>
>
>

協調性がない原因と簡単にできるセフルチェックも

協調性がない


協調性がない原因と簡単診断①

みなさん、こんにちは。
今回は「協調性」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

私たちは日々、家庭や職場、学校などの様々な集団、コミュニティの中で互いに協力しあって生きています。

「Aさんは、協調性が高いから、誰とでも仲良くなれてみんなから好かれていて羨ましい!」「私は周りに合わせるのは苦手だし、一人でいる方が楽だから、協調性がないのかも・・・」と、悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか?

あるいは、協調性を保つために、言いたい事を我慢したり、自分を押し殺して他人の顔色をうかがってばかりの人にはなりたくない!と自分の主張を曲げずに、度々人と衝突してしまう・・・という人もいるでしょう。

しかし、社会生活では組織やチーム等で共同作業や集団行動をしなければならない場面が数多くあります。みんなで力を合わせて行う仕事や課題の際に、協調性がない人がいると足並みがだんだん揃わなくなってきますよね。

たとえば、協調性がない人の言動や要望を受け入れるとなると、周囲の人がその人に合わせなければならなくなり、和が乱れて空気が悪くなる・・・なんてことも。その結果、目標や目的が達成できないばかりか、新たな問題の発生や、時には致命的な事態に至る可能性もあるかもしれません。

協調性がないと孤独やストレスを招く事も

協調性がない人で人間関係を築くのもあまり得意ではない場合、どうしても孤独を感じてしまったり、周りから仲間外れにされたりしてしまいがちです。

実際に、協調性が高い人ほど良好な人間関係を築きやすいという実証データもあります。水野(2003・2004)の研究では、ビックファイブ(性格の主要5因子)と言われる性格特性の中でもっとも好意的に思われるのは、協調性が高い人とのことです。企業で求められる人物像として、「協調性が高い人」「チームワークを大切にする人」を挙げているところも多いようです。

また、浅野ら(2008)の研究では性格と対人関係、ストレスとの関連について調べています。その結果、ちょっと意外かもしれませんが、協調性が低く利己的な人ほどストレス反応が高いという論文研究結果もあります。

一般的には、協調性がある人の方が周囲に気を遣っていてストレスが溜まりそうなものですが、そうとも限らないのですね。もしかすると、協調性がないことで人間関係が気まずくなったり、揉め事が起きて嫌な思いをすることがストレスに繋がっているのかもしれません。

このように、社会で他人と関わりながら円滑なコミュニケーションを取るには必要不可欠に思える「協調性」。改めて「協調性」とは一体どのようなもので、そもそも「協調性」の高い人、低い人との違いはなぜ出てくるのでしょうか?

協調性が高い、低いとは?

「協調性がある人」というと、おそらく「誰とでも仲良くなれる人」や「和を乱さない人」というようにイメージされることが多いのではないでしょうか。

ここで改めて、「協調性」について広辞苑第6版(新村,2008)で調べてみると、

”利害の対立する者同士が穏やかに相互間の問題を解決しようとすること、あるいは性格や意見の異なった者同士が譲り合って調和を図ることを『協調』といい、周囲とうまく協調できる性質のことを『協調性』という”

と出ています。つまり、「協調性」とは、性格や意見などの違う者同士が、互いに譲りあって双方の調和と均衡を保とうとすることなのです。ただ単に人と合わせたり、流されたり迎合することが「協調性がある」とは言えないのですね。

また、人の性格を科学的に判断するための「NEO-PI-R」という性格診断テストでは「協調性」を次の6つの要素に分けて測定されています。

1.信頼性:他人を信頼するか、それとも疑ってかかるか
2.実直さ:素直で誠実か、それとも悪知恵を働かせたり、人を騙したりすることがあるか
3.利他性:喜んで他者を援助するか、他人の問題に関わるのは嫌か
4.応諾:人の頼みを受け入れたり、他人の意見に従う傾向がどのくらいあるか
5.慎み深さ:謙虚か自信家か
6.優しさ:他人に関心があり共感しやすいか、他人に関心が低く共感しにくいか

上の6つの要素が高い人が「協調性がある」と判断されるのです。

次に、この「協調性」の有無を判定するための項目を張ら(2012・2015)の協調性尺度から抜粋したものがありますので、簡単にセルフチェックしてみましょう!

協調性をセルフチェック!

普段みなさんは、チームや集団の中で話し合いや作業をする場面ではどのような傾向が強いでしょうか?次のA、B、Cグループの□にいくつチェックが付くか考えてみましょう。

Aグループ
□相手が納得するようにきちんと説明する
□他者と意見が異なるとき両者が歩み寄れるような解決案を考える
□どんな人に対してもなるべく相手の話を聞く
□失敗してみんなに迷惑をかけたことに気づいたら素直に謝れる
□自分とは全く違う生き方をしている人とも仲良くなれる
□その場の状況に合わせて自分の気持ちをうまくコントロールする
当てはまった数⇒   個

Bグル-プ
□自分とは違う考えの人の話は聞きたくない
□人と気持ちを分かち合いたいとは思わない
□他の人の気持ちを理解したいとは思わない
□人に合わせるより自分が勝つことが大事だ
□手伝いを頼まれても断ることが多い
□人の意見は聞かない 
当てはまった数⇒   個

Cグループ
□相手の意見をできるだけ尊重する
□人の意見に合わせることが多い
□所属するグループの意向に合わせようとする
□もめごとが起こらないようにしている
□相手との関係が悪くならないように配慮して行動する
□人間関係を第1に考えて行動する
当てはまった数⇒   個

あなたの協調性タイプは?!

