>
>
>
人が怖いと感じる4つの原因と克服方法・診断を専門解説

人が怖い…4つの原因と克服方法・診断-臨床心理士が専門解説①

はじめまして!臨床心理士の兵働・橋爪、精神保健福祉士の川島です。私たちは現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は「人が怖い」についてお話していきます。目次は以下の通りです。

  • 10代から始まる
  • 診断とチェック
  • 森田正馬と精神交互作用
  • 親密恐怖とは何か
  • 失敗過敏を修正しよう
  • プラス面を見る癖をつける

各コーナーにはもっと深く知りたい!という方のためのリンクがあります。まずは全体を読んでみて、気になる場合はリンク先をクリックしてみてください(^^)それでは早速、人が怖いの基礎から解説させて頂きます。

人が怖いという気持ち

「人が怖い」ほとんど10代から始まる

社会不安障害と発症年齢

日常生活や仕事に支障が出るほどの人が怖いという悩みは、心理学で「社交不安症」に分類されます。社交不安症を患う要因は複数ありますが、人の目が過剰に気になる、失敗過敏、学校でいじめられたなどの経験が発症原因になることが多いです。

・人と話すと必要以上に緊張する 
・人と話すと異常に疲れる

・どう評価されるか気になる
・手が震えたりたくさん汗をかく

上記に当てはまる方は注意が必要です。社交不安症を発症した人の約75%が15歳以下で発症しています(図1)。同じことが精神保健疫学調査(1993)やこころの健康についての疫学調査(2006)でも指摘されています。

図1. 社交不安障害の発症年齢(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより、一部改変)

しかし、社交不安症の特徴は、発症年齢と専門機関に相談に訪れた年齢が異なることです。発症は15歳までが殆どにも関わらず、なかなか悩みを打ち明けることができないのです。ましては15歳以下の人が「人が怖い」という悩みで専門機関に通っている姿を想像することは容易ではありません。

ある研究では、発症年齢と10年以上ずれた30代半ばで医療機関や心理相談を行っている機関を訪れる傾向が見られることが報告されています。このような相談の遅れが症状を悪化させる要因にもなると言えます。

深刻な症状

人が怖いという気持ちを放置しておくと、以下のような病的なレベルに発展することもあります。

容貌恐怖
自分は変な顔や容姿をしている
視線恐怖
人の目線に恐怖を感じる
赤面恐怖
顔が赤くなることを極度に恐れる
自己臭恐怖
悪臭が出ていないか気になる

これらの症状を持っていると、人間関係に回避的になり、社交場面を避けるようになっていきます。その結果、会話力の低下が起こり、不登校や引きこもりといった問題につながることもあるので早めの対処が必要となります。

診断とチェック

人が怖い状態を客観的に知りたい方に、簡易診断をご利用しました。人が怖い状態がどの程度かによって、対応が異なりますので一度診断してみることをお勧めします。
人が怖い簡易診断で自分の状態をチェックしよう⑥

人が怖いのはなぜか?原因を解説

私たちはなぜ人が怖いという気持ちを抱くのでしょうか?いくつか心理学の研究を紹介します。

原因① 他人の評価が気になる

人が怖い気持ちの根源には、人の目を気にする心理が強く影響しています。例えば、「相手に好かれるように話さなきゃ!」これは公的自己意識と言われます。

これに対しては自分がどうしたいか?と考える自分主体の心理もあります。例えば、話したいから話す!これは私的自己意識です。

堀井(2001)は高校生(256名)と大学生(271名)の男女に対して、対人恐怖傾向と私的自己意識、公的自己意識に関する調査を行っています。その結果が下図となります。

このように、対人恐怖傾向が高いと公的自己意識も高いという結果が出ています。人の目を気にすると集団に溶け込めない悩みや、社会場面で当惑しやすくなることがわかります。

対して私的自己意識は対人恐怖心性と関連していません。人が怖いという気持ちを改善するには、他人の目を気にしすぎず、自分主体の考えを増やしていくことがヒントになりそうです。

図の中にある数字は、相関係数と言われて、関連の強さを表します。.500以上の項目は心理学的に影響は比較的強いと考えます。(※相関関係をより深く知りたい方はコチラをご覧ください。)

 

人に迷惑をかけるのが怖い

原因② 森田正馬と精神交互作用

昔から「人に迷惑をかけてはいけない」といった日本人の感覚は対人不安を招きやすいと考えられてきました。森田正馬という心理療法家は最初の対人恐怖の治療家と言われています。

