ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
ビジネスコラム >
エンパワーメント力を高める方法,使い方

日付:

エンパワーメント力を高める方法,使い方

みなさんこんにちは。公認心理師の川島、精神保健福祉士の杜岡です。私たちは、精神科ケースワーカー、児童福祉分野での相談業務、障がい者の就労支援などを行い、現在はこちらのコミュニケーション講座の講師として活動しています。本コラムのテーマは、「援助者向けエンパワーメント入門」です。

エンパワーメント力

入門①~③を読み進めていくと、基本的な知識と必要なスキルを抑えることができると思います。是非最後までご一読ください。

エンパワーメントとは何か

まず初めにエンパワーメントの歴史や意味について解説していきます。

歴史の概要

エンパワーメントの概念は、1950年代に盛んになった、黒人解放運動に起源があると言われています(西梅,2004)。当時のアフリカ系アメリカ人は、小学校教育を白人と黒人で分けるなど差別的な扱いを受けていました。

このような社会的に不利な立場の黒人が力を取り戻すという意味でエンパワーメントという用語が使われるようになりました。

その後、エンパワーメントという概念は、女性の権利回復、同性愛者の権利回復、でも広く使われるようになっていきました。

日本で、エンパワーメントが用いられるようになったのは、1990年代以降になります(森田,1998;小田,1999)。現在では、福祉の現場、障害者の能力向上、ビジネスの場面など、分野を問わず広く使われるようになっています。

意味と哲学

エンパワーメントには以下の意味があります。

社会的に差別や搾取を受けたり、組織の中でコントロールしてゆく力を失われた人々が、そのコントロールを取り戻すプロセス(久木田,1998)

エンパワーメントは、自分の持っている能力やスキルを自覚し、社会との関わりの中で活き活きと発揮していく過程を意味するのです。そして、エンパワーメントの根底には

能力や権限は、訓練や指導によって得られてゆくものではなく、本人が本来もっているものである

という哲学があります。すべての人々はみな、生まれながら様々な個性、能力、可能性を持っています。個人の能力を尊重した肯定的な働きかけにより、その潜在能力を取り戻し、力をつけてゆくことがエンパワーメントの哲学なのです。

 

研究紹介

エンパワーメントについては、これまで複数の分野で研究がなされてきました。興味があるタイトルを展開して理解を深めていきましょう。

大沼ら(2007)は、陸陽中学校の全校生徒455名を対象に、地域活動の参加とエンパワーメントの増減を調査しました。調査は2回にわたって行われ、1回目と2回目の間に、地域のそうじ、花を埋めるなどの、活動が行われました。その結果の一部が以下の図です。

エンパワーメント 高める

上図は、地域活動へ自主的に「参加」した学生の方が「不参加」の学生よりも、エンパワーメントが高まっていることを意味しています。「自分から」「前向きな活動」に参加する行為がエンパワーメントにつながることがわかります。

青木(1998)は、上場メーカー255社を対象に、従業員のエンパワーメントと企業業績の関連を調べました。まずは「意見をもとめる」効果を確認していきましょう。以下の図をご覧ください。

エンパワーメント 意見を求める

上司が部下に情報や意見を求める機会が「多い」会社が、もっともモラールが大きいことが分かります。モラールとは組織のやる気や士気を意味します。意見を求め、発言を促すことは重要なエンパワーメントになり、主体性を高めることになるのです。

次に「意思決定への参加」を確認していきましょう。以下の図をご覧ください。

意思決定への参加

上図のように、部下が意思決定に参加できる度合が「多い」ほど、もっとも収益性が高いことがわかります。意見ができる風通しの良いの職場をつくると、従業員がエンパワーされ、業績が上がりやすくなるのです。

青木(2007)は慶応経営戦略グループのアンケート調査を用いて、経営要因とエンパワーメントの関連を調べました。このアンケートの回答率は20%で、200数十社から寄せられたアンケートをもとに効果を分析しました。

