ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
人間関係 >
人の好き嫌いが激しい人の心理と対策

日付:

人の好き嫌いが激しい人の心理と対策

皆さんこんにちは。人間関係講座を開催している公認心理師の川島達史です。今回のお悩み相談は「人の好き嫌いが激しい」です。

人の好き嫌いが激しい

相談者
30歳 女性

お悩みの内容
私は人間関係が長続きしません…。人の好き嫌いが激しく、一度仲良くなってもちょっとしたトラブルで嫌いになってしまいます。転職が多く、彼氏ができても、すぐに別れてしまいます。どうしたらいいのでしょうか。

すぐに人を嫌いになってしまうのですね。当コラムでは、人の好き嫌いが激しい心理のメカニズムと対策を解説していきます。是非参考にしてみてください。

好き嫌いの心理「分裂」とは?

人の好き嫌いが激しい方の原因は複数ありますが、当コラムでは共通傾向として、「分裂」という心理に焦点をあてて解説していきます。

好き嫌いする人の心理

分裂(splitting)はフランスの心理学者であるジャネが発見した概念で、アンナ・フロイトによって以下のように定義づけられています。

自己と他者の

肯定的特質
否定的特質

のどちらかに注目し、両方を全体として捉えることができない状態

分裂癖がある人は、相手の良い面を見ているときは、大好きになります。一方で、一度悪い面を見つけると良い面の一切を見れなくなり、悪い面のみを見ることになります。

その結果、大好きだった人を、今度はこけ下すように大嫌いになってしまうのです。分裂の心理を深く理解したい方は以下の例を展開してみてください。

登場人物

・たけし君
分裂癖がある 好き嫌いが激しい

・かずお君
正義感が強く社会貢献への意識が高い

たけし君はかずお君をいつも尊敬していました。かずお君のように立派な人になりたい!と考えてました。

好き嫌いが激しい人の例

そんなある日です。たけし君は、かずお君が飲み会の席で、人の悪口を言っているのを目撃しました。
良い面と悪い面の心理たけし君は、びっくりしました!「かずお君は実は裏の顔があり、信用できない人だ」と考え、悪口を言ったかずおくんのイメージを頭のなかで何度も繰り返してしまいます。

好き嫌いが激しい人の心

その結果、たけしくんは、かずお君の悪い面だけをみるようになり、嫌いになってしまいました。

*講師の視点
たけし君は典型的な分裂を起こしています。かずお君のこれまでの前向きな活動を一切忘れ、悪口を言ったという部分だけを見てしまっています。

ちなみに、健康的な方は、たまには悪口を言うのが人間だ…かずお君にもそんな時があるよね。統合することができます。

登場人物
・よしみさん
好き嫌いが激しい SNSが本音と考える

・のりお君
表裏があるタイプ 

好き嫌いが激しい人には、つぎのような発言があります。

「Twitterのつぶやきが本音。リアルでの発言は偽りだ!」

会社の飲み会に参加した「よしみさん」は、いつも前向きな「のりお君」が、「楽しい♪~」と言いながら飲み会を盛り上げている様子を見たとしましょう。好き嫌いが激しい人の発言

一方で「のりお君」は、帰宅後のTwitterで「会社の飲み会苦痛」とつぶやいていました。

Twitterでつぶやく人

不運なことに「のりお君」のTwitterでのつぶやきを見た、好き嫌いが激しい「よしみさん」は、「のりお君」の良い面を一切見れなくなってしまいました。

Twitterで分裂してしまった人

登場人物
・はなこさん
好き嫌いが激しい 特に人の食べ方にこだわりがある

・たろう君
誠実 親切 不器用なタイプ

好き嫌いがある場合は、

「○○さんの食べ方許せない!お付き合いをできない!!」

と思ってしまうことがあります。

分裂と好き嫌いが激しい人「はなこさん」にとって、「たろう君」は理想的な人でした。しかし、お付き合いを続けるうちに、「たろう君」のとても残念な点に気づきました。

食事が下品…食事が下品な人好き嫌いが激しい「はなこさん」は自分の理想と異なる「たろう君」の一面を許すことができず、「たろう君」の良い面に目を向けられなくなってしまいました。

理想とのギャップで分裂する女性


分裂癖の原因

分裂について理解は進みましたでしょうか。次に分裂が起こる原因について解説していきます。古典的な話となりますが、児童心理分析家のメラニー・クラインの主張を紹介します。

分裂ポジション

メラニー・クラインは、乳児期の親子関係に分裂癖の原因があると主張しています。授乳中のおっぱいには

よく出るおっぱい
出ないおっぱい

の2つがあります。この時赤ちゃんは、

よく出るおっぱい →良いおっぱい →好き
出ないおっぱい  →悪いおっぱい →嫌い

と考えます。乳児期のあかちゃんは良い部分と悪い部分をうまく統合できません。好き嫌いが激しい人の特徴

抑うつポジション

赤ちゃんも段々と様々なものの見方ができるようになっていきます。そしてある時期に、「母親の存在」に気づきます。ここで赤ちゃんは、

お母さんのおっぱいには良い部分・悪い部分がある。お母さんのおっぱい悪く言ってゴメン…全部含めてお母さんが大好き

と人を全体として「統合する」練習をしていきます。赤ちゃんは、2つのおっぱいを通して、葛藤し、お母さんを全体的に捉えていくのです。この心理状態を抑うつポジションと言ったりします。

