>
>
>
協調性がない人とは?改善法を解説

協調性がない人-改善法を専門家が解説①

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。

当コラムは「協調性がないをテーマに専門家が解説をしています。コラム①ではこちらの内容をご紹介します。

  • 協調性がないとは?
  • ポイントは「6つの要素」
  • ポジティブ感情への影響
  • 過剰適応とは?
  • 集団信頼感で人生の成功率UP
  • 診断・チェック
  • 協調性を高める方法
  • 協調性がないの改善策2つ

について解説します。紹介する内容はこちらです。

しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

周囲に合わせる人は協調性がない?

「協調性」とは、性格や意見などの違う者同士が、互いに譲りあって双方の調和と均衡を保とうとする力を意味します。ただ単に人と合わせたり、流されたり迎合することが「協調性がある」とは言えないのですね。「協調性=自分を押し殺して手伝う」という意味ではなく、お互いの価値観の調和を保つ力と考えておくとヒントになるかもしれません。協調性は社会生活で欠かせない

心理学の世界では人間の性格を「外向性、情緒不安、共感性、勤勉性、協調性」の5つで考える習慣があります。これはビックファイブといわれています。

協調性は社会心理学の中でも特に重要な性格で、たくさんの研究があります。まずは協調性がないという問題を改善するヒントになりそうな研究をいくつか紹介させて頂きます。

協調性の6つの要因

人の性格を科学的に判断するための「NEO-PI-R」という性格診断テストでは「協調性」を次の6つの要素に分けて測定しています。皆さんも自分に当てはまるかイメージしながら考えてみると良いかもしれません。

協調性とは

1:信頼性
他人を信頼するか、それとも疑ってかかるか

2:実直さ
素直で誠実か、それとも悪知恵を働かせたり、人を騙したりすることがあるか

3:利他性
喜んで他者を援助するか、他人の問題に関わるのは嫌か

4:応諾
人の頼みを受け入れたり、他人の意見に従う傾向がどのくらいあるか

5:慎み深さ
謙虚か自信家か

6:優しさ
他人に関心があり共感しやすいか、他人に関心が低く共感しにくいか

上の6つの要素が高い人が「協調性がある」と判断されるのです。

日本は協調性を大切する!

日本人には相手の気持ちを察する国民性があります。文字や言葉では正確に捉えられない曖昧な部分から、気持ちを読み取ろうとする文化があります。そして相手の意図を汲み取り、それに合わせて行動できると「気配り上手」「ジェントルマン」「協調性がある」などと褒められます。

・空気を読む
・○○の流れ
・察する
・おもてなし

日本語には相手の考えを理解しようとする表現がいくつもあります。国際的に見ても、日本が協調性を大切にする傾向があるようです。

例えば、総務庁青少年対策本部(2004年当時,現総務省)の調査によると、「親が子どもに望む性格特性」として、日本は・「思いやり」を1番に重視していると報告されています(図1)。

比較して、アメリカは「責任感」、韓国は「礼儀正しさ」を大切する傾向があります。海外では、日本のように協調することよりも、自立心、道徳心、マナーを大切にしてほしいと考える親が多いと言えます(図2)。

協調性はポジティブ感情を増やす

浅野ら(2008)は、協調性、外向性、ポジティブ感情の関連について調べています。その結果、協調性は外向性の高さに結び付き、結果的にポジティブな感情に結び付く傾向があることがわかりました。

協調性が高い方は、周りから好感を持たれ、その経験が楽しくて、外向性が高まっていきます。周りから感謝されたり、頼りにされる経験も得るため、ポジティブな感情が生まれやすいと考えられます。

また、水野(2003・2004)の研究によると、ビックファイブ(性格の主要5因子)の中でも好感に影響を与えるのは、協調性が高い人であることがわかりました。周りから好かれやすく、幸福な人生を歩んでいるといえるかもしれません。

協調性はネガティブ感情を減らす

浅野はまた、協調性、情緒安定、ネガティブ感情についても調査を行いました。その結果、協調性は情緒の安定性に結び付き、結果的にネガティブ感情を減らす傾向があることがわかりました。

