感謝の気持ちの意味とは?

意味

心理学者のTsang(2006)は以下のように定義しています。

人の善意によって自分が助けられていると感じることで起こる肯定的な感情

私たちは1人では生きていけません。日々誰かの助けによって生きています。その助けを認識した時に、私たちは感謝の気持ちを持つことになります。

 

21世紀と感謝

感謝の気持ちについて、20世紀においては比較的軽視されてきました。なぜなら20世紀は不安や抑うつという感情に関する研究が多かったからです。

21世紀になるとセリグマンという心理学者が、ポジティブ心理学を提唱し、人間の肯定的な感情の研究が盛んになりました。

感謝の気持ちもここ20年で様々な論文が発表され、人間の心理にポジティブな影響があることがわかってきました。

 

効果研究

感謝の気持ちには様々な効果があります。筆者の川島は感謝に関する論文を複数読みましたが、ほぼすべての論文で肯定的な結果になっていました。

職場の人間関係が良くなる

山・降矢ら他(2008)は北海道の病院にて”笑顔“と”感謝の気持ち“の研究を行いました。

具体的には看護師さんに1ヵ月間、「笑顔で『ありがとう』を言葉にすること」を実施してもらい、どのような心理的な効果が出るかを検証したのです。その結果以下の図のようになりました。

 

いかがでしょうか。

・同僚への信頼感が向上
・仕事のやりがいが向上
・「ありがとう」が習慣化した

などの項目が、1ヵ月後にアップしていることがわかります。(上図参照)。感謝の気持ちを持つと、職場の人間関係を向上させ、お互いの仕事のやりがいを向上させることができるのです。

夫婦円満になる

Allen W. Barton(2015)ら米国ジョージア大学の研究チームは、468組の夫婦を対象に感謝の表現が結婚関係にどのような影響を与えるかということを調べました。

以下は、女性の離婚のしやすさに影響する結果です。

感謝の気持ち 高める

図のように、夫婦間で、感謝表現が低いと離婚のしやすくなることがわかります。今回の図は女性の統計となりますが、男性でも同じような結果になっています。

日常的に感謝する気持ちが夫婦関係の質を高め、相手にその気持ちを積極的に伝えることが良好な夫婦関係の継続につながるといえます。

幸福度を高める

花井・宮本(2014)は大学生38名を対象にして感謝と幸福感の関連を調べました。

主観的幸福感とは、自身の感情状態に加えて、家族・仕事など人生全般に対する満足を含む、広範な概念のことです。

この研究では、大学生を感謝群と印象群の2つに分けて実験が行われました。

感謝群には
「感謝したことを1つ思い出してください」

印象群には
「一番印象に残ったことを1つ思い出してください」

と促したところ、次のような結果になりました。

感謝群と印象群の主観的幸福度の変化の図

感謝群
主観的幸福感は大幅に高まる
印象群
主観的幸福感はほぼ変わらない

つまり、印象に残ったことを思い出すだけでは、主観的幸福感が高まらないということです。このように、感謝と幸福感は密接に結びついています。

幸福感を高めるためには、感謝する機会を持つことが重要だと言えます。

お知らせ

当コラムは公認心理師、精神保健福祉士により作成されています。もっと心理学や人間関係を学習したい方は下記のコミュニケーション講座でぜひお待ちしています。

コミュニケーション講座

監修

・川島達史
・公認心理師,精神保健福祉士
・目白大学大学院心理学研究科卒
Youtubeチャンネル

*出典
・北村瑞穂 (2012) ,「親切と感謝の行動が幸福感に及ぼす影響」,四条畷学園短期大学紀要,45, p30-38.
・奥山麻也・降矢奈保子・吉田絵美・菅原かなえ・沓澤佳代子・金谷春美 (2008) ,「笑顔の導入と「ありがとう」を言葉にすることで人間関係が向上するかの検討」,北海道社会保険病院,7,p14-17.
・Barton, A. W., Futris, T. G., & Nielsen, R. B. (2015). Linking financial distress to marital quality: The intermediary roles of demand/withdraw and spousal gratitude expressions. Personal Relationships22(3), 536-549.
・花井菜月・宮本正一 2014  感謝が主観的幸福感に及ぼす影響 東海心理学会第63回発表論文集

Tsang (2006) Gratitude and prosocial behavior  Cognition and Emotion, 20, 138-148.