>
>
ブリーフセラピーの技法,リソースの意味と探し方

ブリーフセラピーの技法!「リソース探し」とは?

みなさんこんにちは。公認心理師の川島です。私はこちらの心理学講座を開催しています。ブリーフセラピーコラム①では、ブリーフセラピーの基礎を解説してきました。今回は「リソース探し」について解説していきます。

コラム1 ブリーフセラピーの基礎
コラム2 技法,リソース探しのコツ
コラム3 技法,ミラクルクエスチョン

リソース,探す

リソースの意味とは

私たちが目標を達成するには、さまざまな資源が必要になります。この時、ブリーフセラピーでは、リソースを重視します。

ソース(source)の語源は「立ち上がる、源を発する」です。つまり、源、源泉、出所という意味になります。リソースの語源は「よみがえる」です。再びを意味する「re」に「source」を加えることで、源にあったものが、再び日の目をみるというニュアンスがあります。

まとめると、「リソース」とは目的に対して、利用できるありとあらゆるものが資源になります。例えば以下のようなものが挙げられます。

能力 技術 成功体験 失敗体験 性格 価値観 サポート 友人 家族 知り合い 資産 お金 情報 健康 モチベーション 

 

リソース探し練習

今回は入門として、

①サポートリソース
②能力リソース
③成功体験リソース

の3つで練習してみましょう。

①サポートリソース探し

1つ目は「サポートリソース探し」です。サポートリソース探しとは、家族、友人、恋人から支援をもらえないかを考えて行きます。

例えば「人前でもっとうまく話すために、どんな人が助けてくれそう?」こんな問題があったとします。みなさんの周りの人は、どんな形で助けてくれそうでしょうか。

姉なら気遣いなく意見をくれる
同僚の鈴木さんは練習に付き合ってくれそう
YOUTUBEを取ってSNSでコメントをもらう

などが挙げられます。リソース探しにおいて周りの人のサポートはなくてはならないものです。是非たくさん探していきましょう。

リソース,サポート

②能力リソース探し

2つ目は「能力リソース探し」です。これはコミュ力、知識、経験、技術、専門性、考える力などについての問いかけです。

例えば、新人が部下として職場に入ってきたとします。この時、関係性を良好にするために、使える能力はどんなものがあるでしょうか?

自分は気遣いがある方だ
笑顔で安心感がある
わからないことはどんどん教えられる
PCに詳しいから助けてあげられる

このようなものが挙げられるでしょう。

 

③成功体験リソース探し

最後3つ目は「成功体験リソース探し」です。これは成功体験を自分のリソースとして活用していく方法です。

例えば、大人になってから資格の勉強をはじめるとしましょう。この時、みなさんは、何をリソースとして思いつきますか? 

高校生の頃に集中して勉強した経験がある
今回よりも小規模だが資格を取得した
6年間野球部で頑張ったその時の忍耐力を活かす

このように、過去の成功体験はこれからのチャレンジにも活かすことができるはずです。

リソース,成功体験

まとめ

繰り返しになりますが、リソースは極めて広い概念です。リソースを発見する視点を育てると、思っている以上に自分は恵まれているということに気がつくことがあります。リソースがたくさんあると、私たちは勇気を持ち、前向きに未来を切り開いていこうという気持ちが増していきます。紹介した技法で、ぜひ自信をつけてください♪

心理学講座のお知らせ

心理療法を公認心理師の元でしっかり学びたい方は、私たちが主催する講座をおすすめします。講座では

・不安な気持ちの改善法
・前向きな気持ちを作るコツ
・認知行動療法
・マインドフルネス療法

などを学習していきます。筆者も講師をしています。皆様のご来場を心からお待ちしています。↓興味がある方は以下の看板をクリック♪↓

コミュニケーション講座,心理療法の学習