協調性が高い方は、人間関係が充実しているためにソーシャルサポートを受けやすく、情緒が安定しやすいと言えます。また情緒が安定するために、喧嘩や対人トラブルが減り、ネガティブ感情が減るといえるかもしれません。

「わかり合うこと」「情報を共有すること」が集団や組織では大切ですので、理解できない人と思われてしまっているかも…。同調してばかりで他人に流される人は、「協調性がない」にあてはまります。少しずつ自己主張することも意識して、本当の意味での協調性を身に付けていきましょう。

過剰適応とは何か?

もし不誠実な人と出会ったとしたら・・・自分の気持ちや欲求を押し殺し、頑張って合わせ過ぎてしまう方は注意が必要です。心理学的にいうと、こういった方々を「過剰適応」という場合もあります。

相手の期待に合わせすぎたり、相手に過剰に気を使いすぎると精神疾患のリスクが高まる可能性があります。過剰適応は細かく見ると、自己抑制、自己不全感、良く思われようとするなどの項目から成り立ちます。

例えば、2015年に風間氏が大学生260名を対象にして、過剰適応について調査研究が行われました。その結果、これらの過剰適応と抑うつに相関関係があることが分かりました。

数値が高いほど相関があり、特に「自己抑制」と「自己不全感」は抑うつ症状に影響があることが分かります。集団の中で自分を抑える傾向があったり、自分は役に立っていないという感覚がある人は注意が必要です。

信頼関係は人生を成功へと導く

さらに川津ら(2012)の研究では、集団効力感質問用紙を使い、「集団効力感が試合中の行動や、大会結果にどのような影響を与えるか」を調べました。質問紙は1317名分の集まり、その結果を精査しました。

上図のように、集団効力感があるチームほど、試合中に仲間への声かけ、励ましなどが多かったのです。さらに、大会結果にもプラスの影響があることがわかりました。このようにチームの結束力があることは、自分や周りの人たちのパフォーマンス上げたり、協力的にしてくれるメリットがあるのです。

つまり、親友が多いなど円滑にコミュニケーションが取れている人は、自身の人間性にも魅力を感じ、人生で成功するための力にもなるということです。協調性がない人は、まずは周囲と少しづつコミュニケーションを取っていくようにしましょう。

このように人間関係は私たちの生活の中の本質的なもので、これだけ人生が大きく変わってしまうものなのです。それでは、人間関係を築く力を高めるにはどうすればいいのでしょうか?

 

協調性がない人と協調性がある人の違いは

協調性診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「協調性診断」をしてみましょう。

協調性診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
お互い助け合って生きることが大事だ
2.
困ったらお互い様だと思う
3.
困っている人がいたら積極的に助ける
4.
辛そうにしている人に気が付く
5.
悩んでいることがないか声をかける
6.
仲間を励ますことができる
7.
暖かい笑顔で協力する
8.
ゆったりとした雰囲気がある
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

協調性‐診断 注意事項
・当協調性診断は精神保健福祉士川島の監修の元作成しました
・医療的な診断を行うものではありません
・予備調査の段階となります
・参考程度にご使用ください

以下、協調性診断についての、作成手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

尺度作成の趣旨
現代社会では、主にスマフォーとフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、会話について誤った努力をしてしまう可能性があります。

そこで弊社では、メンタルヘルスやコミュニケーションの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

 

協調性診断作成の条件
尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。
・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・断定はしない あくまでヒントとして診断をする
・尺度の限界を明示する

 

①尺度作成について概観

協調性はビックファイブの1つであり、研究としては豊富に存在する。ビックファイブでは性格特定の1因子として考えられているが、その中身について、さらに複雑な因子があると推定される。実際いくつかの論文では協調性についての下位因子が検出されている。

