>
>
>

人が怖いと感じる3つの原因と克服方法・診断を専門解説

人が怖い


人が怖い…3つの原因と克服方法・診断-臨床心理士が専門解説①

どうして人が怖いのか?専門家が解説

みなさんはじめまして!臨床心理士の兵働・橋爪です。私たちは、臨床心理士として精神疾患を抱える方へのカウンセリングや心理学の講義を行っています。

当コラムは「人が怖い」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

 

不安な気持ちに適切に対処しよう

人が怖い心理は適切な対処を

日常生活を送る中で、人が怖いという気持ちを抱く事は、誰でも少なからずあると思います。例えば、こんな思いを持ったことはありませんか?

・人と話すと必要以上に緊張する 
・人と話すと異常に疲れる

・人が自分をどう評価するか気になる
・人と接すると手が震えたりたくさん汗をかく

上記に当てはまる方は注意が必要です。人が怖いという状況が続くと、人との交流が難しくなってしまい、悪化すると引きこもりのような状況に陥ることもあります。

病的なレベルでは「自分は変な顔や容姿をしている(容貌恐怖)」「人の目線に恐怖を感じる(視線恐怖)」などの症状に結びつくこともあります。

日本人は「相手に迷惑をかけるのが怖い」

昔から「人に迷惑をかけてはいけない」といった日本人の感覚は対人不安を招きやすいと考えられてきました。「対人恐怖」という言葉がありますが、これは昔、森田正馬という心理療法家が「人が怖いという病理を発見し治療をはじめたのです。音羽ら(2015)の疫学調査のレビューによると、

相手に迷惑をかける”という相手主体の考え方を、
「他者主体性」による「対人恐怖」

人前で恥をかく”といった自分主体の考え方を
「自己主体性」による「社交不安」
と呼び、これまで区別されていました。

特に日本人は前者の相手に迷惑をかけるのが怖いという対人恐怖がとても多いと考えられています。

アメリカ人も人がこわい?

日本では対人恐怖をこのように細かく分類して研究がなされていましたが世界ではどうなのでしょうか?

WHOの作成した統合国際診断面接(WHO-CIDI)による各国の「社交不安」の生涯有病率は、アメリカで約12%(1994)、日本では0.8%(2005)と、日本の方が少なくなっています(図1)。

 

 

しかし、いずれの国においても発症年齢が10代後半~と低いことや、依存症やうつなどの合併症を伴うこともあること、さらに、アジア圏の若者の自殺率が高い(図2)ことなどから、日本をはじめとしアジア圏にも、潜在的にはさらに高い割合で社交不安や対人恐怖の傾向を持つ人がいるのではないかと考えられ、多くの研究者らが警鐘を鳴らしています(C.デニス,2004他)。

図を見ていただけるとわかりますが、日本人よりもアメリカ人の方が何倍も社交不安があるというのはなんだか違和感がありますよね。まだまだ「人が怖い」という研究は過渡期であると言えます。

 

診断「人が怖い度」を確認しよう

ここで、あなたの人が怖い度をセルフ診断・チェックしてみましょう!次の質問について、当てはまる項目の点数を合計してください。

対人不安度の簡易診断

合計点数はでましたか?それでは診断を見ていきましょう!!

0~10点
人が怖い状態は軽いと言えます。自分なりのリラックス方法でリフレッシュできているのではないでしょうか。人と話すことに抵抗は少なく、初対面でも積極的にコミュニケーションをすることができます。

11~22点
人が怖い状態は軽いと言えます。人と上手に話せないなぁなど落ち込むこともあるかもしれませんが、自分なりに前向きに考えることができているのではないでしょうか。コミュニケーションの方法など自分で勉強している方もいらっしゃるかもしれません。

23~29点
人が怖い状態は中程度と言えます。日常生活では少し緊張を感じる場面があるでしょう。ストレスがかかる環境では対人関係のことを考え眠れない、手が震えてしまうなど症状が出ている方もいらっしゃるかもしれません。心理療法などを予防的に学ぶことをおすすめします。

30〜34点
人が怖い状態が強く、心身に支障が出ていると考えられます。人と関わるのが億劫になっていませんか?仕事や生活に支障が出始めるのもこのレベルにあたります。心理療法などを学ぶことをおすすめします。

35点以上 
人が怖い状態がかなり強いです。仕事や日常生活に深刻な支障をきたす可能性があります。人と顔を合わせるのが嫌でほとんど家に引きこもる…そんなこともあるかもしれません。心理療法を学ぶ、早めに医療機関を受診するなどの対処が必要になります。

*当診断は目安としてお使いください。医療的な診断を行うものではありません

定期的にチェックしてみよう

結果は、あくまで「今」の傾向です。時間や状況によって変化するため、できれば月に一度ほど「人が怖い」診断・チェックを行い、自分を見つめ直しましょう。自分の状態を知ることで、人が怖いという心理に対処できるようになります。

