>
>
>
共感力を高めるとトレーニングとは,簡易診断

共感力を高めるとトレーニングとは,簡易診断

はじめまして!公認心理師,精神保健福祉士の川島達史です。今回のテーマは
「共感力」
です。

先延ばし 
  • 改善するお悩み
  • 共感力がない
  • 配慮上手になりたい
  • 空気読めないと言われる
  • 全体の目次
  • 共感力とは何か?
  • トラべルビーと共感の5段階
  • ロジャースと共感
  • 共感力不足の原因
  • 診断とチェック
  • 解決策でスキルUP
  • 助け合い掲示板

はじめに

私はカウンセラーとして日々お悩みの相談を受けていますが、悩みを抱える方の多くは、

・家庭内で孤立している
・共感してくれる人がいない
・悩みを聞いてくれる人がいない

という訴えをもっています。

皆さんは、今周りにいる方の話に共感している感覚はありますでしょうか?もしあなたの共感力が低かったとすると、あなたの周りにいる大事な人はもしかしたら寂しい思いをしているかもしれません。

共感力は家庭、仕事、友人関係においてあなたの周りにいるかたを助けます。本コラムでは、カウンセラーが学ぶ共感スキルの基礎を一通り学ぶことができます。

是非最後までご一読ください。共感とは何か

共感的理解とは何か?

カールロジャーズ

共感力をつける上で最低限抑えるべき定義をまずは抑えておきましょう。共感についての第一人者はカールロジャーズです。

ロジャーズはカウンセラーの基本的な態度を体系化した人物で、最も影響力のある心理療法家の10人に選ばれています。

ロジャーズの人間観はとても楽観的で、人はちゃんと支え合えば自然と回復していくというものです。その意味でロジャーズはああだこうだとあまり指導はせず、何よりしっかり話を聴く姿勢をもうことを重視しました。

ロジャーズの生前のカウンセリングの様子はこちらです。暖かい雰囲気など参考にしてみてください。13分前後に相談者の方の手を握っています!これはびっくりしました。日本ではちょっと難しいですね。。

話を先に進めましょう。ロジャーズは悩みの相談を受ける方は以下の3つの姿勢を基本として持つべきと主張しています。まずは基礎としてぜひ覚えておきましょう。

1.共感的理解 

あたかもその人のようにという感覚を失わず、相手の世界を自分自身も感じる状態

言い換えると、共感とはちゃんと自分を保ちながら、相手の世界観を充分理解しようとする姿勢を大事にします。

2.無条件の肯定

自分の価値観で判断するのではなく、相手の話を尊重し、肯定的に聞くこと

共感をする際は、相手に敬意を払い、それぞれの人生を尊重する意識を持ちましょう。価値観や悩みは人間の数だけあります。一般的におかしな悩みでも、本人にとっては大問題なのです。

頭ごなしに否定するのではなく、まずは相手が大変な思いをしていることをしっかりと受け止めましょう。

3.自己一致

素直な自分で傾聴する、演技的にならない姿勢

自己一致は一番概念として難しいです。簡単に言えば、嘘をつかないということですね。例えば、共感的理解、無条件の肯定をしようと思ったとしても、当然うまく行かないことがあります。

その時は、理解しているふりをすることはありません。大事なことは理解できるまで、ちゃんと話を聴いて、(そうかあ~本当に大変だったんだなあ)と感じたときに、「それは大変でしたね…」と声に出すのです。

自己一致については池見先生の講演でわかりやすく解説されています。興味がある方はこちらの論文のP214がおススメです。

態度のまとめ

繰り返しになりますが、人の話をちゃんと聞くときは、
・共感的理解
・無条件の肯定
・自己一致

この3つが大事になります。カウンセラーでなくても、この3つの条件は共感をする上でとても大事です。是非基本として抑えておきましょう。

その他、トラベルビーの共感的理解も有名なので、折りたたんで記載しました。特に福祉関係、医療関係の方はご一読ください。

J.Travelbee(1974)の著書「人間対人間の看護」によると、共感は5つの段階に分けられるとされています。

1.カテゴリー理解(初期の出会いの位相)
「第一印象」や「雰囲気」を感じ取り、対人関係における手がかりの知覚や言語的・非言語的コミュニケーションをきっかけにします。

看護師と患者が初めて対面する時、お互いを「患者、看護師」といたカテゴリーで相手を認識します。

2.軽い共感(同一性の出現の位相)
相手のアイデンティティを認める始める段階です。相手を「患者」「看護師」といったカテゴリーで認識するのではなく、一人の人間として見るようになります。

