>
>
>

協調性がない?原因と対策、診断・チェックを専門解説

協調性がない


協調性がない人必見!改善法を専門家が解説①

協調性を専門家が解説

みなさんはじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は社会心理学の大学院で、成人のコミュニケーションについて研究をしてきました。現在では成人向けのコミュニケーション講座の講師として活動しています。当コラムは「協調性がないをテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

協調性は社会生活で欠かせない

協調性が高い人は好感を持たれる

私たちは日々、家庭や職場、学校などの様々な集団、コミュニティの中で互いに協力しあって生きています。人間の性格は基本的に、外向性、情緒不安、共感性、勤勉性、協調性の5つが挙げられます。これはビックファイブといわれるのですが、水野(2003・2004)の研究によると、ビックファイブ(性格の主要5因子)の中でも好感に影響を与えるのは、協調性が高い人であることと統計的に示されています。

協調性がある人はストレスが低い

また、浅野ら(2008)は、性格と対人関係、ストレスとの関連について調べています。その結果、協調性が高いほどストレス反応が低いということがわかりました。一般的には、協調性がある人の方が周囲に気を遣っていてストレスが溜まりそうですが、そうとも限らないのですね。もしかすると、協調性がないことで人間関係が気まずくなったり、揉め事が起きて嫌な思いをすることがストレスにつながっているのかもしれません。

協調性とは?

そもそも「協調性」の高い人、低い人との違いはなぜ出てくるのでしょうか?ここで改めて、「協調性」について広辞苑第6版(新村,2008)で調べてみると、
”利害の対立する者同士が穏やかに相互間の問題を解決しようとすること、あるいは性格や意見の異なった者同士が譲り合って調和を図ることを『協調』といい、周囲とうまく協調できる性質のことを『協調性』という”

と解説されています。つまり、「協調性」とは、性格や意見などの違う者同士が、互いに譲りあって双方の調和と均衡を保とうとすることなのです。

ただ単に人と合わせたり、流されたり迎合することが「協調性がある」とは言えないのですね。

協調性と6つの要因

また、人の性格を科学的に判断するための「NEO-PI-R」という性格診断テストでは「協調性」を次の6つの要素に分けて測定しています。

1:信頼性
他人を信頼するか、それとも疑ってかかるか

2:実直さ
素直で誠実か、それとも悪知恵を働かせたり、人を騙したりすることがあるか

3:利他性
喜んで他者を援助するか、他人の問題に関わるのは嫌か

4:応諾
人の頼みを受け入れたり、他人の意見に従う傾向がどのくらいあるか

5:慎み深さ
謙虚か自信家か

6:優しさ
他人に関心があり共感しやすいか、他人に関心が低く共感しにくいか

上の6つの要素が高い人が「協調性がある」と判断されるのです。

協調性を簡単診断!

次に、簡単にできるセルフチェックをしてみましょう!「協調性」について判定するため、張ら(2012・2015)の協調性尺度に検討を加え、作成したものがあります。次のA、B、Cグループの□にいくつチェックが付くか考えてみましょう。

Aグループ 当てはまった数⇒   個


Bグル-プ

 当てはまった数⇒   個


Cグループ

当てはまった数⇒   個

あなたの協調性タイプは?!

A~Cで、当てはまった数が一番多いグループは何でしたか?それにより、あなたの協調性の高さやタイプが見えてきます。

Aグループが多い人
⇒高い協調性の持ち主!

他人に共感することができ、たとえ相手と自分の意見が異なっていたとしても、上手く調整して提案できるバランス感覚がある人です。

進んで他人を助けることができ、他人も自分に対して基本的に好意的だと思っているので、敵を作ることは滅多になさそうです。

Bグループが多い人
⇒協調性が低い、と思われがち!?

自分の考えをしっかりと持ち、正直な言動ができる半面、他人の意見を受け入れるのか苦手なタイプです。

親切にされても、相手の行動の意図が気になったり、競争的な性質を持っているため、自己中心的だと思われてしまうことも…。自分の信念を貫けるというのは素晴らしいことですので、少しずつ周囲にも目を向ける努力をすると、より視野が広がっていくはずです。

Cグループが多い人
⇒なんちゃって協調性?!の可能性あり

一見すると、周りに気を遣い他人の意見を受け入れているので、協調性があるように見えます。しかし、他人に合わせてばかりで自分の意見を言わないので、相手は何を考えているのか理解できません。

「わかり合うこと」「情報を共有すること」が集団や組織では大切ですので、理解できない人と思われてしまっているかも…。同調してばかりで他人に流される人は、協調性があるとは言えません。少しずつ自己主張することも意識して、本当の意味での協調性を身に付けていきましょう。

定期的にチェックしてみよう

結果は、あくまで「今」の傾向です。時間や状況によって変化するため、できれば月に一度ほど協調性の診断・チェックを行い、自分を見つめ直しましょう。自分の状態を知ることで、適度な協調性で対処できるようになります。後ほど、対処法をご紹介します。

協調性を高める3つの解決策

協調性がない原因

さて、先ほど行った協調性の診断・チェックはいかがでしたか。結果を元に「協調性を持とう!」と思われた方もいらっしゃると思いますが、思考を簡単に変えられないと感じている方も多いと思います。

ここでは、協調性に欠ける原因と解決策について考えていきましょう。協調性に欠ける原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①協調するとメリットいっぱい!