100年近く前のことで、世界的に見てもめずらしい研究でした。森田の研究をベースとしてその後日本では「人が怖い」について様々な研究がされてきました。

森田は、恐怖感情への注目が、余計に恐怖を強くするという精神交互作用を発見しました。実は人が怖いという気持ちは気にすればするほど、その気持ちが強くなってしまうのです。例えば、「視線が怖い」方は、人一倍視線にこだわりを持ちます。そのこだわりが余計に症状を悪化させてしまうのです。精神交互作用への対策はコラム後半詳しくお伝えしますね。

人が怖い原因と解決策

原因③ 対人恐怖心性は様々な症状に影響

堀井(2014)は大学生4461人を対象として、対人恐怖心性について調査を行いました。その結果、下記のような結果になりました。対人恐怖心性は、様々な恐怖感情と結び付いていることがわかります。

上記の図では、0.85、0.82・・・という数字が並んでいます。これは統計的な影響の強さを表す数字なのですが、心理学の世界では0.4未満以下は弱い影響0.4~0.7はある程度影響0.7以上でかなり影響すると考えます。対人恐怖心性は、孤立恐怖、自己視線恐怖、加害恐怖、登校回避に影響することがわかります。

*親密恐怖とは?

上記の図の親密恐怖というのは、「親密になることを恐れる」という恐怖症です。親密恐怖の方は初対面はわりとOkなのですが、仲が良くなればなるほど、不安になってくるという心性を持っています。

心理学的には見捨てられ不安と言ったりしますが、仲良くなると、逆に見捨てられるのではないか?という気持ちが出てきてしまい、これ以上仲良くなるのは怖いとという気持ちが高まっていきます。

仲良くなれない対人恐怖

 

人が怖い…を招く4つの解決法

人が怖いという問題について解決策を4つ提案させて頂きます。全部読むのは大変なので、自分にも当てはまるな・・・と感じる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①消極的完璧主義→積極的完璧主義

完璧を目指してしまう
皆さんは人間関係で「失敗してはならない」という気持ちはありますか?もちろん人間ですので誰しも持っていると思いますが、その気持ちが完璧を求めるレベルまで強い方は要注意です。失敗してはならない・・・という完璧主義を「消極的完璧主義」と呼ぶ事があります。消極的完璧主義は、対人恐怖と関りがあることがわかってきています。

積極的な完璧主義に
この消極的な完璧主義が強くなった時には「消極的→積極的に変える」が解決策となります。「積極的な完璧主義」ってなんでしょうか?「失敗してはいけない」と考えることが多いという方はコラム②で答えをチェックしてみてくださいね。

②ネガティブ注目グセの改善

ネガティブな部分への注目グゼ
皆さんは人間関係において、ポジティブなイメージを持っているでしょうか?それともネガティブなイメージを持っているでしょうか。例えば飲み会に参加した帰り道・・・「今日は楽しかったな~」と思うことが多いでしょうか?それとも「つまらなかった。時間の無駄だ」と感じることが多いでしょうか。

対人関係の受け取り方と思い込み実は人が怖い人の傾向として、人間関係をネガティブに考えるという特徴があります。人間関係のネガティブな部分を進んで考えることで、苦手意識が膨らんでしまい、知らず知らずに人が怖いという気持ちを呼び込んでしまいます。人間は一度●●と考えると、なかなかその思い込みから抜け出せず、その情報をどんどん集めてしまうのです。

受取り方を変える
人が怖い心理や不安な気持ちが強くなっている時は、この認知の種類を増やすことが重要です。1つの見方にこだわらず視野を広げて考える事が解決策となります。当コラムでは、視野を広げるためのコツを具体的にご紹介します。人間関係でいつもネガティブになってしまう…という方はコラム③を確認してみてくださいね。

③周りの目を気にするクセを軽減

周りの目を気にしてしまう
人が怖いなどの対人不安は「周りの視線がとても気になっている状態」といえます。周りの目が気になってしまう事で、失敗した自分に対して「自分は価値が無いダメな人間」といったネガティブ捉え方をしてしまい、人が怖いという気持ちを強めてしまいます。

