社会的手抜きの意味

皆さんこんにちは。コミュニケーション講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回は「社会的手抜き」について解説していきます。

社会的手抜き

目次は以下の通りです。

①社会的手抜きとは
②社会的手抜きの研究
③原因

是非最後までご一読ください。

社会的手抜きとは

意味

Latané, B.ら(1979)は社会的手抜きを以下のように定義しています。

集団課題状況で他者と同じ作業に関わっていると意識する場面で、一人当たりの努力量が低下する現象

平たく言えば、集団になるほど、メンバー一人一人がサボりやすくなるという現象です。別名リンゲルマン効果、フリーライダー(ただ乗り)、社会的怠惰ともいわれます。

具体例
・集団の会議で意見を言わなくなる
・綱引きで一人一人の力が弱くなる
・集団のダンスで自分だけ間違えてもバレないと思う

 

提唱者

社会的手抜きは農学者のマクシミリアン・リンゲルマンによって提唱されました。現在でも煙の測定に使用されているリンゲルマンスケールの開発者でもあります。

1882年から1887年にかけてグランジュアンの農業学校で、社会的手抜きの研究を実施し、1913年に結果を発表しました。社会的手抜きの発見によって、社会心理学発展の第一歩に大きく貢献しました。

 

社会的手抜きの研究

Ringelmann(1913)は、個人と集団どれだけ作業のパフォーマンスに差が出るかを調査しました。研究では、大学生102名を1~6人のグループに分けて比較しました。

参加者たちが行った作業は以下の通りです。

・綱引き
・荷車を引く
・石臼を回す

その結果、以下のようになりました。

リーダーシップと社会的手抜き

このように、2人の時がもっともメンバーの力の量が多く、人数が増えるほど力の量が下がっていることが分かります。集団になればなるほど、一人一人がサボりやすくなってしまうのです。

 

原因

Ringelmann(1913)によると、さまざまな対人関係のプロセスがチーム全体の習熟度を損なうため、潜在能力を十分に発揮できなくなります。グループの生産性低下の潜在的な原因として、以下の2つのプロセスが挙げられています。

1.動機づけがなされない
・自分の努力が正当に評価されない
・努力しなくても周りと同じ報酬が得られる

2.メンバー同士の調整が難しい
・サボっている人を見て努力が馬鹿馬鹿しくなる
・自分だけ成功することで周囲から孤立する

釘原(2013)2つの原因が生産性に及ぼす影響を調べました。

その結果が以下の図です。

社会的手抜き 原因

上記の図では、1人で作業をした時の生産性の高さ100としています。一般的に考えれば、6人で作業をすれば600の生産性になるはずですが、2つの原因によって、200よりもやや低くなってしまっています。

 

関連コラム

コミュニケーション講座のお知らせ

公認心理師のもとで心理学や人間関係のあり方を学びたい方は、コミュニケーション講座をおすすめします。講座では

・人間関係の心理学の学習
・ビジネス心理学の学習
・心理療法の学習

などたくさん学ぶことができます。楽しい講座の雰囲気を大事にしています(^^)興味がある方は下記のお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています!

コミュニケーション講座

監修

・川島達史
・公認心理師,精神保健福祉士
・目白大学大学院心理学研究科卒
Youtubeチャンネル

Ringelmann, M. (1913) “Recherches sur les moteurs animés: Travail de l’homme” [Research on animate sources of power: The work of man], Annales de l’Institut National Agronomique, 2nd series, vol. 12, pages 1-40. Available on-line (in French) at:

Latané, B., Williams, K., & Harkins, S. (1979). Many hands make light the work: The causes and consequences of social loafing. Journal of Personality and Social Psychology, 37(6), 822–832.

釘原(2013)人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜きの心理学」中公新書2238