>
>
>

リーダーシップを発揮できない原因・解決策-入門①

リーダーシップ


リーダーシップのある人とは?発揮できない原因・解決策-入門①

 リーダーシップを専門家が解説

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。また現在を経営するリーダーでもあります。私自身日々リーダーとは何か?を自問自答する毎日です。

当コラムは「リーダーシップ」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

はじめてマネージャーになった!初めて部署責任者になった!初めて部下ができた!という方が、はじめてリーダーシップを取るうえで最低限押さえておくべき知識やスキルをお伝えします。まずは入門編として対処法を解説していきます。

 

リーダーシップがとれないデメリット

リーダーシップが発揮できない問題リーダーシップが上手くとれないと、どのようなデメリットがあるのでしょうか。例えば以下の事例が挙げられると思います。

・部下がバラバラに動く
・言うことを聞いてくれない
・部下がすぐに会社をやめる
・プロジェクトが停滞する

仕事は一人では限界があり、必ずチームの力がっ必要になります。もしリーダーシップ力=大きな仕事ができる力と言い換えてもいいかもしれません。この意味でリーダーシップがないということは、ビジネス力に限界があると言い換えることができるでしょう。

そうは言っても多くの方がいざリーダーをまかされた時に

「部下をまとめる事ができるだろうか」
「知識は足りているだろうか」
「成果を出せるだろうか」

と、必要以上に不安要素が多くなってしまい、自信が持てないという人もいるでしょう。リーダーシップの定義は様々で、目指す姿が一つではないので、あれもこれもできなければならないという気持ちになってしまうのかもしれません。

リーダーシップは身につく!

リーダーシップ能力は伸ばせるしかし、リーダーシップに様々なタイプがあるのは当然のことと言えます。もともとリーダーが持っている得意分野は人によって違うからです。

リーダーシップと言うと、
「特殊な能力を持っている」
「カリスマ性がある」
というイメージも強いため、自分にはとても無理だと思っている人もいらっしゃると思います。しかし、リーダーシップは、テクニックを身につけることで誰にでも伸ばしていけるスキルです。

リーダーシップが発揮できない原因

リーダーシップが発揮できない原因ここでは、リーダーシップが上手く発揮できない原因と解決策について考えていきましょう。

リーダーシップが上手く発揮できない原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

 

①基本的な心構えを持とう

リーダーの資質が身についていない
リーダーシップが上手く発揮できないと、「私には資質がないのでは…」と落ち込んでしまうかもしれません。資質とは生まれつきの性質や才能なので、これから身につけることはできないと思っていませんか?本当はあなたにもリーダーの資質があるのに、理解していないだけかもしれませんよ。

意識と行動で自分に合った資質を
備わっているかもしれない資質は、意識と行動で磨くことができます。当コラムでは、リーダーとして備えておきたい資質を具体的にご紹介します。自分に近いと思う資質をいくつか選んで、行動してみてください。資質があるか不安…と思っている方は、コラム②を確認してください。

 

②コーチングで相手の自発性を促す

リーダーの考えが伝わっていない
チーム内のメンバーや周囲の人を動かす時に、立場やお金など圧倒的な力を使うこともあるかもしれません。しかし、このようなやり方にはデメリットが多く、目指すべき姿ではありません。理想は、リーダーが自らの考えやチームの目標をメンバーに伝え、メンバーが自発的に動いてくれるような状態です。

信頼関係を築くスキルを磨こう
当コラムでは、相手の自発性を促すスキルとして「コーチング」をご紹介します。ビジネスシーンでも多く活用されている信頼関係を築くことに役立つテクニックです。コーチングを用いることであなたの考えは伝わりやすくなり、相手は自分から行動できるようになりますよ。部下を上手に動かせるか不安…という方はコラム③を確認してください。

 

③SL理論で柔軟に対応する

人間関係と業績のバランスが悪い
仕事上のリーダーは、「人間関係」「業績」という二つの軸でメンバーに関わっています。リーダーシップが上手くとれない人は、この二つの軸のバランスが悪いのかもしれません。以下の2つのタイプが考えられます。

・メンバーのコミュニケーションは上手くいっているが、成果が出せない

・成果は出ているが、メンバーとのコミュニケーションが上手くいかない

チームとして成果を出すには、どちらの要素も大切です。

柔軟さを磨こう
当コラムでは「人間関係」と「業績」、どちらも良くしたい時に使えるリーダーシップ論(条件適応理論)から「SL理論」をご紹介します。SL理論は「リーダーは環境や時代の変化に柔軟に対応するべき」という考え方から、理想のリーダーシップのカタチを4つ示しています。

人間関係と業績のバランスが悪くどちらも良くしたい…いう方は、コラム④をチェックしてみてください。自分はどんなタイプのリーダーで、どうすればバランスよく関わることができるのかが確認できます。

 

リーダーシップを発揮するコツを知ろう

リーダーシップを発揮するコツこのように、上手くリーダーシップを発揮できない原因として「リーダーの資質が身についていない」「リーダーの考えが伝わっていない」「人間関係と業績のバランスが悪い」が大きく関わっていることがわかりました。

まずは上手くいかない原因を整理して、これからご紹介する、上手くリーダーシップがとれるコツを理解し、経験を積んでいってください。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

リーダーシップは特別な人だけに備わっている能力ではありません。今、上手くいかないなと思っていても諦めないでください。リーダーに決まったカタチはないのです。自分らしいリーダー・リーダーシップを目指してくださいね。

次回は、リーダーシップを発揮するための1つ目の方法「基本的な心構え」をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ リーダーシップが発揮できない原因を整理して自分らしいリーダーを目指そう!
社会人講座



原因を整理して対処しよう