適切な自己評価を
このようなネガティブな捉え方は「相手がどう評価しているのか?」が引き金となっているため、自分で適切に「自己評価」する事が大切です。当コラムでは、自己評価を形成する方法として承認欲求の解説と事例、人が怖いという気持ちが消えない時の前向きな捉え方を詳しく解説します。周りの目をいつも気にしてしまう・・・という方はコラム④を確認してみてください。

④森田療法で受け入れる

症状への強いこだわり
人が怖いという状況にこだわりすぎると、怖い気持ちをさらに強めてしまうことになります。これは、精神交互作用という精神状況で、人が怖いという気持ちを排除しようとすればするほど、怖い気持ちが強まってしまいます。この悪循環を断ち切るには、人が怖い気持ちへのこだわりを少しだけ軽減することが大切になります。

「あるがまま」を大切にする
当コラムでは精神療法の1つ「森田療法」をこだわりを軽減する方法としてお伝えします。森田療法は、あるがままを受け止めて考える方法です。人が怖いという状況をあるがまま受け止めることで、強いこだわりの気持ちを緩和できるようになり人が怖い気持ちを緩和できます。人が怖い気持ちにこだわっているなぁ・・・という方はコラム⑤を確認してみてください。

周囲の目による対人不安

⑤専門機関を利用する

心理療法を独学で学ぶことに不安がある場合は、専門家の元でしっかり学ぶこともお勧めしています。 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、人が怖いという気持ちの改善、会話力の向上を目指し、心理学講座を開催しています。独学に限界を感じた方、心理学を体系的に勉強されたい方のご参加をぜひお待ちしています。

執筆者も講師をしています(^^)
 ・緊張の改善‐認知療法
 ・人が怖いという気持ちとうまく付き合う
 ・会話力UP練習
初学者向けコミュニケーション講座を開催しています

人が怖い気持ちを克服!

これからご紹介する人が怖い気持ちの対処法を知ることで、人が怖い心理の克服を身に付けてくださいね。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、人が怖い気持ちを緩和する「消極的完璧主義→積極的完璧主義」方法です。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ 人が怖いなど 対人への不安は 4つの対処法が 克服のカギ

コメント

1件のコメント

コメントを残す

    • 望美
    • 2019年6月15日 9:20 PM

    私は、中学1年生の女子です。私のクラスに、好きな人がいて、告白も、4月にしました。返事ももらいました。でも、その1か月後、冷たい言動でツッコんできたり、近くに私に対してじゃないかもしれないですが、悪口を言ってきたりします。 でも、私は、(彼も頑張っているのかもしれない)と、責める(?)ことはしません。言い返したりもしません。
    なぜなら、

    ・兄弟が上に兄(高1)下に弟(小2)がいる(らしい)
    ・働き者(率先して働く)
    ・言動は冷たいけど 本当は優しいと思うから
    ・周りの人に頼っていない(何でも自分でやろうとしている)
    ・頑張っていると思うから(学校に来る事・家での態度)

    もしかしたら、学校では、家での本当の姿とか本当の自分をみせていないかもしれないからです。 本人がそうかどうかはわかりません。でも、もしそうだったら助けてあげたいです。自分もそういうことがあったので、助けてあげたいです。

    1+

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
対人不安の生起・維持プロセスの理論モデルに関する展望 : 回避的行動と自己愛, 他者への関心の葛藤という観点から 向井 靖子,東京大学大学院教育学研究科紀要 41, 319-326, 2002-02-25
いわゆる対人恐怖症者における「悩み」の構造に関する研究,横浜国立大学教育紀要 14, 1-33, 1974-10-05
LSAS-J:Liebowitz Social Anxiety Scale 日本語版 監修:独立行政法人国立精神・神経医療研究センター理事長・総長 樋口輝彦

羽健二・森田正哉(2015),「特集:社交不安症<総説> 『社交不安症の疫学 -その概念の変遷と歴史-』」,不安症研究,7(1),p18-28.

Dennis,C. (2014), Mental health: Asia’s tigers get the blues.Nature,429,696-698.

  • 日本精神神経学会 監修 (2014) DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル
  • 音羽健司・森田正哉 (2015) 社交不安症の疫学―その概念の変遷と歴史―

World Health Organization, 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センター(訳)(2014).自殺を予防する 世界の優先課題.

堀井 俊章 横浜国立大学教育人間科学部紀要.  横浜国立大学教育人間科学部 編 16, 135-143, 2014-02