コーチングの意味

皆さんこんにちは。コミュニケーション講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回は「コーチング」について解説していきます。

コーチング,ティーチング

目次は以下の通りです。

①コーチングとは
②ティーチングとは
③それぞれのメリット・デメリット

是非最後までご一読ください。

コーチングとは

コーチングの定義

コーチングとは以下のような意味があります。

対話で相手の自己表現や目標達成を促すコミュニケーション手法

1対1の対話で、自立性・能力向上・成長促進の3つを促すことで、メンバー自らが問題解決思考になるようステップアップを図ります。

コーチングが用いられる場面

コーチングは「何かに挑戦したい」「結果を出したい」という気持ちがある人に効果的です。コーチとの1対1によるコミュニケーションによりクライアントは囚われていた価値観に気づき、視野を広げることができるようになります。その結果、自分の内に秘めた能力や可能性を信じてモチベーションを高めることができます。

ティーチングとは

ティーチングとは

ティーチングとは以下のような意味があります。

指示やアドバイスによって相手に答えを与え、その通りしてもらうコミュニケーション手法

方法を具体的に教えることで、集団のやり方やルールを覚えてもらうことができます。また、答えを教えることで、クライアントに新たな気づきが生まれ、アイディアを発展させることにもつながります。

ティーチングが用いられる場面

ティーチングは、基礎知識や技術を教える時に効果的です。ただ、上司が持っている知識やスキルやノウハウを伝えるだけでは、自分を超える人材に育てることは難しいです。また、ティーチングは一方的なコミュニケーションを作りがちで、クライアントは次第に受け身(指示待ち)になり、模範解答を欲しがるようになります。

それぞれのメリット・デメリット

コーチングとティーチングのメリットとデメリットは以下の通りです。

コーチング,ティーチングのメリットデメリット

コーチングは個人に合わせたリーダシップが取れることが特徴ですね。ただ、お互いの相性が悪かったり、コーチがうまく話を聞けないと効果が薄くなります。

ティーチングは、一度に大人数の部下に対して教育できるので効率がいいです。ただ、その反面、個人の能力に気づけないなどの問題点があります。

関連コラム

コミュニケーション講座のお知らせ

公認心理師のもとで心理学や人間関係のあり方を学びたい方は、コミュニケーション講座をおすすめします。講座では

・人間関係の心理学の学習
・ビジネス心理学の学習
・心理療法の学習

などたくさん学ぶことができます。楽しい講座の雰囲気を大事にしています(^^)興味がある方は下記のお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています!

コミュニケーション講座

監修

・川島達史
・公認心理師,精神保健福祉士
・目白大学大学院心理学研究科卒
Youtubeチャンネル