先行研究
和田(1996)大学生を対象に、パーソナリティ特性用語のBig Five Scales(BFS)の尺度を作成した。ACL(Adjective Check List)の項目について まず、Big Fiveに対応する5因子解は
いくつかの分析ステップの後に得られ、次にBFSが構築された。 その中で協調性とほぼ同義である調和性因子が検出された。

先行研究ⅱ
登張(2015)等は多面的な協同性の尺度について大学生を対象に作成した。その結果、協調的問題解決、調和志向、非協調志向、協力志向の4下位尺度からなる多面的協調性尺度を作成した。協調的問題解決と協力志向は、個の認識・主張、安定した愛着関係、ボランティア活動の経験等と関連があった。調和志向は個の認識・主張と負の相関を示した。

 

先行研究ⅲ
村上等(2016)は小学4年生から中学3年生までの1,093名を対象として対象別向社会的行動尺度を作成し,信頼性と妥当性を検討した。因子分析の結果, 家族に対する向社会的行動, 友だちに対する向社会
的行動, 見知らぬ人に対する向社会的行動の3因子が抽出された。

 

② 尺度抽出について

このように協調性については、現在までに様々な角度から検討がされている。尺度の作成についてはこれらの近接する論文・学術書と、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。

 

参考文献
多面的協調性尺度の作成と大学生の協調性 登張真稲 名尾典子 首藤敏元 大山智子 木村あ 人間科学研究 (37), 151-164, 2015

性格特性用語を用いたBig Five尺度の作成 和田さゆり 心理学研究 1996 年 67
巻 1 号 p. 61-67

家族, 友だち, 見知らぬ人に対する向社会的行動 村上 達也 西村 多久磨 櫻井
茂男 教育心理学研究 64(2), 156-169, 2016

Gough, H. G., & Heilbrun, A. B.The adjective
check list mannual. 1983 ed. Palo Alto, CA: Con
sulting Psychologist Press.

 

③ KJ法によりグルーピングを行い
  4グループにまとめ、ラベリングを行った
  WEB対応簡易型雑談力尺度とするため
  4グループ質問項目についてそれぞれ2項目採用した
  *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に
   採用するが今回は川島の判断で選択した
  *採用した項目は一部表現を改変した

 

*協調性思考
お互い助け合って生きることが大事だ
困ったらお互い様だと思う

*他者配慮
困っている人がいたら積極的に助ける
辛そうにしている人に気が付く

*言語的スキル
悩んでいることがないか声をかける
仲間を励ますことができる

*非言語的スキル
暖かい笑顔で協力する
ゆったりとした雰囲気がある

 

④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず
  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した
  
  ・5件法
  ・33~40  協調性力高い 
  ・26~30  協調性力やや高い 
  ・20~25  協調性力やや低い
  ・8~19    協調性力低い
  
の4段階とする。優劣はないため、結果については長所と注意点の2方面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果については提案程度にとどめ、自己決定できるように記述を行う。

 

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

  →読み物としてのつまらなくならないように
   ラベリングはキャッチーに作成した

 

診断結果
・33~40  協調性高い

※長所
協調性が高いと言えます。気遣いや優しい言葉がけが得意な方が多いでしょう。相手が疲れている時はいち早く察知して、声をかけることができます。チームプレーが得意で、あなたがいると集団の健康度が上がると言えます。他者の心の動き繊細に感じ取るので、援助職など高度な仕事にも向いていると言えそうです。

 

※注意点
協調性が高すぎると、対人関係において疲労感を抱きやすいという研究もあります。もしあなたが他者のネガティブな感情を感じやすく、共感疲れをしやすい場合は注意が必要です。時には、鈍感になる時間もOkと気を付けましょう。

 

・26~30  協調性力やや高い

※長所
協調性が高いと言えます。気遣いや優しい言葉がけが得意な方が多いでしょう。相手が疲れている時はいち早く察知して、声をかけることができます。チームプレーが得意で、あなたがいると集団の健康度が上がると言えます。他者の心の動き繊細に感じ取るので、援助職など高度な仕事にも向いていると言えそうです。

 

