>
>
>
投影とは?防衛機制・精神分分析

投影とは何か?精神保健福祉士①

はじめまして!精神保健福祉士の 川島です。私は現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。今回は、「投影」をテーマに、投影の原理や投影された時の対策を解説していきます。

*動画解説もあります!YOUTUBEを見れる環境にある方は動画を参考に♪チャンネル登録を頂けると励みになります。

投影とは?

皆さんは投影という言葉を知っていますか。実は、日常生活で投影されていることは多かったりします。

たとえば、
・悪口を言われた時
・レッテル貼りされた時
・決めつけられた時
このような時には、投影されている可能性があります。

投影の意味

投影とは、次のように定義されています。

・心理辞典(2013)
「精神分析理論や心理力動理論において、ある人が自分のもつ肯定的・否定的特徴や感情、衝動を、他人や集団に帰属する過程を指す」

少し難しい定義ですね。要約すると、自分の負の感情を相手に押し付けることを意味します。

投影の基本原理

投影は防衛機制の一つで、自分の悪い面を他人に押し付けてしまう心の働きです。投影の基本原理は、「自分の受け入れがたい感情を、相手が持っていると思うこと」と覚えてくださいね。

よくある投影①
「私は先生が嫌い!」

よくある投影の例

だけど、人にネガティブな感情を抱く自分は醜い…。そこで、先生が嫌いという感情を抑えて、先生が私を嫌っていると思い込む。

投影=「先生が私を嫌だと思う

よくある投影の具体例

よくある投影②
「恋人の太郎くんが浮気をしないか心配・・・」

投影の例

だけど、恋人を疑うなんて酷い…。。。そこで、恋人への不信感を抑えて、太郎くんが私の浮気を心配していると思い込む。

投影=「太郎くんが私に不信感を持っていると思う

投影の具体例

このように、自分の世界観を、根拠なく相手に映してしまうのが投影の基本原理です。

投影のメリット

私たちは、なぜ投影してしまうのでしょうか。

投影には、
「自分の中の負の感情を相手に投げることで、自分自身はきれいでいられると錯覚できる」
という利点があります。

自分にマイナス感情があるという辛い気持ちを、相手に映し出すことでストレスを軽減しているのです。

防衛機制には不向き-デメリット

投影は、負の感情を減らすものの、デメリットが大きいです。そのため、メンタルヘルスを良好に保つ防衛機制としてはおすすめできません。ここで投影によるデメリットを見ていきましょう。

人間関係が悪くなる

理不尽な投影をすることで、相手との関係が悪くなり人間関係でトラブルが発生しやすくなります。

たとえば、軽蔑している気持ちを投影した場合、相手は気持ちよくないですよね。投影は、自分のマイナス感情を相手に映し出すため、人間関係が悪くなってしまう可能性が高いです。

自分の負の感情と向き合えない

投影を繰り返すと、自分の感情コントロールが苦手になりやすいです。

マイナス感情から逃げる経験が増えてしまうと、負の感情と向き合う経験ができなくなってしまいます。辛い感情をコントロールできず、さらに投影を繰り返すことになってしまうのです。

投影同一視

投影をする人は、相手を操作しようとする傾向があります。

投影をした相手が、自分の投影した通りに生きていないとつじつまが合わなくなります。そのため、相手の言動に投影した内容を探してながら、相手を操作してしまうのです。

巻き込まれないコツ

投影をされた時には、どのように対処したらいいのでしょうか。

たとえば、
・〇〇さんて、
 裏の顔があるでしょう
・実は裏で悪口を
 言っているでしょう。

情報が少ないのに、決めつけるような発言がある場合は投影が起きやすいです。

無理に付合わない

投影は、相手の世界観が自分に投影されているだけです。相手の言葉に傷つくことがあるかもしれませんが、気にしないようにしましょう。

たとえば
「軽蔑しているでしょ」と言われた場合。

「そんな風にみえた?軽蔑はしていないけどな~」くらいに捉えると良いでしょう。相手の意見や感情と、無理に付合わないことが投影に巻き込まれないコツです。

投影に巻き込まれないコツ

投影はチャンス?!

精神分析では、投影はチャンスと考えられています。投影されることで、相手の気持ちに気づくことができます。相手の投影に気づいたら、相手のマイナス感情を認め、相手に気づいてもらえるように促すと良いでしょう。

適切な対処をしよう

投影とは何か?について意味と対処法を解説しました。悪口を言われた時やレッテル貼りされた時、にはよく投影が起きます。「これ投影かな?」と思ったら、コラムを参考に、対処してみてくださいね。

そして、心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★悪口・レッテル貼りは投影かも?原理を理解して対処しよう
心理学講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考研究
・ファンデンボス,G.R.(2013)APA 心理学大辞典 P 636