 

人が怖い…を招く3つの原因と解決法

対人不安の原因と解決策診断の結果はいかがでしたか?思いもしない結果がでた!という方もいらっしゃるかもしれませんね。今のあなたの心の状態を確認したところで、「人が怖い」の原因と解決策について考えていきましょう。

人が怖いと感じる原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

 

①消極的完璧主義→積極的完璧主義

完璧を目指してしまう
皆さんは人間関係で「失敗してはならない」という気持ちはありますか?もちろん人間ですので誰しも持っていると思いますが、その気持ちが完璧を求めるレベルまで強い方は要注意です。失敗してはならない・・・という完璧主義を「消極的完璧主義」と呼ぶ事があります。消極的完璧主義は、対人恐怖と関りがあることがわかってきています。

積極的な完璧主義に
この消極的な完璧主義が強くなった時には「消極的→積極的に変える」が解決策となります。「積極的な完璧主義」ってなんでしょうか?「失敗してはいけない」と考えることが多いという方はコラム②で答えをチェックしてみてくださいね。

 

②ネガティブ注目グセの改善

ネガティブな部分への注目グゼ
皆さんは人間関係において、ポジティブなイメージを持っているでしょうか?それともネガティブなイメージを持っているでしょうか。例えば飲み会に参加した帰り道・・・「今日は楽しかったな~」と思うことが多いでしょうか?それとも「つまらなかった。時間の無駄だ」と感じることが多いでしょうか。

実は人が怖い人の傾向として、人間関係をネガティブに考えるという特徴があります。人間関係のネガティブな部分を進んで考えることで、苦手意識が膨らんでしまい、知らず知らずに人が怖いという気持ちを呼び込んでしまいます。人間は一度●●と考えると、なかなかその思い込みから抜け出せず、その情報をどんどん集めてしまうのです。

受取り方を変える
人が怖い心理や不安な気持ちが強くなっている時は、この認知の種類を増やすことが重要です。1つの見方にこだわらず視野を広げて考える事が解決策となります。当コラムでは、視野を広げるためのコツを具体的にご紹介します。人間関係でいつもネガティブになってしまう…という方はコラム③を確認してみてくださいね。

 

③周りの目を気にする癖を軽減

周りの目を気にしてしまう
人が怖いなどの対人不安は「周りの視線がとても気になっている状態」といえます。周りの目が気になってしまう事で、失敗した自分に対して「自分は価値が無いダメな人間」といったネガティブ捉え方をしてしまい、人が怖いという気持ちを強めてしまいます。

適切な自己評価を
このようなネガティブな捉え方は「相手がどう評価しているのか?」が引き金となっているため、自分で適切に「自己評価」する事が大切です。当コラムでは、自己評価を形成する方法として承認欲求の解説と事例、人が怖いという気持ちが消えない時の前向きな捉え方を詳しく解説します。周りの目をいつも気にしてしまう・・・という方はコラム④を確認してみてください。

 

解決策で人が怖い気持ちを克服!

人が怖い気持ちを強めてしまう主な原因は「完璧を目指してしまう」「ネガティブな部分への注目グセ」「周りの目を気にしてしまう」3つというのが分かりましたね。

漠然とした不安は焦りや恐怖を生むきっかけになり、ネガティブな感情を倍増させ辛い状態が続いてしまいます。これからご紹介する人が怖い気持ちの対処法を知ることで、人が怖い心理の克服を身に付けてくださいね。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、人が怖い気持ちを緩和する「消極的完璧主義→積極的完璧主義」方法です。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ 人が怖いなど 対人への不安は 3つの対処法が 克服のカギ
コミュニケーション講座

*出典・参考文献
対人不安の生起・維持プロセスの理論モデルに関する展望 : 回避的行動と自己愛, 他者への関心の葛藤という観点から 向井 靖子,東京大学大学院教育学研究科紀要 41, 319-326, 2002-02-25
いわゆる対人恐怖症者における「悩み」の構造に関する研究,横浜国立大学教育紀要 14, 1-33, 1974-10-05
LSAS-J:Liebowitz Social Anxiety Scale 日本語版 監修:独立行政法人国立精神・神経医療研究センター理事長・総長 樋口輝彦

羽健二・森田正哉(2015),「特集:社交不安症<総説> 『社交不安症の疫学 -その概念の変遷と歴史-』」,不安症研究,7(1),p18-28.

Dennis,C. (2014), Mental health: Asia’s tigers get the blues.Nature,429,696-698.

World Health Organization, 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センター(訳)(2014).自殺を予防する 世界の優先課題.



ネガティブな気持ちの原因と解決策