※注意点
協調性が高すぎると、対人関係において疲労感を抱きやすいという研究もあります。もしあなたが他者のネガティブな感情を感じやすく、共感疲れをしやすい場合は注意が必要です。時には、鈍感になる時間もOkと気を付けましょう。

 

・20~25  協調性やや低い
※長所
協調性はやや低い傾向にありますが健康的なレベルです。周りに適度に気遣いすることができます。一方で、周りの目を必要以上に気にせず、他者に影響されない生き方ができます。率直に意見を言う力があり、目標を大事にしながら論理的に物事を進めることができるでしょう。ご自身の世界観をしっかり持っている人といえますので、カリスマ性を発揮する方もいるでしょう。

 

※注意点
人間関係で行き違いが多い方は注意が必要です。あなたのことを冷たい人という印象を持っている人がいるかもしれません。協調性を高めるための対策を以下のコラムでお伝えします。もう少し協調性をつけたいという方は参考にしてみてください。

 

・8~19    協調性低い
※長所
協調性は低い傾向にあります。一方で、周りの目を必要以上に気にせず、他者に影響されない生き方ができます。率直に意見を言う力があり、目標を大事にしながら論理的に物事を進めることができるでしょう。ご自身の世界観をしっかり持っている人といえますので、カリスマ性を発揮する方もいるでしょう。

 

※注意点
人間関係で行き違いが多い方は注意が必要です。あなたのことを冷たい人という印象を持っている人がいるかもしれません。協調性を高めるための対策を以下のコラムでお伝えします。もう少し協調性をつけたいという方は参考にしてみてください。

 

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

 

協調性(MAX 40)

協調性(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど、協調性があることを示しています。以下の基準を参考にしてください。
  ・33~40  協調性力-高い 
  ・26~30  協調性力-やや高い 
  ・20~25   協調性力-やや低い
  ・8~19     協調性力-低い

協調性(MAX 40)

