イドの意味

皆さんこんにちは。コミュニケーション講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回は「イド」について解説していきます。

目次は以下の通りです。

①イドとは何か
②イドの語源
③イドの性質
④提唱者

是非最後までご一読ください。

イドとは何か

心的エネルギーの源泉。

イドは精神分析の概念の一つです。エス(Es)とも呼ばれます。本能的な欲動を備えており、その欲動のまま行動する働きをするのがイドです。

精神分析では「イド」「超自我」「自我」の3つ機能を合わせて、心的構造論と呼ばれています。

この心的構造論は氷山の氷に例えられることが多いです。

この中でイドは無意識的なもので、欲求の塊として捉えられています。

超自我

道徳的な規律の役割を果たし、欲動を監視する働きをします。

自我

イドを抑制して、現実社会へ適応するように調整する働きをします。

⇒自我の詳しい解説はこちら

イドの語源

イドはラテン語からきています。もともとの由来は、三人称の代名詞として使われていた言葉です。英語で言うと、「it」に当たる言葉です。

この三人称の代名詞には「行動を起こさせるもの」という意味が含まれています。

イドの性質

快を求める

イドは快感原則によって支配されています。快感原則とは不快を避けて快を求める特徴があります。

衝動的な行動

規範意識を無視して衝動的な行動に向かいます

非論理的

論理性に欠けて非現実的な行動に向かいます

提唱者

イドを提唱したのは、ジークムント・フロイトです。

フロイトはウィーンの精神科医で、精神分析を開発した人で有名です。フロイトの精神分析は心理学以外にも、文学、文化人類学、哲学、芸術など様々な分野にも大きな影響を及ぼしています。

その他にも、コンプレックスについての着想を得たり、自由連想法と呼ばれる無意識を探索する技法を開発した人物です。

フロイトは当初、ヒステリーの治療や研究を進めていました。その中で”無意識”の概念も生まれていきました。

さらに、無意識についての研究を重ねて、「イド」「超自我」「自我」の3つの組織で心の構造を仮定する構造論を提唱しました。

関連コラム

講座のお知らせ

公認心理師の元で、もっと心理学や人間関係の学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・人間関係の心理学
・心理療法の学習
・ストレスコーピング理論
・傾聴スキル,共感スキルの習得

などたくさん学習していきます。筆者も講師をしています。皆さまのご来場をお待ちしています。↓興味がある方は下記のお知らせをクリック♪↓

コミュニケーション能力,教室

 

ダイコミュ用語集監修

・川島達史
・公認心理師,精神保健福祉士
・目白大学大学院心理学研究科卒
・NHK 天才テレビ君出演
・マイナビ出版 嫌われる覚悟
Youtubeチャンネル

・出典、引用文献

フロイト画像wikipedia

構造論のwikipedia

中島義明,子安増生,繁桝算男,箱田裕司,安藤清志(1999)心理学辞典 有斐閣

恩田彰,伊藤 隆二(1999) 臨床心理学辞典 八千代出版