A~Cで当てはまった数が一番多いグループは何でしたか?それにより、あなたの協調性の高さやタイプが見えてくるかも・・・。

Aグループが多い人は、高い協調性の持ち主!
他人に共感することができ、たとえ相手と自分の意見が異なっていたとしても、上手く調整して提案できるバランス感覚がある人です。

進んで他人を助けることができ、他人も自分に対して基本的に好意的だと思っているので、敵を作ることは滅多になさそうです。

Bグループが多い人は、協調性が低い、と思われてしまうかも!?
自分の考えをしっかりと持ち、正直な言動ができる半面、他人の意見を受け入れるのか苦手なタイプなようです。

親切にされても、相手の行動の意図が気になってしまうことがあったり競争的な性質を持っているため、自己中心的だと思われてしまうこともありそうです。

自分の信念を貫けるということは素晴らしいことですので、少しずつ周囲にも目を向ける努力をすると、より視野が広がっていくはずです。

Cグループが多い人は、なんちゃって協調性?!の可能性あり
一見すると周りに気を遣い他人の意見を受け入れているので、協調性があるように見えます。しかし、他人に合わせてばかりで自分の意見を言わないと相手は何を考えているのか理解できません。

分かり合うこと、情報を共有することが集団や組織では大切ですので、相手からあなたのことを理解できない、と思われてしまっているかも。同調してばかりで他人に流される人も協調性があるとは言えません。

少しずつ自己主張することも意識して、本当の意味での協調性を身につけていきましょう。

協調性には適度な自己主張も必要

いかがでしたか?自分自身が自覚している「協調性」の高さとは多少認識のギャップがあった、という方もいたのではないでしょうか。

人に合わせることも、自分の意見を主張することもバランス良くできてこそ「協調性が高い」と言えるのです。また、協調性がない人は、

・自らの意思で「協調しないタイプ」
・集団で上手くやりたいのに「協調できないタイプ」

の2パターンがあることもわかります。ここからは、それぞれの原因と解決策を考えていきましょう。

協調性がない、低くなってしまう原因

まずは、協調性が低くなってしまう主な原因を3つご紹介します。

1:集団への帰属意識の薄さ
協調性が低い人は、個人主義者で単独行動を好むことが多く、そもそも集団やグループに属することを避ける傾向にあります。確かに、独りでいた方が誰にも気を遣う必要もないですし、効率的で都合の良いこともあります。

しかし、社会生活の中で人との関わりを完全に絶つということはほぼ不可能です。そして、集団活動の中でしか得られない利益や協力することによるメリットというものもあります。

次回コラム②では、集団での協調性を高めるメリットや協働するということの目的意識を考えていきましょう。

2:自己中心的な考え方
常に自分中心で物事を考えており、他の人の話を聞けない、理解しようとしないことが協調性がない原因です。

コラム③では、相手の立場で考え、相手の考えをまずは聞く、受け入れることを通して自分を客観視する方法について考えていきます。

3:集団でのコミュニケーションが苦手
協調性を持とうと思っても、コミュニケーションに苦手意識がある場合。特に、自分以外に複数や大人数のグループの中に入ると、意思疎通や自己主張が上手くできなくなってしまい、協調性のない態度や言動をしてしまうということがあります。

コラム④では、集団でのコミュニケーションの苦手を克服するステップや方法について詳しくご紹介します。

協調性が低くなる原因を解消しよう

このように、「集団への帰属意識の薄さ」「自己中心的な考え方」「集団コミュニケーションに対する苦手意識」などが原因となり、「協調性がない、協調性の低さ」として現れてくることも多いのです。

次回以降は、これらの原因を解消するための方法や考え方についてご紹介していきます。

コラム② 協調性がない人の特徴
コラム③ 協調性がない人の考え方を改善する方法
コラム④ 協調性がないを改善する3つのポイント
コラム⑤ 協調性がない人の特徴と改善方法

このような方法を知って、ちょっとした考え方や意識を変えることができれば、少しずつ協調性も改善されるでしょう。そして、これまでの人間関係や社会生活がより豊かで有意義なものになるはずです!

一緒に少しずつ学んでいきましょう。次回の協調性コラムもお楽しみに!

★協調性とは自分と人を調整する力!
★人と合わせることが協調ではない!
★自己主張ができてこその協調性!
★協調性がないのには3つの原因がある

*参考文献
水野邦夫(2004)「良好な対人関係に及ぼす性格特性・社会的スキルの効果について
– 自己評定データをもとに(人間心理学科)-」 聖泉論叢 12, 17-27.
水野邦夫(2003)「対人場面における好意的感情と外向性の関連性について : 外向性は
好ましい性格か?」 聖泉論叢 (11)13-25.
張真稲・名尾典子・首藤敏元・大山智子・木村あやの(2015)「多面的協調性尺度の作成と大学生の協調性」人間科学研究第37号(文教大学人間科学部)
張真稲・名尾典子・首藤敏元・大山智子・木村あやの(2012)「協調性尺度の開発」日本心理学会
下仲順子・中里克治・権藤恭之・高山緑(1999)「日本語版NEO-PI-R NEO-FFI使用マニュアル」東京心理(株)
Daniel Nettle (2009)「パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる」
竹内和世(翻訳)白揚社
浅野壮志・小田島 裕美・宮 聡美・阿久津洋巳(2008)「性格5因子とポジティブ・ネガ
ティブ感情,ストレス反応,対人不安の関連」岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 (7)116-128.
市川照久・横山繁盛・永田守男・桜井彰人(2004)「企業が求める人材の要件とその育成法」研究技術計画 17(1/2), 90-101.



3つの原因を確認しよう