ただ、共感と呼べるほど相手の深い部分を理解するところまではたどり着いていません。

3.深い共感(共感の位相)
共感はそれぞれの独自の存在として距離を保った上で、お互いを理解しあっているような感覚になります。相手の独自性や個性をより明確に知覚されるようになります。

この位相には必要条件があり、お互いに類似する出来事をすでに体験していることが必要となります。

例えば、サッカーの楽しさをあまり興味がない人に伝えるのは難しいでしょう。ただ、相手が運動する喜びを知っていれば、「体を動かす楽しさ」という部分で共感できるかもしれません。

4.感情移入(同感の位相)
同感とは、相手の感情に心を動かされ参加し、自分のことのように相手の気持ちを感じるプロセスを意味します。「同感」には距離がなくお互いに感情移入し合っている状態であると言えます。

信頼関係を生み出す一方で、相手の感情に巻き込まれて傷つくこともあります。

5.人間対人間(ラポートの位相)
最終段階に「ラポートの位相」です。お互いに「人間対人間(interpersonal)」とよればる関係を経験します。

初対面の時のような「看護師」「患者」といった枠組みは存在せず、相手をひとりの人間として認識しあい、距離を取らずに触れ合うようになります。

共感する

診断とチェック

ここからは共感力を向上させるトレーニングを紹介していきます。成果を把握するために、一度診断してみることをお勧めします。

共感力を鍛える方法

共感力を鍛えるには、基本的な技術と心理的なあり方が大事になります。初学者としては以下の学習がおススメとなります。私も大学院で散々練習しましたので懐かしいです。

入門編
・オウム返しの基本
・質問の作り方
・感情の明確化
・非言語の読み取り

発展編
・いったん相手になる法
・励ましのテクニック
・自己開示
・専門家のもとで練習

共感の基礎-オウム返し

それでは実際のトレーニングに進んでいきましょう。当コラムでは基礎中の基礎である、オウム返しを練習していきます。オウムとは相手が言ったことを繰り返す技術です。初学者は、

・事実
・感情
・言い換え

の3つのオウム返しから練習していきましょう。

事実のオウム返し

事実のオウム返しとは、相手が言った事実だけをそのまま返す傾聴スキルです。例えば、
「昨日、京都に行ってきたんだ。清水寺に初めて行ってきたよ!」
と友人が言ったとします。事実のオウム返しをすると、こんな感じです。

「京都に行ってきたんだねー」
「清水寺かあ~」
「初めての清水寺だったんだ」

このように、事実のオウム返しでは、相手の発話から事実の部分だけを切り取って返します。相手の言葉をそのまま返すだけでOK!自分の気持ちを入れる必要はありません。

感情のオウム返し

感情のオウム返しとは、相手が言った言葉の中から感情の部分だけを切り取って返す傾聴スキルです。例えば、
「昨日、幼なじみと偶然あうことができてうれしかった。また会う約束もできたんだ!」
と同僚が言ったとします。感情のオウム返しをすると、こんな感じです。


「偶然の再会かぁ。うれしいよね~」
このように相手の感情表現だけを切り取って返すだけですが、前回ご紹介した事実のオウム返しよりも自然な印象になるのが特徴です。

言い換えのオウム返し

言い換えのオウム返しとは、相手が言った言葉の中からおおむね同じ意味になる言葉を使って返す傾聴スキルです。

例えば、友人が次のように言ったとします。
「楽しみにしていたコンサートだったのに、台風のせいで中止になってしまったんだよね…。すごく残念だった。」

この発話に、感情のオウム返しをしてみるとこんな感じです。

「台風で開かれなかったんだ~、悔しいよね。」

言葉が言い換えられているのがわかりますか。

・中止→開かれなかった
・残念→悔しい

言い換える言葉は、相手が言った言葉の意味とおおむね似ていればOKです。言い換えのオウム返しは、相手の言葉を使ってオウム返しをしているだけですが、とても自然な印象になります。

練習問題

以下の相手のセリフに対して、3つそれぞれのオウム返しを考えてみましょう。

「最近金欠気味で・・・カツカツだよ。。」

事実のオウム返し

感情のオウム返し

言いかえのオウム返し

 

「最近ちょっとふとちゃってね。ダイエットしないと・・・」

事実のオウム返し

感情のオウム返し

言いかえのオウム返し

 

「先日の合コンで知り合った異性から・・・返信がなくて・・・寂しいです」

事実のオウム返し

感情のオウム返し

言いかえのオウム返し

 

解答例

「最近金欠気味で・・・カツカツだよ。。」

事実のオウム返し
⇒金欠でカツカツなんだ

感情のオウム返し
⇒あぁ~金欠かあーなんだか虚しくなるね。

言いかえのオウム返し
⇒今お金ないんだ、厳しい状態だね~

 

「最近ちょっとふとちゃってね。ダイエットしないと・・・」

事実のオウム返し
⇒え、少し太ったんだ!ダイエットするんだね

感情のオウム返し
⇒えー、大変だね。

言いかえのオウム返し
⇒痩せようしているんだ!

