>
>
>
苦しい時は「フィンク危機理論」で受け入れよう

苦しい時は「フィンク危機理論」で受け入れよう②

コラム①では、苦しい状態から抜け出せない3つの原因をあげました。具体的には、「苦しい気持ちを抑える」「マイナス自動思考」「ひとりで問題を抱え込む」 でしたね。今回は、原因1つ目である「苦しい気持ちを抑える」に対処法を解説します。よい手がかりとなるのがモデルがフィンクの理論です。コラム1でもお伝えしましたが、重要なポイントなので復習しましょう。

フィンクの危機理論とは?

フィンクの危機理論とは「危機を経験した本人がその状況を受け入れていく過程を支援する理論モデル」です。フィンクの理論は支援者向けに学習されることが多いのですが、自分自身をサポートする際にも役立ちます。少しアレンジして4ステップを解説していきます。

段階1:衝撃
心理的ダメージ受け、混乱する。苦しい気持ちがとても大きい。

段階2:防御的退行
現実から目を背ける。その出来事をなかなか受け止められない。無気力になったり、逆に自暴自棄になったりする。

段階3:承認
徐々に苦しい気持ちを受け止め、悲しみなどの感情が生じる。そして辛い出来事と向き合うことで乗り越えていく。周りに悩みの相談などをすることも多い。

段階4:適応
苦しい出来事に新しい価値観を見つける。頑張りを認めて、成果に結びつける。苦しい時期を今後の人生の糧にして前向きに生かしていく。

以上のように苦しい状態は以上の4つの段階をたどって回復していくとしています。苦しい出来事があったときは、マイペースでOkです。心には自然と回復する機能があります。4つのステップを大切ゆっくり受け入れていくと良いでしょう。

自分の中にサポーター創ろう  

フィンクの理論はやや抽象的なので、1つの例でお伝えします。ズバリ講師川島の例でお伝えします(^^;

例題
私講師川島は、14歳ぐらいから対人恐怖症が始まりました。人と接するのが苦手でした。症状は8年ほど続き、大学卒業時に資格試験に失敗したことが契機となり、引きこもりとなりました。その半年間のプロセスをお伝えします。

段階1:衝撃期
→悲しい…涙が出る…自分は無能だ…コミュ障は生きる価値がない…

最初の時期は試験に落ちたショックで、自尊心が壊れていました。誰かと会える状態ではなくなりました。

段階2:防御的退行
→もう感情を感じるのも嫌だ…感情を心の底にしまおう…どうでも良い、過食で逃げよう
防衛的退行は、様々な種類がありますが、私は抑圧という手段で、苦しい気持ちを感じないようにごまかしていました。どうでもよくなり過食をしていた時期もありました。

段階3:承認
→今苦しいのは、自分がチャレンジした結果なのかもしれない。コミュ障な自分でも、受け入れてくれる人はいる。両親はそっとしておいてくれている。まだ恵まれているのかもしれない。

3か月ほど自分と向き合い、徐々に自分の中で、資格試験の挫折や、自分のコミュ障との折り合いがついてきました。

段階4:適応
→コミュ障自体は長年かけて少しずつ直していけばよい。まずは1つ1つできることを増やしていこう。まずは会話の研究をしてみよう。

心の整理がついてきてから、私は徐々に会話の練習をはじめ社会復帰を目指し始めました。とても長い時間かかりましたが、今ではこの苦しい時期があったからこそ、やりがいのある仕事に巡り合えたと考えています。

いかがでしょうか。フィンクの理論はサポートしてくれる人向けの理論ですが、自分で自分の心を癒す時にも充分活用できる理論です。それでは、自分の感情を受け止めるトレーニングとしてワークに挑戦してみましょう。

*ちなみに私の引きこもりの経験談はこちらのブログで公開しています。興味がある方は暇なときにでもご覧ください。

自分自身の問題でトライ

実はフィンクの理論は知らず知らずのうちに、自分の中で行っているものです。今の苦しい気持ちを乗り越えるとしたらどのようなプロセスで復活していくか考えてみましょう。苦しい体験が起きたばかりの時期は、こんな風に回復できるといいな・・・と考える程度でOkです。

段階1:衝撃

段階2:防御的退行

段階3:承認

段階4:適応

4つのステップで苦しいを解消!

ワークはいかがでしたか。Pennebaker (1985)は、思考や感情、行動を意識的に抑えることは、多くのパワーを使うため、長期的にはストレスとなり医学的な問題をもたらすことを明らかにしています。

苦しい出来事は、多くは時間が解決してくれます。焦らずにゆっくり、自分の心の回復プロセスに任せてゆっくり回復していきましょう。ぜひ日々の生活の中でワークを取り入れてみてくださいね!

次回の苦しいコラムは、苦しい状況から抜け出せない原因の2つ目 「マイナス自動思考」の対処法についてご紹介します。お楽しみに!

★苦しい時は、フィンクの危機理論でじっくり解決!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
Pennebaker, J. W. (1985). Traumatic experience and psychosomatic disease: Exploring the roles of behavioural inhibition, obsession, and confiding. Canadian Psychology/Psychologie canadienne, 26(2), 82.