協調性(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の2群に当てはまった方は注意しましょう。

・20~25  協調性力-やや低い
・8~19    協調性力-低い

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 宮崎県 40 2
    2 島根県 31.8 5
    3 三重県 31.79 14
    4 大分県 30.67 3
    5 香川県 30.5 6
    6 栃木県 30.23 13
    7 熊本県 29.78 9
    8 福井県 29.54 13
    9 徳島県 29.5 2
    10 佐賀県 29.33 3
    11 沖縄県 29.25 4
    12 高知県 28.75 4
    13 岩手県 28.25 8
    14 長崎県 28.2 5
    15 新潟県 28 13
    15 秋田県 28 5
    17 広島県 27.93 14
    18 山形県 27.83 6
    19 長野県 27.5 14
    20 山梨県 27.2 5
    21 石川県 27.09 11
    22 宮城県 26.92 12
    23 愛知県 26.72 58
    24 岡山県 26.67 9
    25 青森県 26.64 11
    26 愛媛県 26.5 6
    27 大阪府 26.49 53
    28 北海道 26.31 55
    29 静岡県 25.73 22
    30 東京都 25.7 125
    31 神奈川県 25.7 70
    32 岐阜県 25.69 13
    33 茨城県 25.6 15
    34 千葉県 25.51 35
    35 埼玉県 25.45 51
    36 山口県 25.33 3
    37 兵庫県 24.69 16
    38 群馬県 24.62 13
    39 京都府 24.5 18
    40 福岡県 24.18 28
    41 奈良県 23 13
    41 鹿児島県 23 9
    43 富山県 22.86 7
    44 滋賀県 22.5 12
    45 和歌山県 22 1
    46 福島県 19.79 14
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 宮崎県 40 2
    2 岩手県 38 1
    3 愛媛県 34 1
    4 秋田県 32.5 2
    5 沖縄県 32 2
    5 群馬県 32 2
    7 宮城県 30.67 3
    8 福井県 29.5 2
    9 石川県 29.4 5
    10 島根県 29.33 3
    11 長野県 28.33 3
    12 山形県 28 1
    12 岡山県 28 2
    14 岐阜県 27.5 2
    15 広島県 26.88 8
    16 山梨県 26.75 4
    17 三重県 26.5 2
    18 京都府 26.43 7
    19 静岡県 26.25 8
    20 香川県 26 1
    21 大阪府 25.64 11
    22 青森県 25.4 5
    23 愛知県 25.1 20
    24 北海道 24.91 23
    25 千葉県 24.88 8
    26 神奈川県 24.7 30
    27 福岡県 24.67 6
    28 東京都 24.49 43
    29 茨城県 23.88 8
    30 滋賀県 23.5 4
    31 新潟県 23.4 5
    32 奈良県 23.33 3
    33 埼玉県 23 14
    33 栃木県 23 2
    33 鹿児島県 23 2
    36 長崎県 22 2
    37 兵庫県 21.25 4
    38 富山県 20.33 3
    39 福島県 20.25 4
    40 高知県 19 2
    41 熊本県 18 2
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 高知県 38.5 2
    2 島根県 35.5 2
    3 長崎県 35 2
    4 熊本県 33.14 7
    5 三重県 32.67 12
    6 栃木県 31.9 10
    7 香川県 31.4 5
    8 新潟県 30.88 8
    9 大分県 30.67 3
    10 福井県 29.55 11
    11 徳島県 29.5 2
    12 佐賀県 29.33 3
    12 広島県 29.33 6
    14 山梨県 29 1
    15 山形県 27.8 5
    16 青森県 27.67 6
    17 愛知県 27.58 38
    18 茨城県 27.57 7
    19 北海道 27.31 32
    20 長野県 27.27 11
    21 大阪府 27.07 41
    22 岩手県 26.86 7
    23 神奈川県 26.58 38
    24 沖縄県 26.5 2
    25 埼玉県 26.38 37
    26 東京都 26.34 82
    27 岡山県 26.29 7
    28 兵庫県 25.83 12
    29 千葉県 25.7 27
    30 宮城県 25.67 9
    31 静岡県 25.43 14
    32 岐阜県 25.36 11
    33 山口県 25.33 3
    34 石川県 25.17 6
    35 秋田県 25 3
    35 愛媛県 25 5
    37 富山県 24.75 4
    38 福岡県 24.05 22
    39 京都府 23.27 11
    39 群馬県 23.27 11
    41 鹿児島県 23 7
    42 奈良県 22.9 10
    43 和歌山県 22 1
    43 滋賀県 22 8
    45 福島県 19.6 10

2018年7月18日から調査を開始しています。現在集計中です。

※長所
協調性が高いと言えます。気遣いや優しい言葉がけが得意な方が多いでしょう。相手が疲れている時はいち早く察知して、声をかけることができます。チームプレーが得意で、あなたがいると集団の健康度が上がると言えます。他者の心の動き繊細に感じ取るので、援助職など高度な仕事にも向いていると言えそうです。

※注意点
協調性が高すぎると、対人関係において疲労感を抱きやすいという研究もあります。もしあなたが他者のネガティブな感情を感じやすく、共感疲れをしやすい場合は注意が必要です。時には、鈍感になる時間もOKと気を付けましょう。

※長所
協調性が高いと言えます。気遣いや優しい言葉がけが得意な方が多いでしょう。相手が疲れている時はいち早く察知して、声をかけることができます。チームプレーが得意で、あなたがいると集団の健康度が上がると言えます。他者の心の動き繊細に感じ取るので、援助職など高度な仕事にも向いていると言えそうです。

※注意点
協調性が高すぎると、対人関係において疲労感を抱きやすいという研究もあります。もしあなたが他者のネガティブな感情を感じやすく、共感疲れをしやすい場合は注意が必要です。時には、鈍感になる時間もOkと気を付けましょう。