抑うつポジションの解説

統合できない人

抑うつポジションへの移行は健康的な親子関係であれば、自然と練習できるものですが、身体的虐待、育児放棄など、適切な育児が受けられなかった乳児は、その後の対人関係の好き嫌いが極端になりやすくなると言われています。

ここからはカウンセラーとしての体感となりますが、対人関係で相手の特徴を統合できない方は、確かに家庭環境に問題があったあったかたが多いと感じています。

人の好き嫌いを改善する方法

ここからは人の好き嫌いを改善方法を解説していきます。具体的には以下の4つを提案させて頂きます。

①自分の気持ちに気がつく
②好き嫌いを統合する
③リフレームする
④人間関係をすぐにリセットしない

参考になりそうな内容がありましたら活用ください。

①自分の気持ちに気がつく

好き嫌いが激しい方は、感情的になり、そもそも「分裂」している自分に気がつかない傾向があります。ここで大事なことは、

今自分は相手を嫌いになっている状態だな
嫌いな部分だけを見つけるモードになっているな

と自分自身を観察することです。このように自分自身を観察することを、メタ認知と呼びます。メタ認知力がつくと、自分の感情を冷静に扱うことができるようになります。

感情的になりやすい…と感じる方は下記のコラムでメタ認知の練習をしてみてください。

メタ認知トレーニング

好き嫌いが激しい

②好き嫌いを統合する

自分の感情に気がついたら、まずは自分の感情を確認してみましょう。おそらく相手の短所や欠点を探し続けるモードになっていると思います。

食べ方が嫌い 遅刻したことがある 旅行の趣味が合わない 目の形が嫌 

このように紙に書いてみるのもいいかもしれません。そしてここからが肝心です!次は相手の欠点に目をつぶり、良いところだけをたくさん挙げてみてください。

やさしい話し方をしてくれる 悩みを聴いてくれた 私のミスに寛容 好きなスポーツチームが同じ 

このようにたくさんの長所も考えていきましょう。最後にこれらを統合していきます。

〇〇さんは、食べ方が汚くて、目の形がちょっと苦手だけど、食べ方なんて治せるし、目の形も受け入れられる範囲だ。何よりいつも優しいし、私に寛容なところがあるのが素敵!長所も短所もあるのが人間で、それぞれの個性があるからこそ人間らしい付き合いができる。

と考えるようにしましょう。人間を全体として捉え、1つのキャンパスのように眺めるのがコツです。

③リフレーミング

相手の長所を探すには、リフレーミング力をつけることが効果的です。リフレーミングは、1つの対象に対して、様々な考え方をすることで、思考をほぐしていく手法です。例えば、

食べ方が汚いところが嫌

と考えてる方がいたとしましょう。分裂癖がある方は一回嫌だな!と感じるとなかなか視点を変えられません。この時意識をしてリフレーミングしていくのです。例えば、

気取らず食べている おいしそうに食べている 神経質でなくおおらか 私も気を使わなくてOK

とプラスに考え治すこともできます。このように柔軟な見方を増やせると分裂癖も改善できるでしょう。考え方が狭くなりやすい…と感じる方は以下のコラムも参考にしてみてください。

リフレーミングコラム

 

良いところを見つける

④人間関係をリセットしない

好き嫌いが激しい時は、好きモードの時は、ハネムーンのようにべったりとしていますが、一度嫌いになると、極端な行動をしがちです。極端な行動としては以下が挙げられます。

もう会わない!と宣言する
スマフォから連絡先を削除する
上司に啖呵を切って退職する
恋人とすぐに別れる

このような傾向があるかたは、「すぐに人間関係をリセットしない」という気持ちを大事にしてください。先にあげた①~③をじっくり試していけば、ずいぶん楽になるはずです。

実際にリセットするかは冷静になることができた時に決めるようにしましょう。人間関係が短期的に終わることが多い…と感じる方は以下のコラムを参照ください。

人間関係のリセット癖を治す方法


仕上の動画

分裂については動画でも解説しています。仕上げとしてご活用ください。



まとめ

今回は好き嫌いが激しい人の心理について解説してきました。いかがでしたか。

繰り返しになりますが、好き嫌いが激しい人は、人間のどちらか一方に注目してしまう癖があります。特に「嫌い」という感情が大きくなったら、是非相手の良いところも思い出して、全体として人を捉えるようにしましょう。

皆さんが、末永く温かい人間関係を築かれることを願っています♪

人間関係講座のおしらせ

人間関係を築く力を公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかりつけていきたい方は、私たちが開催している講座をオススメしています。講座では

・相手の長所を探す練習
・傾聴力をつける練習
・共感力トレーニング
・暖かい人間関係を築くコツ

など練習していきます。筆者も講師をしています。皆様の御来場を是非お待ちしています(^^) ↓詳しくは下記の看板をクリック♪↓

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→