嫉妬の意味

皆さんこんにちは。コミュニケーション講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回は「嫉妬」について解説していきます。

嫉妬の意味,阿部モノ様作成

目次は以下の通りです。

①嫉妬の意味とは
②嫉妬しやすい人の特徴
③嫉妬後の行動の種類
④関連事件
⑤関連コラム

是非最後までご一読ください。

①嫉妬の意味とは

意味

嫉妬とは以下のように定義されています。

今、保持している価値ある関係が、誰かに奪われてしまうのでは、という自己防衛的な恐れ
(White & Mullen,1989)

自分が享受し、以降も保持し続けたいと望んでいる財貨(財産,地位,業績,愛など)が、他者に転ずるかもしれないという疑念
(中里,1992)

このように嫉妬とは、私たちが持っている何らかの価値を他人に奪われる危険があるときにおこる感情と解釈できそうです。

嫉妬の種類

神野(2016)は嫉妬には以下の4つの種類があると主張しています。

猜疑的嫉妬
実在・空想を問わず第三者が恋人を奪おうとしているという猜疑心の強さを意味します。

排他的嫉妬

恋愛のライバルなど、自分が大事にしている相手を排除したいと感じる嫉妬です。

行動的嫉妬

嫉妬を実際に行動に移すことを意味します。スマフォをチェックしたり、SNSでリサーチをしたり、相手の行動を制限したりします。

衝動的嫉妬
衝動的に爆発する嫉妬です。カッとなって怒るなど、感情が爆発する嫉妬です。

 

②嫉妬しやすい人の特徴

嫉妬しやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

賞賛欲求の強さと関連

神野(2014)は恋愛経験のある大学生160名対象に嫉妬について調査を行いました。その結果の一部が下図となります。

嫉妬しない方法とは

上図は賞賛欲求が強いほど、衝動的、行動的嫉妬を覚えやすいことを意味しています。

 

自己愛が強い

神野(2014)は自己愛と嫉妬の関係についても調査しました。その結果の一部が下図となります。

妬みをなくそう

上図は、自己愛性抑うつが強いほど、衝動的、行動的嫉妬を覚えやすいことを意味しています。自己愛性抑うつとは、自分への愛情が揺らいだ時に起こる不安な気持ちを意味します。

 

女性の方が嫉妬しやすい

和田(2015)は、大学生186名に、「恋愛嫉妬時の情動とコミュニケーション反応」について、調査を行いました。その結果の一部が、下図となります。

上図のように、男性より女性の方が嫉妬をした際の怒りや不安がが強い傾向にあることがわかりました。

 

③嫉妬後の行動の種類

嫉妬後の行動の種類

和田(2015)の研究によると、嫉妬後の行動の取り方は以下の4つになります。

否認・回避
「嫉妬をしていない」と自分の感情を認めない、平気なふりをして見せます。嫉妬している自分を恥ずかしいと考え、感情を抑制しようとします。

相手の反応確認
嫉妬があったとしても、感情的に怒るわけではなく、不安そうに振舞ったり、傷ついたように見せます。

所有の表示
自分の恋人であることを、周囲の人に紹介して見せようとします。自分の存在をアピールし、相手の行動の抑制を促します。

非難・けんか
恋人に感情を直接ぶつけようとします。話題を何度も持ち出して責めたり、恋人を非難します。

 

文化差

和田はこれらの嫉妬行動のいずれが多いかを調査しました。その結果が、以下のグラフになります。

嫉妬を和らげよう

このように、男女とも嫉妬をすると「相手の反応確認」をよく用いることがわかりました。さらに、和田の考察によると、「相手の反応確認」という行動は欧米での研究からは抽出されず、日本特有のコミュニケーションと言えるとのことでした。

文化的な背景として、日本では“自分の感情を相手に直接ぶつける”ということに抵抗が強く、そのため“相手の自分に対する気持ちをそれとなく確かめる”という間接的な行動によって、相手の様子をうかがってしまうのかもしれません。

 

④関連事件

強い嫉妬心は理性を奪い、強い怒りに変わってしまうことがあります。以下の事件は嫉妬がからんだ重大事件です。事件の内容を深く知りたい方は下記をご覧ください。

****事件概要****
被害者は佐世保市の公立高校に通う女子生徒であった。遺体が発見されたマンションに住む、同級生の女子生徒が緊急逮捕された。逮捕容疑は、被害者を自宅マンションにて後頭部を鈍器のようなもので数回殴り、ひも状のもので首を絞めて殺害した疑い。長崎県警によると、遺体は首と左手首が切断されていた(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia))

****嫉妬プロセス*****

加害生徒の家庭環境
・母親を亡くした
・精神的に不安定になる
・父親がすぐに再婚
・義母と不仲で一人暮らしを始める

被害生徒の家庭環境
・父親は海上自衛官
・家族関係も良好だった

・家庭の比較が嫉妬に結びつく
嫉妬感情が芽生えたプロセスは以下の通りです
→母親が亡くなり、父親がすぐに再婚 義母と暮らしはじめる
→義母と不仲で一人暮らし、孤独感が増す

