自意識過剰の意味

皆さんこんにちは。コミュニケーション講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回は「自意識過剰」について解説していきます。

自意識過剰

目次は以下の通りです。

①自意識過剰とは何か
②提唱者
③自意識過剰の原因
④自意識過剰の研究

是非最後までご一読ください。

自意識過剰とは何か

自分が人からどう見られているかという意識が必要以上に強いこと

例えば
・他人が自分のことをどう思ているか気になる
・人に良い印象を与えようと自分の言動を気にしている
・自分の容姿を常に気にしている

などが挙げられます。

提唱者

自己意識を最初に提唱したのはミード(George Herbert Mead)という心理学者です。ミードはアメリカの社会心理学者で、社会的行動主義を提唱しました。

社会的行動主義とは、コミュニケーションを中心として、人の行動は社会的なものから出発しているという考え方です。つまり、個人の経験もそれを取り巻く社会なしには考えられないということです。

自分の属する社会との関係を重視したことから、「自分自身を他者の視点から見る」という観点が重視されました。その中から自己意識という概念が生まれています。

その後、フェニングスタイン(Fenigstein)らによって、自己意識尺度が開発され、自意識過剰の測定などに役立っています。

 

自意識過剰の原因

自己意識は2つの種類があります。

公的自己意識

公的自己意識とは、他者との関わりで自分が他者からどう見られているかに意識を向けることを言います。例えば、「うまく話せないと恥をかく」と感じている状態は公的自己意識が強い状態です。

私的自己意識

私的自己意識とは、自分の内面に注意を向けることを指します。例えば、スピーチをするときに「面白い話があるからきいてもらおう!」と考えている場合は私的自己意識が強い状態です。

自意識過剰の研究

自意過剰については様々な研究があります。

対人不安との関係

Fenigsteinら(1975)の自己意識尺度の中には、公的自己意識、私的自己意識、対人不安の3つの因子が含まれています。

つまり、自意識過剰には対人不安の要素も含まれているということです。自分に注意が向きすぎると、人と話すときに緊張したり、不安を感じる傾向にあるということです。

羞恥心との関係

有光(2001)は羞恥心と公的自己意識の関係を調べています。

その結果、羞恥心と公的自己意識には相関関係にあるという結果が出ています。恥を感じやすい人は他者から非難されることを恐れるため、他者の視線を意識しやすい公的自己意識と関係が深いと考察されています。

関連コラム

講座のお知らせ

公認心理師の元で、もっと心理学や人間関係の学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・人間関係の心理学
・心理療法の学習
・ストレスコーピング理論
・傾聴スキル,共感スキルの習得

などたくさん学習していきます。筆者も講師をしています。皆さまのご来場をお待ちしています。↓興味がある方は下記のお知らせをクリック♪↓

コミュニケーション能力,教室

 

ダイコミュ用語集監修

・川島達史
・公認心理師,精神保健福祉士
・目白大学大学院心理学研究科卒
・NHK 天才テレビ君出演
・マイナビ出版 嫌われる覚悟
Youtubeチャンネル

【出典,引用文献】

Fenigstein, A., Scheier, M. F., & Buss, A.H., 1975, Public and private self consciousness : assessment and
theory, Journal of Consulting and Clinical Psychology, 43, 522-527

有光興記(2001)罪悪感,羞恥心と性格特性の関係 性格心理学研究 第9巻 第2号71−86

中島義明,子安増生,繁桝算男,箱田裕司,安藤清志(1999)心理学辞典 有斐閣

恩田彰,伊藤 隆二(1999) 臨床心理学辞典 八千代出版

金子智昭(2018) 自己意識の類型化とアイデンティティ形成の関連:青年期の自己否定性に注目して 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 No85,p57-68