>
>
精神分析入門③カタルシス効果の意味,心理学

精神分析入門③カタルシス効果の意味,心理学

みなさん、こんにちは。公認心理師,精神保健福祉士の川島達史と申します。私は現在、こちらの初学者向け心理学講座で講師をしています。コラム1では精神分析の局所論,構造論を解説しました。今回は「カタルシス効果」について解説していきます。

1.精神分析と局所論,構造論
2.自我防衛機制の基礎
3.カタルシス効果
4.投影の意味とは
5.無意識の発展

カタルシス効果,出典kakecco様

カタルシス効果の意味

意味

カタルシス効果には以下の意味があります。

心の中にため込んだ悩みが何らかのかの形で発散されることで、整理され、心理的に安定すること

私たちは、悩みやストレスを抱えている時は苦しいので、それをどうにか解消しようとします。このとき、様々な手段を使って心を整理し、うまく言ったときはカタルシス効果を得たと表現します。

 

歴史

1880年代の初頭に、ブロイアーという精神科医がいました。その患者の一人に、21歳のアンナ・Oがいました。ブロイアーがアンナの話を聞くと、アンナは水が飲めないという特徴的な悩みがあることがわかりました。

そしてアンナはブロイアーとカウンセリングを重ね、実は「嫌いな家庭教師がコップから犬に水をあげていた」という記憶を思い出します。そしてその記憶を十分語ると、アンナの症状は軽減していったのです。

このアンナ・0の治療過程は、カタルシス効果としてその後の心理療法に大きな影響をもたらしました。

以下、カタルシス効果の歴史の流れを折り畳みで解説をしました。理解を深めたい方は参考にしてみてください。

カタルシスは、哲学、医学、宗教、心理学様々な分野で使われる言葉です。それぞれの分野で少しずつ意味が異なります。

哲学

一番古く使われていたのは紀元前330年頃です。アリストテレスという学者が使っていた言葉で、『詩学』という書物の中で使われていました。詩学とは面白い物語を作るための方法を記したものです。アリストテレスは詩学の中で

観客を引き付けるには悲劇により観客の心に怖れと憐れみを呼び起こし、解決することで精神を浄化することが重要

と記され、以降からカタルシスとして使われるようになりました。現代においても映画、演劇、小説などで使われてる手法ですね。

医療

紀元前330年~6年頃:「カタルシス」は医学用語として転用されていきました。医学用語としての「カタルシス」は、患者に薬剤を使って吐かせたり、患者に下痢を起こさせたりする治療行為を指していました。

宗教

紀元前6年~5年頃:オルペウス教などの宗教界で、「魂の浄化」を意味する用語となったと言われています。語源的には「体内の有害物質を瀉出(しゃしゅつ)すること」または「宗教的な浄め」を指すとされています。

心理

ブロイアーとカタルシス
1880年~1882年:精神科医のブロイアー(Breuer,J.)は、アンナ・O嬢のヒステリー症状の治療をしていました。その治療の中で、アンナはうっ積した感情を表現し、その結果ヒステリー症状が改善したのです。この現象をブロイアーはカタルシス効果と呼んだとされています。

ブロイアー,カタルシス効果

フロイトとカタルシス
1880年~1894年:ブロイアーによって発見されたカタルシス効果を発展させたのが、精神科医のジークムント・フロイトです。フロイトは、催眠下でのカウンセリングを行っていました。

催眠状態になると、過去の心の傷を語る患者が多く、催眠時のカタルシスで症状が治癒するのではという着想を得たのです。

*講師の視点 
カタルシス効果はカウンセリングの場面でとても重要です。お悩みを相談されるクライアントさんは皆さんよく泣かれます。しかし、その涙と共に悩みは整理され、前向きな気持ちが出てくるのです。そういった姿を見ると、カタルシス効果は本当にあるのだな…と感じます。

 

健康的なカタルシス

カタルシスはさらに、健康的なもの、不健康なものがあります。健康的なカタルシスとは、悩みやストレスを無害な形で発散させようとすることを意味します。例えば

好きな異性に告白をした
悩みを誰かに話してすっきりした
スポーツをして発散する
普段真面目な人が休日はコスプレ

このようなやり方になります。

不健康的なカタルシス

カタルシスは、攻撃性などでも発揮されることがあります。例えば

SNSで暴言を吐く
喧嘩をする
他人を陥れる
虐待をする

などが挙げられます。ニュースでは通り魔事件が報道されることがありますが、犯罪者は大概鬱積した感情を持っています。そしてもはやその鬱積した感情に耐えられなくなり、攻撃性に変えて心を整理しようとしてしまうのです。

悩みやストレスは、同じ解消の仕方でも方向性が随分変わってきます。健康的なカタルシスを得られるように意識する必要があります。

 

カタルシス効果とカウンセリング

 

カタルシスの研究と活かし方

ここからは、カタルシスの研究事例を参考に日常生活での活かし方を紹介していきます。

①悩みを吐き出す
②芸術鑑賞をする
③よく笑う   
④空想にふける 
⑤スポーツを観戦する
⑥声に出して本を読む

①悩みを吐き出す

私たちは抱えている悩みを誰かに聞いてもらって、充分語りつくし、辛かったことや、嫌だったできごとを聞いてもらうと、悩みがスッキリしていきます。一人で悩みを抱え込まず、誰かに相談する機会を持つようにしましょう。

井上ら(2019)は、幼稚園の実習を終えた大学生50人に対して、実習のストレスはどのようなストレスコーピングをしているかの検討をしています。その結果、ストレス対処のコーピングで話を聴いてもらうことによるカタルシスの得点が高いという結果になっています。

