>
>
>
ストレスに弱い人はコミュニティに所属を

ストレスはソーシャルサポートで発散・解消④

コラム③では、ストレスの発散・解消法をストレスに弱い人・強い人という視点から紹介しました。ストレスに強い人の特徴「3つのC」から、ストレス耐性を高めるポイントを見つけてくださいね。

今回は、ストレスの発散・解消法の3つ目「ソーシャルサポートを活用する」について解説していきます。

ストレス解消!ソーシャルサポートの魅力

ソーシャルサポートとは、コミュニティに所属することで得られる周りの方からの心理的・道具的な援助のことです。

例えば

・上司の言葉に励まされた
・母が抱きしめてくれてホッとした
・先生のアドバイスに救われた
・同級生の挨拶で笑顔になれた

このように、私たちは日常のさまざまな場面でソーシャルサポート受けています。

実はソーシャルサポートは受けることで、心理的な安定が得られることが心理学の研究で分かっています。

ストレス解消に役立つソーシャルサポートの研究を解説

ここで、大坪(2017)が大学生254名を対象に行った「ソーシャルサポートと心理的な関係」について調査をご紹介します。

この調査では、家族、大切な人、友人のサポートを受けやすい方は不安感などの指標においてポジティブな関連があることがわかりました。

それぞれのサポートでの結果を見ていきましょう。

①家族のサポート
家族のサポートを受けやすい人はいずれのネガティブな項目においても、心理的ストレスが少ない傾向がわかりますね。

家族のサポート例からストレス軽減を解説

 

②大切な人のサポート
大切な人からのサポートを受けやすい人も、3つの項目が減少しているのが分かります。特に不安感の軽減は大きいですね。

大切な人のサポート例からストレス軽減を解説

 

③友人のサポート
友人からのサポートでも、3つのネガティブな項目の減少に大きく影響しています。

友人のサポート例からストレス軽減を解説

 

これらのことから、ソーシャルサポートはネガティブ要素の軽減に大きく貢献することが分かりましたね。

ソーシャルサポートはコミュニティに所属することで得られます。安定したソーシャルサポートを得るには、家族だけ、友人だけといった偏りをなくして幅広いコミュニティで交流することが大切です。

コミュニティとは?

コミュニティとは、家族や学校、友人関係、職場をはじめ、団体また町内、地域社会もコミュニティです。そして趣味で集まる仲間やインターネット上の集まりもコミュニティとなります。

安定したソーシャルサポートを受けるには幅広くコミュニティに所属することが大切だとお伝えしましたが、みなさんはいくつコミュニティに所属していますか。

ここで、現在いくつのコミュニティに所属しているかをチェックして、ソーシャルサポートが受けられる状況を確認しましょう。解説もありますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

今回はコミュニティの定義を、以下の2つを満たしている集団としますね。

①3人以上の複数人の集まり
②最低月1回、1時間以上集まる

例えば

・家族
・会社
・飲み友達
・学生時代の友達
・職場のサークル
・趣味の集まり

などです。

質問
いくつのコミュニティに所属していますか?

コミュニティの数は出せましたか。
それでは解説を見ていきましょう!

コミュニティの数からストレス度合いを確認する

結果は、コミュニティの数でチェックしますよ。

解説
5~7個の場合
安心してOKでしょう。十分なコミュニティ数です。ソーシャルサポートも得やすい状況だと思います。
3~4個の場合
注意しましょう!コミュニティ数はやや少ない状況です。健康的な範囲といえますが、もう少し増やせるといいですね。
1~2個の場合
危ないかもしれません!!コミュニティ数が少ない状況です。プレッシャーやストレスでメンタルヘルスに不調が起きやすい状況です。

いくつ所属していましたか。コミュニティには最低3つ所属できると心にゆとりがもてると思います。

1つのコミュニティで失敗があっても、残りの2つが支えになってくれますね。もしコミュニティへの所属が2つ以下の方は、コミュニティを増やす努力をしてみてください!

コミュニティを増やす3つのコツ

ここでは、ソーシャルサポートを安定して得るためにコミュニティの増やし方をご紹介します。

コミュニティの情報はインターネトを使えば容易に知ることができるようになりまいた。しかし、ソーシャルサポートが得られるコミュニティを見つけることは「意外と難しい…」と感じている人も多いのではないでしょうか。

ここでご紹介する3つのコツを元に、ソーシャルサポートが得られるコミュニティを見つけてくださいね。

①コミュニティを選ぶ基準
コミュニティを選ぶときには、共通の趣味や目的を持った人がなるべく頻繁に集まるコミュニティを選びましょう。月に数回や年に数回といったココミュニティでは、人間関係が深まらないためソーシャルサポートを受けることができません。

まずは、自分の興味や関心が高いものを基準にコミュニティを選んでみましょう。

例えば、

猫が好き→ニャンコ同好会
歌が好き→合唱倶楽部

スポーツや楽器、芸術も興味を持つ人が多そうなので、コミュニティを見つけやすそうですね。

②積極的に関わろう
コミュニティに所属したら、参加者と積極的に関わるようにしましょう。ソーシャルサポートを受けるには、会話を通して人間関係を作っていくことが大切です。たわいもない会話でもOKです。まずは声をかけてみましょう。会話に自信がない場合は、会話力を高めておくのもおススメです。

新しい人間関係を築くには最低限の会話力は必要となります。会話力がつくと、人間関係を深めるのがますます楽しくなり、ソーシャルサポートも受けやすくなります。

▼会話力の参考になるトレーニングのリンクを張っておきますね。よかったらチェックしてみてください!

傾聴トレーニング
発話トレーニング
初対面力

ちょっと宣伝になってしまいますが、私たちも講座を開催しています!(お知らせはページ下部)

③まず参加!
新しい人間関係を構築すること、コミュニティに参加することそのものにストレスを感じる場合があるかもしれませんね。

人と関わることで生まれるストレスもあると思います。しかし乗り越えた先には心の安定を支えてくれる、ソーシャルサポートなどたくさんのメリットもあります。まずは参加してみましょう!

3つの方法でコミュニティを増やしてストレスを解消

 

コミュニティの所属でストレス解消

今回はソーシャルサポートを使ったストレス発散・解消法をご紹介しました。

まずは心の安定が図れるコミュニティに3つ所属しましょう。人間関係が築かれる中で、ストレス解消につながるソーシャルサポートを受けられるようになると思います。

次回は、ストレスの発散・解消法の4つ目「自律訓練法で身体をほぐす」について解説していきます。

★ ストレスの発散・解消はソーシャルサポートで!まずはコミュニティに所属を

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。