※長所
協調性はやや低い傾向にありますが健康的なレベルです。周りに適度に気遣いすることができます。一方で、周りの目を必要以上に気にせず、他者に影響されない生き方ができます。率直に意見を言う力があり、目標を大事にしながら論理的に物事を進めることができるでしょう。ご自身の世界観をしっかり持っている人といえますので、カリスマ性を発揮する方もいるでしょう。

※注意点
人間関係で行き違いが多い方は注意が必要です。あなたのことを冷たい人という印象を持っている人がいるかもしれません。協調性を高めるための対策を以下のコラムでお伝えします。もう少し協調性をつけたいという方は参考にしてみてください。

※長所
協調性は低い傾向にあります。一方で、周りの目を必要以上に気にせず、他者に影響されない生き方ができます。率直に意見を言う力があり、目標を大事にしながら論理的に物事を進めることができるでしょう。ご自身の世界観をしっかり持っている人といえますので、カリスマ性を発揮する方もいるでしょう。

※注意点
人間関係で行き違いが多い方は注意が必要です。あなたのことを冷たい人という印象を持っている人がいるかもしれません。協調性を高めるための対策を以下のコラムでお伝えします。もう少し協調性をつけたいという方は参考にしてみてください。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらのコミュニケーション講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

 

 

協調性がないを克服する方法

感謝の気持ちを伝える

協調性がないという気持ちを抱えている方は、感謝をすることを意識してみると良いでしょう。北村(2010)は感謝が親切行動に与える影響に調べています。女子大生82名に対して、1週間継続して1日1回以上、親切された時に「ありがとう」と伝えるようにしてもらいました。

その結果、下記の図のように感謝をすることで親切行動が増えていることが分かります。

協調性

他人に対して感謝をすると、親切行動が増えていることが分かります。相手の長所に目が向き、誰かのためになる行動が増えていくのです。すると、人間関係が円滑になり、仕事や学校も充実していきます。また、協調性がない人は感謝をする意識が不足している可能性があるため、少しずつでも他人への感謝を考えてみると良いでしょう。

① もし○○がいなくなったら?
○○に入る言葉は感謝したい対象の人物や出来事にしましょう。今回は例としては、もしも母がいなくなったら…どんなことが起きるかイメージして書き出してみましょう。ポイントは、日々の何気ない出来事にも、目を向けることです。

例えば

・相談に乗ってもらえない
・料理を作ってもらえない
・洗濯をしてもらえない

母親や父親、家族が居て世話してくれることに慣れてしまってませんか?。もしも母がいなくなったら…と考えると、母親の存在の大きさに気付けるとおもいますね。それが協調性がない状態を改善してくれます。

②感謝の気持ちに変える
①で出した状況を感謝する言葉に変換してみましょう。

・相談にのってくれてありがとう
・料理を作ってくれてありがとう
・洗濯してくれてありがとう

感謝の気持ちに変換すると、「ありがとう」が見つかりますね。

③すぐに伝える
「ありがとう」が見つかったら、相手に伝えましょう。その場ですぐに伝えることが大切です。

また感謝の気持ち「ありがとう」に素直な気持ちをプラスすると、より気持ちが伝わりやすくなります。

例えば

・いつもありがとう。凄く助かった!
・なんかすごい旨かった!ありがとう。
・どうもありがとう。すごく楽しかった。
・だいぶ気持ちが楽になった。ありがとう。
・いつも気にかけてくれて感謝してます。

どんな表現で伝えるかを大切にして、感謝の言葉を口にしましょう。

「帰属意識」で協調性がないを改善

協調性と関連が高い社会心理学のキーワードとして「帰属意識」という用語があります。「帰属意識」とは、ある特定の集団に対して一体感を持つかどうかを指します。

つまり、自分がその集団の「一員」や「メンバー」であるという意識や自覚をどの程度持っているか、ということですね。

たとえば、勤めている会社や参加しているプロジェクトチーム、大学の所属サークル等に、帰属意識を持つ人は多いでしょう。帰属意識は協調性の源のようなものです。この集団は自分にとってとても大事だ!と感じると協調性が自然と湧いてくるからです。協調性を高めるメリットとは

 