単独行動のデメリット
協調性が低い人は、そもそも個人主義者で単独行動を好むことが多く、そもそも集団やグループに属することを避ける傾向にあります。確かに一人でいた方が、誰にも気を遣う必要がないですし、効率的で都合の良いこともありますね。しかし、実はこの「一人でいた方が楽」という考えのままでは、協調性を向上させることができません。

協調性を高めるメリットを理解しよう
集団行動は本当にデメリットが多いのでしょうか?先ほどもお伝えした通り、実は協調性が高く集団行動が得意な方の方がメンタルヘルス的には良好であることがわかっています。そこで当コラムではまず、協調性のメリットをお伝えし、モチベーションを高めるところから解説をしたいと思います。協調は面倒くさい…集団に属するのは面倒だ…という方は、コラム②をぜひ参考にしてくださいね。

②王道!相手の立場に立つ法

自己中心的な考え方
常に自分中心で物事を考えており、「人の話を聞けない」「他人を理解しようとしない」ことが、協調性に欠ける原因となっているパターンです。自己中心的な考えは、どうしたら改善できるのでしょうか。協調性がないと孤独に

相手の気持ちを想像する方法
協調性を高めるには、相手の立場に立つことが大切です。協調性を高める王道中の王道といえます。そうは言っても意外とできそうできないですよね。。よく自己中心的だと言われる…相手の気持ちより自分の意見を優先してしまう…という方は、コラム③の解説と練習問題に取り組んでみてください。

③集団力をつける

集団でのコミュニケーションが苦手
協調性を持とうと思っても、コミュニケーションに苦手意識があると空回りしてしまいます。特に、大人数のグループの中に入ると、意思疎通や自己主張が上手くできなくなってしまい、協調性のない態度や言動をしてしまうということがあります。

集団力をつける持つ3つの方法
このタイプの人が、集団の中で良いコミュニケーションをとるには、いくつかの心がけと新たな視点が必要です。当コラムでは、集団でのコミュニケーションに対する苦手意識を克服する3つの方法について詳しくご紹介します。集団の中にうまくは入れない…という方は、コラム④をぜひ参考にしてください!

対処法を知って協調性を高めよう!

対処法で協調性を高めよう

協調性に欠ける原因には「単独行動が得だと考えている」「自己中心的な考え方」「集団でのコミュニケーションが苦手」の3つが大きく関わっていることがわかりました。次回以降は、協調性を高める方法を解説していきます。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

ちょっとした考え方や意識を変えることができれば、少しずつ協調性の低さも改善されるでしょう。そして、これまでの人間関係や社会生活がより豊かで有意義なものになるはずです!

次回は、協調性を高める方法の1つ目「協調するメリットいっぱい!」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★協調性が低いことがストレスになる、協調性には自己主張も必要!
人間関係講座

*出典・参考文献
水野邦夫(2004)「良好な対人関係に及ぼす性格特性・社会的スキルの効果について
– 自己評定データをもとに(人間心理学科)-」 聖泉論叢 12, 17-27.
水野邦夫(2003)「対人場面における好意的感情と外向性の関連性について : 外向性は
好ましい性格か?」 聖泉論叢 (11)13-25.
張真稲・名尾典子・首藤敏元・大山智子・木村あやの(2015)「多面的協調性尺度の作成と大学生の協調性」人間科学研究第37号(文教大学人間科学部)
張真稲・名尾典子・首藤敏元・大山智子・木村あやの(2012)「協調性尺度の開発」日本心理学会
下仲順子・中里克治・権藤恭之・高山緑(1999)「日本語版NEO-PI-R NEO-FFI使用マニュアル」東京心理(株)
Daniel Nettle (2009)「パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる」
竹内和世(翻訳)白揚社
浅野壮志・小田島 裕美・宮 聡美・阿久津洋巳(2008)「性格5因子とポジティブ・ネガ
ティブ感情,ストレス反応,対人不安の関連」岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 (7)116-128.
市川照久・横山繁盛・永田守男・桜井彰人(2004)「企業が求める人材の要件とその育成法」研究技術計画 17(1/2), 90-101.



3つの解決策で対処しよう