriksonのアイデンティティは関連があることを実証しました。アイデンティティを確立している人は「充実感」を持っているという研究結果があります。アイデンティティが確立できている時は「毎日を健康的に主体的に生きている」感覚を得やすくなるのですね。

逆に拡散しているときは「毎日が楽しくない・・」「何となくむなしい・・」といった感覚になりやすくなります。例えば、同じ仕事をしていても、「これが私のやるべき仕事だ!」と考えている場合と、「これは本当は私のやるべき仕事ではない」と感じている場合は、充実感に大きな違いが出てくるでしょう。

いま生活に充実感がない場合は、アイデンティティが拡散している可能性が高いと言えます。

②他者と親密になれない
アイデンティティが確立できない場合は、自分に自信を持つことができず他者との親密な関係から尻込みしてしまうといわれます。それは自分以外の他者と関わると、自分が飲み込まれてしまうような感覚を抱くからです。

谷ら(1997)の研究では、対人恐怖に似た性格傾向である「対人恐怖性心性」とアイデンティティとの関連について大学生279名を対象にした質問紙調査を行っています。そこでは、アイデンティティの確立と対人恐怖傾向が、-.506の負の相関があるという結果が出ています。

簡単に言えば、対人恐怖の傾向がある方は、同時にアイデンティティ確立できていないと言えます。

③ひきこもりにつながることも
アイデンティティの拡散状態が長く続くと「学校や仕事に行きたくない」「社会に出て働きたくない」「誰ともしゃべらずひきこもっていたい」などのかなり大変な状態になることもあります。

アイデンティティの拡散は誰でも起こることですが、病的になってしまうこともあるので、正しく対処する必要があるのです。

 

3つの原因と具体的な解決策

分かりやすいアイデンティティここでは、アイデンティティを持てない原因と解決策について考えていきましょう。アイデンティティを持てない原因と解決策は、大きく分けると3つあります。

全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

 

①自分へのメンタライゼ―ションを行う

自分の事をあまり知らない
アイデンティティの確立には、自分自身の気持ちや価値観を発見しなくてはなりません。皆さんは朝起きて身だしなみを整えるときにはどうしていますか?ほとんどの人が鏡の前に立って身だしなみを整えると思います。鏡をみると自分自身がどんな人間かわかり、対処しやすくなりますね。しかし、私たちは自分の価値観や考え方はなかなか認識できません。

例えば、人と関わりを持ち始めると、何となく「疲れるな・・」「自分がないな・・・」と感じたことはありませんか?実はこれは自分のことをあまり知らないからなのです。

自分自信を見つめなおそう
自分について知らないと、人との関わりの中であなた自身が無理をしてしまいます。そこで大事になってくるのは、あなた自身についてもう1度見つめ直しバランスを戻すことです。「自分がどう思っていたのか?」「どう考えていたか?」と振り返ってみることがとても大切です。

当コラムでは、自分自身の価値観や考え方を洞察する作業「メンタライゼーション」について詳しく解説していきます。自分への関心を高めてる自分へのメンタライゼーションの考え方を取り入れて原因に対処していきましょう。人と関わると疲疲れやすい…と思っている方はコラム②を確認してみてくださいね。

 

② 自分の人生を振り返る

人生のできごとを整理できていない
アイデンティティが持てていない状態とは、あなたの頭の中が「モヤモヤ」している状態人生のできごとを自分なりに整理できていない状態です。モヤモヤを解消してくれる方法として、マスターナラティブと言われるものがあります。

マスターナラティブとは、「モヤモヤ」がなくなっている状態を表す言葉です。自分自身の人生の経験それぞれに対して、自分なりの意味付けができた各個人の物語のことです。このマスターナラティブが持てていると、人生に自分なりの生きがいを見出し、充実感をもつことができます。

人生の体験を整理してみよう
モヤモヤ自分を知っていくプロセスの中で、「モヤモヤ」を整理するという作業がアイデンティティ確立に近づいていくのです。

当コラムでは、ライフチャートを使った整理方法をご紹介します。あなた自身のこれまでの人生の体験を整理していきましょう!人生の出来事が何となく整理できていない…と思う方は、コラム③を確認してみてくださいね。

 

③ 相手へのメンタライゼーションを行う

相手のことをあまり見ていない
アイデンティティというと自分自身のことについて想像する人が多いのではないでしょうか?しかし意外かもしれませんが、相手のことをあまり見ていないことが多いのです。

相手から自分の事を知ろう
アイデンティティの要素には周りとの「関係性」が第1で最も重要です。しかし、私たちはいろんな相手と関わっていくことにより、自分の姿というものが浮かび上がってきます。ということは、相手のことに関心を向けて、相手と積極的に「関係性」を持たない以上は自分のことを知ることができないのです。

さらに言うと、相手のことを知っていくと、「こういう人になりたいなぁ・・」と、私たち自身にとってのモデルとなることがあります。この体験がアイデンティティを作っていくのに大きな助けとなることがあります。

つまり相手へのメンタライゼーションが大切なのです。自分中心で考えてしまっているな…という方は、コラム④を確認してみてくださいね。

 

アイデンティティの確立を目指そう

アイデンティティを確立しようアイデンティティとはどのような事か?アイデンティティの意味とは?などを交えながら、アイデンティティが確立しないことでの問題と原因についてご説明しました。原因は「①自分のことをあまり知らない」「②人生のできごとを自分なりに整理できていない」「③相手のことをあまり見ていない」の3つでしたね。

これからご紹介するアイデンティティを確立する方法を知ることで、アイデンティティを身に付けてくださいね。

1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

コラム② アイデンティティの意味や確立の仕方を解説!ポイントは2つの視点
コラム③ アイデンティティの意味や確立する方法!ライフチャートで人生の整理を
コラム④ アイデンティティの意味や使い方、確立するための方法を分かりやすい解説

次回は、アイデンティティを持てない原因の1つ目「自分のことをあまり知らない」の解決策をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★アイデンティティの意味や要素、持てない事の問題・解決策を知ろう
コミュニケーション講座

*出典・参考文献
・Erikson.E,H(1950) Childhood and Society. Norton
・鑪幹八郎(1990) アイデンティティの心理学 講談社現代新書
・大野久 現代青年の充実感に関する一研究(5)日本教育心理学会総会発表論文集 26(0), 478-479, 1984
・大野久1984 現代青年の充実感に関する一研究 
・谷冬彦(1997)青年期における自我同一性と対人恐怖的心性 教育心理学研究 45,245-262
・一現代青年の心情モデルにっいての検討 教育心理学研究32,100− 109.
・伊藤亮・村瀬聡美・吉住隆弘・村上隆(2008)
・現代青年における“ふれ合い恐怖的心性” と抑うつおよび自我同一性との関連
・パーソナリティ研究 第16 巻第3 号396−405
・杉村和美(2003)関係性の観点から見た女子青年のアイデンティティ探求 : 2年間の縦断研究 名古屋大学博士論文



持てない問題と解決策を知ろう