 

「先日の合コンで知り合った異性から・・・返信がなくて・・・寂しいです」

事実のオウム返し
⇒返信がなくて寂しんだね

感情のオウム返し
⇒うわぁそれは、寂しいね。

言いかえのオウム返し
⇒返事がこないんだ、そういう時って心折れるよね。

 

質問力,明確化,非言語

オウム返しができるようになると共感の土台ができたことになります。次に質問力、非言語の明確化、非言語の読み取りを練習していきましょう。

質問力を付ける

質問には大きく分けて、5W質問と感情質問の2つがあります。5W質問は相手の状況を理解するために使われます。比較的悩み相談の前半で使われることが多いです。

感情質問は相手の心情を理解するために使われます。特に共感においては感情質問が非常に大事になってきます。是非以下のコラムで質問力もつけていきましょう。

共感力を伸ばす質問力

感情の明確化

感情の明確化とは、相手が言語化できない気持ちを、代わりに言葉にして個々の整理を手伝うテクニックです。例を挙げると、友達がこんな風に話したとします。

「先日、やっと夏に繁忙期が終わって、
仕事にひと段落したんだけど、
気が付いたら休日やることがなくてね
はあ・・・

この「‥‥」を察知して、言葉にして返していきます。上記の例では、
「生活に張りがない感じ?」
「燃え尽きた感じがあるの?」
など返していきます。明確化は中級レベルとなります。オウム返しや質問の後に練習してみてください。

共感力を伸ばすテクニック「感情の明確化」

共感力をトレーニング

発展編

入門編で力をつけたら発展編にもチャレンジしてみましょう。発展編は特に福祉関係の方やプロの接客技術が求められる方におススメです。

非言語の読み取りスキル

相手の表情を見ることは共感の基本になります。

・楽しそう?
・喜んでいる?
・不満そう?

などなど、相手の気持ちを意識して表情を見るようにしてください。「言葉はポジティブなのに、怒った顔をしている」「嬉しいはずの話なのに、悲しそうな顔をしている」など、話の内容と表情にズレがある時は、特に注意が必要です。

共感力を伸ばそう!「非言語の読み取り」

いったん相手になってみる

共感力が低いと感じているなら「自分も同じ状況になれば、同じ失敗をするかもしれない」など、いったん相手の悩みや状況をゼロから想像してみるのです。そのとき、自分の価値観はいったん忘れてください。

共感とは相手と全く同じ気持ちにならなくても良いのです。「いったん」というのがポイントで、全部理解しよう!ではなく、あくまでも「私は私だけど、いったん相手になってみよう」これでOKです。

共感力を高める方法「いったん相手になる」

ポジティブな発想を促す

相手の話を傾聴するだけが共感力ではありません。時に相手のポジティブな力を呼び起こすことも大事です。ここで大事なのが、相手の発想の転換を促すリフレーミング力です。

例えば、「口下手」で悩んでいる友人がいたら、「聞き上手、謙虚、話し手を遮らない」などの長所として指摘していきます。

このように相手のポジティブな発想を呼び起こす練習をしたい方は下記を参照ください。

リフレーミング力で共感に+αをもたらす

自己開示で共感を誘う

悩みの相談は、深い自分をさらけ出すことになります。あなた自身も自己開示をすると、お互いの深い部分を理解しあえた!という気持ちになり心が軽くなります。

共感力を高めるテクニック「自己開示」

専門家の元で練習

もし公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・傾聴力をつける練習
・共感力トレーニング
・暖かい人間関係を築くコツ

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。ぜひお待ちしています。

 

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・よくわかる臨床心理学 山口 創著 川島書店 共感性尺度の再構成
・多次元共感測定尺度の構造と性格特性との関係 桜井 茂男 奈良教育大学紀要(1994)
・『パーソナリティ障害とむきあう―社会・文化現象と精神科臨床』林 直樹,日本評論社(2007)
・ADHDと自閉症の関連がわかる本 ダイアン・M・ケネディ著,田中康雄監修,海輪由香子訳 明石出版
・谷伊織・天谷祐子(2009)「性格特性の5因子と共感性および孤独感の関連」
・J.Travelbee(1974)人間対人間の看護 長谷川 浩  藤枝 知子 訳 医学書院