>
>
アサーティブコミュニケーションを学校で練習,教師向け「断り方練習法」

アサーティブコミュニケーションを学校で練習,教師向け

みなさん、こんにちは。公認心理師,精神保健福祉士の川島達史と申します。私は現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座で講師をしています。

コラム1ではアサーションの歴史や技術の概要を解説しました。今回はコラム⑤として、教師向けに「断りワーク子ども編」を紹介します。

コラム1 アサーティブの基礎
コラム2 段階的主張‐DESC法
コラム3 感謝とセットで断る法
コラム4 価値観ワーク,学校や職場編
コラム5 断り方ワーク,こども編
コラム6 断り方ワーク,大人編

なお、前提としてここまでに紹介した「アサーションの5つの哲学」「アイメッセージ」「感謝+断り法」を使って実施します。読み進める前にそれそれの技法を簡単に振り返っておきましょう。

アサーションの5つの哲学
アイメッセージ
断り方,感謝とセット法

 

断りワークを実践してみよう!

断りワークは以下の8つのステップで行います。

①教材作り

まずはコラム①で挙げた、

・アサーションの5つの哲学
・アイメッセージ法
・感謝をしながら断る方法

を盛り込んだ基本的な教材を作成しましょう。A4サイズで、1~2枚ぐらいのシンプルなものが良いでしょう。教材には以下のように、2つのスキルを簡潔に記入しておきます。

*アイメッセージとは
アイメッセージは自分を主語にして主張する方法です

*具体例
⇒相手の要求
ねえねえ100円貸してよ!
⇒アイメッセージ
う~ん…困るなあ…
え…不安だな…
100円かあ…今お金なくて…

*感謝+断る法とは
まずは感謝を伝えてから断る方法です

*具体例
⇒相手の要求
ねえねえ今日学校おわったら遊ぼうよ
⇒アイメッセージ
ありがとう、誘ってもらえて嬉しい。わたし(ぼく)は、今日習い事があっていけないんだ。すごく行きたいんだけど、ごめん。また今度遊ぼう。

当サイトでも教材を作成しておきました。以下にダウンロードできるようにしてありますので、自由に加工してお使いください♪

サンプル教材:断り方ワーク

 

②やり方の説明,お手本

ワークの前に先生から簡潔に解説をしましょう。アサーションの基本的な理念や断り方の具体例をよみあげます。さらに先生がお手本を見せておくと効果的です。

ワークとしては、アイメッセージ、感謝+断る方の2つを練習しますが、同時に練習するとパニックになりやすいです。まずはアイメッセージの練習をしましょう!と宣言しておきましょう。

③役割決め

次に実際のワークの準備をしていきます。

①4人グループに分ける
まずはクラスの児童を4人グループに分けましょう。

②役割決め
断り役1人と、お誘い役を3人を決めます。わかりやすく、じゃんけんでなどで決めましょう。

断りワーク

④事例を読み上げる

次に以下の事例を児童に向かって読み上げていきましょう。

ある日、お誘い役の3人から「今日いっしょに遊ばない?」と誘われました。断り役の人は、学校が終わった後に習いごとあり、お断りしなくてはなりません。アイメッセージで断りましょう。

 

⑤アクションスタート

断り役の人に、お誘い役の3人が事例の通り「今日いっしょに遊ばない?」とお誘いをします。そして、断り役の人が、「アイメッセージ」で断っていきます。教室の呼びかけの例としては以下を参考にしてみてください。

それでは、お誘い役の3人は誘ってみてください。断り役の人は、わたし・ぼくを主語にして、ありがとうを伝えてから断りましょう。

アサーティブ 子ども

お互い評価をする

アクションが終わったら、評価をしていきます。

・うまく断ることができたか
・やさしい言い方で断ることができたか
・お互い嫌な気持ちにならなかったか

これらをチームごとにチェックするように促しましょう。

⑦役割を変えて繰り替えし

1人ずつ断り役をチェンジして、すべての人が練習できるようにします。断るのが苦手な子供は、得意な人のまねをするように伝えましょう。アイメッセージの練習が終わったら、次に感謝+断る法を同じ流れで進めていきます。

⑧感想タイム

最後にチームごとに全体の感想を話してもらいます。普段断れないことがあるか?嫌なことをされた時に我慢をしていないか?など話す時間をゆったり取ります。

ワーク後は警戒心が取れて最も本音が出やすい部分です。特に議論が盛り上がっている時はすぐに終わらせず、温かく見守るようにしましょう。

 

まとめとお知らせ

まとめ

近年、学校教育でアサーションを取り入れることが増えてきました。アサーションのトレーニングをすると、人間関係のストレスが減るため、いじめの防止、不登校の防止、社会的スキルの向上につなげることができます。道徳や生活の時間で授業に取り入れることも効果的です。是非参考にしてみてください。

お知らせ

私たちは実際に心理学を学べる講座を開催しています。

・心理療法をもっと勉強したい!
・アサーションを専門家から学びたい
・自己主張ができるようになりたい
・人間関係を充実させたい

という方は下記の看板をクリックしてみてください♪ぜひお待ちしています。

コミュニケーション講座,心理療法の学習