同級生に実習の状況を聞きあい、共感しあうことでカタルシスが得られ、ストレスに対処できたとしています。

 

②芸術鑑賞をする

カタルシスは”浄化”という意味であるように、心のモヤモヤを浄化する効果があります。橋場ら(2018)では、就労移行支援事業所の退所者に対してフォーカシングという心理療法とアートを融合したプログラムを実施しています。絵画やコラージュなどのアート表現を通して、カタルシスが得られたとされています。

そのカタルシスが得られた人の中には、「書いたことで楽になった」「すっきりした」などの発言があったとしています。カタルシスには、心が軽くなったりすっきりするなど、心のモヤモヤを解消してくれるような作用があります。

③よく笑う

感情を表出することは、カタルシスにつながります。感情の表出には、笑うこと、泣くこと、怒ることなどが挙げられますが、特に”笑い”についてはカタルシスの効果があるとされています。

森下(2002)では、笑いの効果について、生理的効果、心理的効果、社会的効果について挙げており、そのうち、心理的効果としてカタルシスを挙げています。笑いには心の緊張がとけて、カタルシスが得られる効果があります。

④空想にふける

2つ目に、フェッシュバックの古典的研究(1955)を紹介します。この研究では、大学生を対象に「侮辱のみ群」「侮辱+空想群」に分けてカタルシスの効果を測定しました。少し難しい研究なので、簡単にして解説します。

「侮辱のみ群」
実験者から侮辱的な態度を取られたあと攻撃性を測定しました。

「侮辱+空想群」
実験者から侮辱的な態度を取られたあと「絵を見せられ物語を空想」してもらいました。その後、攻撃性を測定しました。

その結果、「侮辱+空想群」のほうが攻撃性が低いという結果になりました。つまり、自由に物語を書くという代理的行為によってストレスが解消され、「カタルシス仮説」の影響が見られたというわけです。

イライラした時は、芸術鑑賞をしたり、漫画を読んだり、自然の中で気を休めることも時に必要になりそうです。

 

⑤声に出して本を読む

藤野(2012)は、大学生・大学院生43名を対象に、朗読前、朗読後の気分の変化を比較しています。その結果を以下に示します。

上記のように、朗読には、怒りやネガティブ感情が下がる、緊張や不安が和らぐ効果があることが分かりました。

朗読を用いたカタルシス効果は、精神障害にも応用されているといいます。特に、不登校、睡眠障害、摂食障害などの事例に効果を挙げているとの報告もあります。

私たちは日常生活の中で、気持ちが不安定になってしまうことも多々あります。そんな時は、身近なちょっとした時間を使って朗読をしましょう。自分の好きな本や興味のある本、詩などの比較的短く読みやすいものを読むと、心が落ち着くかもしれません。

⑥スポーツ観戦をする

松浦(2015)は、大学生100名を対象に、4つのスポーツ場面とカタルシスが測定されました。具体的には

サッカー
 盛り上がり条件
 静か条件
テニス
 盛り上がり条件
 静か条件

この4つの場面ごとにカタルシスの感じやすさを想像し、回答してもらっています。得られたデータの分析を行った結果は、以下の表(一部改変しています)になりました。まずは、サッカーから見ていきましょう。

観客が盛り上がっている方が、カタルシス効果が多く得られていることが分かります。静かに集中して観戦するよりも、熱を持ってみたが方が感情が発散されるのですね。次にテニスを見ていきましょう。

感情を発散しよう

テニスも同様に観客が盛り上がっているグラフが伸びていますね。サッカーとテニスで比べた場合、2つとも大きな差はないですね。つまり、競技の内容よりも「盛り上がっているからどうか」の方がカタルシス効果に影響していると言えそうです。

皆で同じ方向に感情を向けるととっても気持ちがい良いでしょね。お気に入りのチームを見つけて思いっきり応援するといいかもしれませんね。

その他、アイドルなどのファンになり、コンサートで合唱するとストレスが発散されるという研究もあります。今はネットが発達していますが、現地に出かけて一体感を味わうのも心の健康によさそうです。

 

まとめ

抑圧された悩みを外に出すことは、精神を安定させたり、ポジティブな感情を増やしてくれます。悩みを打ち明ける機会がない…感情的になることがない…という方は、相談相手を作ったり、芸術鑑賞に出かけるのも良いでしょう。より心の深い部分にある感情に触れることで、カタルシス効果が得られやすくなります。

 

心理学講座のお知らせ

心理療法を公認心理師の元でしっかり学びたい方は、私たちが主催する講座をおすすめします。講座では

・精神分析,防衛機制とは
・認知行動療法
・マインドフルネス療法
・マインドフルネス心理療法

などを学習していきます。筆者も講師をしています。皆様のご来場を心からお待ちしています。↓興味がある方は以下の看板をクリック♪↓

心理学講座

*出典・参考文献
Feshback,S. 1955 The drive-reducing function of fantasy behavior. Journal of Abnormal and Social Psychology. 50, 3-11藤野 雄教・桂川 泰典・菅野 純 2012 朗読によるカタルシス効果 日本教育心理学会総会発表論文集 第54回総会発表論文集 649.
中島 義明 子安 増生 繁桝 算男 箱田 裕司 安藤 清志 (1999)心理学辞典 有斐閣
飯久保 百合子 2005 朗読による心理療法的効果の可能性 山梨英和大学心理臨床センター紀要 ([1]), 14-26.
松浦 元貴 2015 スポーツ観戦によるカタルシス効果 高知工科大学 1-7.
寺田 治史 コミュニケーション能力を育てる粘土対話法 : 学級カウンセリングの技法開発III 日本教育心理学会総会発表論文集 第48回総会発表論文集 68.