ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
人間関係 >
類似性,似た者同士の効果と心理

日付:

類似性,似た者同士の効果と心理

皆さんこんにちは。公認心理師の川島達史です。今回は「類似性を活かす方法」をテーマに解説していきます。心理学では、似たもの同士を「類似性が高い」と言います。類似性が高いと相手とのコミュニケーションにおいて様々な面で有利に働きやすいことが数々の研究でわかっています。

好きな人と仲良くなりたい
恋愛で相性のいい人を探したい
安心できる関係になりたい

このような目標がある方は、是非最後までご一読ください。

信頼の定義

類似性,似た者同士の効果

類似性についてはこれまで様々な研究がなされてきました。

①相談相手になりやすい

中村(1984)は、学生60名を対象に類似性について調査を行いました。その結果の1つが以下の図です。まずは概観してみてください。

似た者同士

こちらの図は内向的な人は

似ていない人には悩みを打ち明けにくい
似ている人には悩みを打ち明けやすい

ことを示しています。確かに悩みを相談しやすいのは、年齢も近く、性格が似ている人だったりしますね。

②親しみを感じる

中村(1984)は、学生60名を対象に類似性について調査を行いました。その結果の一部が以下の図です。

性格が似ている人

こちらの図は内向的な人は

似ていない人には親近感を持ちにくい
似ている人には親近感を持ちやすい

ことを意味しています。類似性が高いほど相手に好感を持つことがわかります。


③魅力的に見える

心理学者のネルソンら(1965)は、魅力度と類似度の関連について調査が行われています。以下のグラフをご覧ください。

似た者同士

このように、「類似度」が高くなるほど「魅力度」も比例して高くなっていくことが分かります。態度や性格が似ていれば、対立することも少ないですし、個人的な意見を尊重してくれることもあります。その結果お互いを魅力的に感じると推測できます。

類似性,似た者同士,好感

類似性を強調する3つの方法

会話の中で共通点を探す方法について解説しました。

日常生活での活かし方

似た者同士・類似性を日常生活でどのように活かせばよいのでしょうか。以下、恋愛での活用、職場の結束を固める、友人同士の喧嘩に分けて提案させて頂きます。

恋愛での活かし方

気になる異性と会話をする時は、共通点が見つかったら積極的に伝えるようにしましょう!

好きな芸能人が同じ
好きな食べ物が同じ
地元が一緒

などなど、どんなに小さなことでも良いので共通点を探していきましょう。もし共通点が見つかったら

一緒だね♪
気が合うなあ!
え?おれもおれも!

と積極的に強調していくとGoodです。

職場の結束を固める

ビジネスシーンでも類似性は頻繁に活用されています。「服装」で考えてみましょう。

堅い会社に訪問する場合はスーツを着る
自由な社風の会社に訪問する場合は砕けた服装で行く
社内の結束を上げるため定期的にユニフォームを着る

その他、同じ目標を持つなども効果的です。

来年は成功して社員旅行に皆でいこう
社長賞をとボーナスを皆でゲットしよう
今期は利益前年比+20%を目指そう

このようにグループ内で同じ目標を共有することで、仲間意識が生まれ、生産性もUPします。

友人同士で喧嘩をした

友人と喧嘩した時も類似性を活用して、スムーズな関係維持することができます。例えば、お互いに野球ファンで巨人と阪神でもめたとします。この時、お互いの違いを指摘し合うと喧嘩がより発展してしまいます。

こんな時は、お互い類似しているところを確認していきましょう。

サッカーに負けない野球の魅力とは?
メジャーで成功しそうなプレイヤーは?
野球場でおいしい食べ物を教えあう

などチームの話をするのではなく、「野球」の話しで共感を誘うことが大切です。このように、友人との食い違いが起きた時は、共通している部分はないか?と考えて見ることをお勧めします。

 

まとめ

ここまで見てきたように、似た者同士は打ち解けやすく、お互いに魅力を感じやすいです。私たち心理師は相手との関係性を築くため、相手の趣味を勉強することも結構あります。

例えば、引きこもりの子供とお話するカウンセラーは、子供の漫画やアニメを見るケースがかなりあります。

もちろん自分を押し殺して相手に合わせる必要はありませんが、相手がどのような性格なのかを理解して、できるかぎり相手に寄り添うように心がけることが時に大事になる場面がありそうです。

ぜひ、似た者同士の関係をうまく活用して円滑なコミュニケーションを目指してみてくださいね。

人間関係講座のお知らせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催している人間関係講座をオススメしています。講座では

・人間関係の心理学を学ぶ
・対人不安の改善
・暖かい人間関係を築くコツ
・聴き上手,話し上手になるワーク

などたくさん練習していきます。筆者も講師をしています。是非お待ちしています。↓詳しくは下記看板をクリックください♪↓

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・中村(1984)性格の類似性が対人魅力に及ぼす効果 実験社会心理学研究 23(2), 139-145, 1984
・Byrne, D. & Nelson, D. (1965). Attraction as a linear function ofproportion of positive reinforcements. Journal of Personality andSocial Psychology, 1, 659-663.
Heider, F. (1958). The Psychology of Interpersonal Relations. New York: John Wiley & Sons.