北川・藤井(2012)は共同体帰属意識と主観的幸福感について研究をしました。具体的には、

「地域や組織が自分自身と深く関係する(帰属意識)」
 という意識と
「幸福感」

の関連について統計を取ったのです。その結果、地域や組織への帰属意識と幸福感はプラスの関係(0.183**)にあることがわかりました。

この結果から、自分が所属している組織へ愛着を持つ方ほど、幸福感が高い傾向にあると予想できると言えます。

逆に組織への低い帰属意識は幸福感とマイナスの関係(-0.165**)にあることもわかっています。

個人主義や一匹狼はかっこいい?!面もありますが、過剰な個人主義は殺伐とした生活になりやすいので注意が必要です。

「協調性がない」の2つの原因と解決策

①「限界設定」で無理せず発揮
過剰適応ってなに?
協調性ない人は、1度手伝うと、どんどん依頼が増えてしまうと想像してしまいます。その結果、自分の時間が無くなってしまってしまうのではないかと考え、それならそもそも協調しないほうがいいと考えてしまう傾向があります。

「限界設定」とは?
健康的な協調性は何も過剰に協調しなくてもいいのです。健康的な協調性を発揮するには「限界設定」が鍵となります。限界設定とは、協調できる範囲と、できない範囲を明確にする区分をしっかりするという意味です。協調すると自分の時間を犠牲にしてしまう感覚がある・・・という方は、コラム②の解説と練習問題に取り組んでみてください。

②挨拶判断・質問・窓口広げ
協調スキル不足
協調性がない・・・と言われてても、具体的にどうすればいいのかわからない・・・と、気持ちばかりが空回りしてしまう方もいると思います。

3つ方法でコミュ力に自信を
協調性を高めるには日常のちょっとした場面で、いくつかの心がけをすれば随分改善されます。当コラムでは、コミュニケーションに対する苦手意識を克服する「挨拶判断・質問・窓口広げ」について詳しくご紹介します。気遣いが不足していると言われる・・・という方は、コラム③をぜひ参考にしてください!

協調性がない!を対処しよう

協調性がないを克服するために感謝の気持ちを持つこと、帰属意識を持つことを解説しました。。次回以降は、「限界設定で無理なく強調」「挨拶判断・質問・窓口広げ」詳しく解説をしていきます。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

対処法で協調性を高めよう

次回は、協調性がないを克服する方法の1つ目「限界設定」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★協調性がないのは自己主張しないから!対処法で解決しよう

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→

*出典・参考文献
総務庁青少年対策本部「子供と家族に対する国際比較調査」(2004) 
河津・杉山・中須(2012)スポーツチームにおける集団効力感とチームパフォーマンスの関係の種目間検討
水野邦夫(2004)「良好な対人関係に及ぼす性格特性・社会的スキルの効果について
– 自己評定データをもとに(人間心理学科)-」 聖泉論叢 12, 17-27.
水野邦夫(2003)「対人場面における好意的感情と外向性の関連性について : 外向性は
好ましい性格か?」 聖泉論叢 (11)13-25.
張真稲・名尾典子・首藤敏元・大山智子・木村あやの(2015)「多面的協調性尺度の作成と大学生の協調性」人間科学研究第37号(文教大学人間科学部)
張真稲・名尾典子・首藤敏元・大山智子・木村あやの(2012)「協調性尺度の開発」日本心理学会
下仲順子・中里克治・権藤恭之・高山緑(1999)「日本語版NEO-PI-R NEO-FFI使用マニュアル」東京心理(株)
Daniel Nettle (2009)「パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる」
竹内和世(翻訳)白揚社
浅野壮志・小田島 裕美・宮 聡美・阿久津洋巳(2008)「性格5因子とポジティブ・ネガ
ティブ感情,ストレス反応,対人不安の関連」岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 (7)116-128.
市川照久・横山繁盛・永田守男・桜井彰人(2004)「企業が求める人材の要件とその育成法」研究技術計画 17(1/2), 90-101.