>
>
>
ストレスに弱いなら「3つのC」高める

ストレスに弱いなら「3つのC」高める③

コラム②では、プレッシャーやストレスの対処法として「思考の歪みを修正」についてご紹介しました。日々の小さなイライラ「デイリーハッスル」を把握して、捉え方を変えることで心理面を安定させていきましょう。

今回は、ストレスの発散・解消法の2つ目「3つのCを向上させる」を解説します。

ストレスに弱い人・強い人とは?

人にはいろいろなタイプがあり、心理面のストレスについても同様にストレスに弱い人・ストレスに強い人がいます。

例えば

・周囲を見る余裕がない
・自分の状態を把握できない
・心理的ストレスの発散・解消法を知らない

このような項目に当てはまる人は、心理的ストレスに弱いタイプかもしれません。

ではストレスに強い人はどのようなタイプなのでしょうか。また外部からの刺激にたいして、どのように対処しているのでしょうか。

ストレスに弱い人・強い人の特徴を知ろう

ストレスに強い人の特徴に「3つのC」があります。この「3つのC」を知ることで、出来事へ判断・対処・実行への傾向がわかり、ストレスを軽減することができそうです。

3つのCとは?

ストレスに強い人の特徴「3つのC」は次の通りです。

1:コミットメント(Commitment)
2:コントロール(Control)
3:チャレンジ(Challenge)

ストレスが強い人は、この3つのCを持つことでストレスを感じやすい状況も上手くコントロールしています。詳しく見ていきましょう。

1:コミットメント
コミットメントとは、ストレスがある状況とうまく関わることです。ストレスがある環境から逃げるようなことはありません。上手く付き合う中で、環境の価値を見出していきます。ただし価値が見いだせない環境もあるため、離れることを見極めるのもコミットメント力と考えましょう。

2:コントロール
コントロールとは、自分の感情や欲求、行動を上手に操作できる能力のことです。自分の心理面をコントロールできると人間関係でストレスを感じにくくなります。

3:チャレンジ
チャレンジとは、ストレスが強い環境や困難がある状況でも立ち向かう姿勢と楽しむ気持ちがあることです。どんなツラい状況だとしてもチャンスととらえて成長につなげることができます。

3つのCでストレス耐性を高める3つのCはいかがでしたか。ストレスはネガティブな側面に目が行きがちです。しかし、どのような環境においても自分の気持ちをコントロールして積極的にチャレンジしていく前向きさがあれば、ストレスがある状況においても上手に対処していけそうですね。

3つのCを高めよう!

それでは、ストレスに強い人の特徴「3つのC」を向上させる、具体的な方法を見ていきましょう。

関りを持ち続けよう
ストレス環境にあっても、その状況での出来事や人と関りを持ち続けることが大切です。ストレスと上手く付き合う中で、成長や能力・スキルを伸ばすことにもつながるはずです。

自ら考えて行動する
ストレスに対して、自分なりに最善な対策を考えて行動することがとても重要です。自らの考えでストレス状況を解消できたときには、大きな自信となりますよ。

捉え方をポジティブに!
ストレスがある状況に、ポジティブな側面を見つけるようにしてみましょう。ストレスはマイナスの側面ばかりではありません。プラスの側面に目を向けて挑戦していきましょう!

ストレスの発散・解消を3つのCで実践してみよう

ストレスに強い人を特徴を参考に

ストレスに強い人の特の「3つのC」についてご紹介しました。いかがでしたか。

3つのCの中で、自分に合いそうだ!と思うものがあれば、ぜひその方法を実践してみてください。できることから取り組んで、ストレスに強い自分を少しづつ作っていきましょう。

次回は、ストレスの発散・解消法の3つ目「ソーシャルサポートを活用する」についてご紹介します。

★3つのCで ストレスに強い自分を目指そう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。