→一方仲の良い被害生徒は家族関係も良好
生活環境の違いに嫉妬感情が芽生える

****専門家の分析*****

臨床心理士、長谷川の見解
「母親の死と父親の再婚が自身の孤独感に繋がり、仲の良い家族のいる友人への嫉妬が背景にある」

精神科医、日向野の見解
「異性同士だと、性的な意味合いが強いが、同性同士は、強いうらみやジェラシーが動機になる場合が多い。取るに足らない些細なことでも、加害者が強いうらみを抱き、鬱積させて殺害するケースがある。」

嫉妬は、うまくコントロールできないと、暴走してしまいます。特に破壊的な行動に結びつき危険性の高い感情なので慎重に扱う必要があるのです。

****事件概要****
筧(かけひ)千佐子被告は、2007年に借金返済を免れるため知人男性にカプセルを飲ませて殺そうとした。さらに2012~2013年には、交際男性(70代)・夫勇夫(75歳)さんに青酸化合物入りカプセルを飲ませて殺害した。その結果、合計3件の殺人罪と1件の強盗殺人未遂罪に問われた。目的は遺産目的であった。裁判の結果、筧被告には死刑判決が言い渡された。

****嫉妬プロセス*****

筧被告の状況
・大手銀行に入行
・町工場の経営者(元夫)と結婚
・工場の経営が傾く
・元夫と死別
・数千万円の借金を一人で背負う

転落人生が嫉妬につながる
嫉妬感情が芽生えたプロセスは以下の通りです
→玉の輿に乗り、煌びやかな人生送る
→夫と死別したことで人生転落
→強いお金へのコンプレックスから
嫉妬感情が芽生える

****専門家の分析*****

犯罪心理学者、岡本の見解
「嫉妬を原動力に成長する人もいる。だが、劣等感が強い人ほど感情の振り幅が大きくなり、犯罪傾向が強まる」

豊かな生活を送っていた人は、そこから転落すると、ひどい劣等感を抱えてしまいます。筧被告は、なぜ事件を起こしたのか?という取調官の質問に対し、「自分がみすぼらしかった。お金持ちになりたかった」と嫉妬をにじませた回答をしました。過度なコンプレックスは、時に大きな嫉妬心を生み出します。その結果、感情をコントロールできず、一線超えた行動につながってしまう場合もあるのです。

 

⑤関連コラム

嫉妬しない方法

当コラムでは嫉妬について研究や原因を中心に解説してきました。以下のコラムではより実践的に嫉妬をおさえる方法を解説しました。理解を深めたい方は参照ください。

嫉妬をおさえる方法

嫉妬しやすさ診断

筆者は嫉妬の強さを簡易的に診断できるシステムを作りました。客観的に妬みや嫉妬の強さを把握したい方は一度チェックしてみてください。

嫉妬しやすさ診断

 

コミュニケーション講座のお知らせ

公認心理師のもとで心理学や人間関係のあり方を学びたい方は、コミュニケーション講座をおすすめします。講座では

・心理療法の学習
・人間関係の心理学の学習
・傾聴トレーニング
・発話トレーニング

などたくさん学ぶことができます。楽しい講座の雰囲気を大事にしています(^^)興味がある方は下記のお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています!

コミュニケーション講座

監修

・川島達史
・公認心理師,精神保健福祉士
・目白大学大学院心理学研究科卒
Youtubeチャンネル

ダイコミュ用語集監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科 修了

取材執筆活動など

  • NHKあさイチ出演
  • NHK天才テレビ君出演
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」


YouTube→
Twitter→
元専修大学教授 長田洋和

名前

長田洋和


経歴

  • 元専修大学人間科学部教授
  • 東京大学 博士 (保健学) 取得
  • 臨床心理士
  • 精神保健福祉士

取材執筆活動など

  • 知的能力障害. 精神科臨床評価マニュアル
  • うつ病と予防学的介入プログラム
  • 日本版CU特性スクリーニング尺度開発

臨床心理士 亀井幹子

名前

亀井幹子


経歴

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • 早稲田大学大学院人間科学研究科 修了
  • 精神科クリニック勤務

取材執筆活動など

  • メディア・研究活動
  • NHK偉人達の健康診断出演
  • マインドフルネスと不眠症状の関連

*出典・参考文献
和田 実(2015),「恋愛嫉妬時の情動とコミュニケーション反応―嫉妬の強さおよび性との関連―」,応用心理学研究,40(3),213-223.
White, G. L., & Mullen, P. E. (1989). Jealousy: Theory, research, and clinical strategies. New York, NY, US: Guilford Press.
神野 雄 2014 青年の恋愛関係における嫉妬と自己愛の関連について 第56回総会発表論文集,496.
神野 雄 2015 嫉妬研究の概観と展望 神戸大学発達臨床心理学研究 14, 18-28.
多次元恋愛関係嫉妬尺度の作成と信頼性・妥当性の検討 神野 雄
2016 年 25 巻 1 号 p. 86-88
産経ニュース 2014 「母の死から生命の不確かさ意識」「好奇心から遺体切断か」専門家ら分析.
産経ニュース 2014 動機はうらみや嫉妬の可能性 首と手首切断は証拠隠滅か 佐世保同級生殺害.