>
>
>
ストレスと性格

ストレスは性格や考え方が原因?「一次評価」とは③

コラム②では、ストレスが起こる原因「ストレッサー」について解説していきました。自分のストレッサーの種類を考えて対策を練っていきましょう。

今回は、ストレスが発生する仕組みの1つ「一次評価」についてご紹介していきます。

脅威と判断するとストレスに

コラム②のストレス反応の過程で少し解説しましたが、「一次評価」とは、ストレス要因を自分にとって有害かどうかを評価するステップになります。この時、有害である評価した場合に、それ対処できるかどうかを考えていきます

Lazarus, R.S., Folkman, S. (1984)によると、一次評価は、以下の3つ分けられます。

1.無関係
自分に関係があるかないかを評価します。例えば、トランプ大統領が日本に来日したというニュースを聞いて、それを自分と無関係だと認識した場合、ストレスは感じません。

2.無害ー肯定的
自分にとってプラスに働くような場合の評価を意味します。例えば、熱が下がった、仕事がすべて片付いたなど、無害で肯定的と捉えられるような評価がこれに当たります。

3.ストレスフル
冒頭でお伝えした、ストレス要因と遭遇した時に起こる評価です。ストレスフルな評価はさらに以下の3つに分けられます。

1.害ー損失
自分が大切にしている価値観や信念、目標が脅かされた時に起こる評価。
例)プロサッカー選手の夢が、足の骨折でついえた。

2.脅威
これから「害ー損失」が起きると予測される場合の評価。
例)恋人が知らない異性と二人で歩いていた。

3.挑戦
自分にとって成長や利益につながるチャンスと判断した時の評価。
例)過労で入院を余儀なくされたが、
  ゆっくり体を休めるチャンスだと考えた。

害ー損失や脅威と評価すれば、ネガティブな反応になりますが、挑戦だと評価すればプラス反応になります。このように、ストレスをどう捉えるかが、一次評価のステップになります。

ストレスを抱えやすいタイプA

ストレスフルな状況に直面したとき、「害ー損失」「脅威」と評価しやすい性格傾向があります。それは、アメリカの医師のM・フリードマンとR・ローゼンマンが発見した、心臓病疾患を発症しやすい気質にタイプAと呼ばれるものです。

フリードマンとR・ローゼンマンは、1950年後半に心臓病の外来で待合室のイスのシートが異常に早く擦り切れていることに気付きました。そこで待合室の様子の観察をつづけたところ、心臓病患者はわずかな時間を待つことにもイライラした様子で、すぐに立ち上がれるように浅くイスに腰掛けている人が多く、イスの擦り切れはそのためであることがわかりました。

フリードマンとR・ローゼンマンは、この特徴がある人をタイプA(Aggressive)と名付けました。

タイプAの特徴には

・非常に野心的
・他人に対して攻撃的
・常に時間に追われる
・何事も急ぎがち
・警戒心が強い

などがあり、イライラしやすい性格が原因で、タイプAの人はストレスに弱く、他のタイプの人と同じ状況にいてもストレスを強く感じやすいと言われています。

このような状況が続けば心身共に疲れてしまいますよね。

心理学の研究ではストレスへの対処の違いで、心身に与える影響は大きく変わっていくことが明らかになっています。具体的な対処法で、ストレス発散・解消法をしていきましょう。

ストレスは捉え方が大事!

起きた状況に対して、無関係と判断するか、肯定的にみるか、有害なものとして捉えるかによってストレス反応の有無が左右されます。

また、日ごろからイライラしやすい性格の人は、ストレスを抱えやすいので注意が必要です。逆境を「挑戦」だと捉えることができれば、ストレスをエネルギーにして飛躍できるかもしれませんね。

次回は、ストレスの対処方法について考える「二次評価」について解説していきます。

★ 一次評価の種類を考えよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①原因と症状を知ろう-概観
②「ストレッサー」の意味と種類
③考え方が原因「一次評価」とは
④対処行動を考える「二次評価」
⑤対処方法「コーピングスキル」
⑥種類!短期・長期のストレス反応
⑦ストレス診断とチェック!
⑧問題解決型コーピング
⑨情動焦点型コーピング
⑩症状の原因「認知のゆがみ」
⑪ソーシャルサポートを得よう
⑫身体的コーピング
⑬気晴らし型コーピング

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・Lazarus, R.S., Folkman, S. (1984). Stress, appraisal, and coping. Springer Publishing Companey, New York.
・前田 聰:行動パターン評価のための簡易質問法「A型傾向判定表」,特集1,日本におけるタイプAの判定法.タイプA 2(1):33-40,1991.