今回は、結果の一部として、「ルール化」が部下の創造性や能力発揮に能力に与える影響をご紹介します。

まずは、創造性を見ていきましょう。以下の図をご覧ください。

創造性とエンパワーメント

上図はルール化が「強い」もしくは「柔軟」な場合に創造性が高いことがわかります。次に「能力発揮」を確認していきましょう。以下の図をご覧ください。

能力発揮 エンパワーメント

上図のように、ルール化が「強い」もしくは、「柔軟」な場合に、もっとも能力発揮が伸びていることがわかります。

創造性・能力発揮ともに「ふつう」がもっとも低下する理由は、研究ではわかっておらず、現在調査中とのことです。

ここからは筆者の推測にはなりますが、ルールをある程度厳格にすると信賞必罰でやる気がでる効果があり、ルールを柔軟にすると自由度が生まれやる気が出ると解釈できそうです。

厳格でも柔軟でもない場合は、従業員が右往左往して、やる気も中途半端になってしまうのかもしれません。どちらにしても、中程度のルール化がエンパワーメントに不利なのは興味深い結果と言えます。


エンパワーメント

 

7つの高める方法

ここからは入門として、エンパワーメント力を高める具体的なスキルを7つ紹介させて頂きます。

①ラポールを築く力
②傾聴力をつける
③励ます力をつける
④権限を与える
⑤リフレーミング力をつける
⑥性格の分析力をつける
⑦ソーシャルサポートを充実

ご自身でも使えそうなものを組み合わせてご活用ください。

①ラポールを築く力

ラポールを築く力はエンパワーメントをする上で必須です。ラポールを築くとは、心を通わせお互い信頼できる関係になることを意味します。具体的には、以下のような日常のやり取りが大事になります。

日々の挨拶を大事にする
意見をしっかり受け止める
屈託のない会話をする
ユーモアを持つ

お互いに信頼できる関係があるからこそ、深い価値観を引き出し、時に思い切った提案をすることができるのです。相談者の方と心を通い合わせるのが苦手…と感じる方は以下のコラムを参照ください。

ラポールを築く方法

②傾聴力をつける

エンパワーメントの基本は傾聴力です。傾聴力なうしてエンパワーメント力はなし!と言っても過言ではありません。例えば以下が挙げられます。

相手の話を要約して繰り替えす
肯定的に返す 褒める
前向きな感情を引き出す質問
充分間を取りながら傾聴する

エンパワーメントの実践現場では、傾聴する時間がかなりを締めます。聴く力が不足している…と感じる方は以下のコラムを参照ください。

傾聴力トレーニング

傾聴力,エンパワーメント

 

③励ます力をつける

対象者の方は、失敗や挫折を繰り返し、挑戦する気力を失っていることがよくあります。援助者は対象者を励ます場面がよくあります。励ます方法としては以下が挙げられます。

辛い気持ちを十分受けとめる
結果ではなく努力を褒める
成長した点を見つけ励ます
温かい言葉をかける

精神的に辛い時に、しっかりと励ましてくれる援助者がいると、対象者は勇気をもって活動できるようになります。対象者が落ち込んでいる時に、どう声をかければ良いかわからない…という方は以下のコラムを参照ください。

励まし方,トレーニング

 

④権限を与える

もしあなたが、なんらかの権限を対象者に持たせることができるなら、積極的に渡していくと良いでしょう。例えば以下が挙げられます。

企画から運営まで一気通貫で決めてもらう
〇〇リーダーという肩書を作る
自由に使える予算を与える
毎月の売上目標を自分で決めてもらう

これまでのエンパワーメント研究でも、権限の委譲は、本人だけでなく、組織全体の活性化にもつながることがわかっています。「自分の意思で決定している」という感覚が持てるような援助を心がけましょう。

 

⑤リフレーミング力をつける

相手の短所を強みとして活かす、リフレーミング力も援助者には必要になります。リフレーミングとは、考え方の枠組みを再構築して前向きにする手法です。例えば以下が挙げられます

足が悪く移動にハンデがある
→PCに詳しくなり、遠隔での仕事をどこでもできるようにする

収入が低いコンプレックス
→収入を上げるための資格の勉強意欲に繋げる

無力化している方は、自分の短所をあげがちですが、その時にリフレーミングをして、前向きに活かすように、エンパワーメントしていきましょう。リフレーミングについては以下のコラムを参照ください。

リフレーミング練習

リフレーミング力,エンパワーメント

 

⑥性格の分析力をつける

援助者は、対象となる人の性格を把握し、個性にあった援助をしていく必要があります。例えば以下が挙げられます。

神経質だ
→細かい作業が得意 正確な作業が求められる仕事を提案する

外向的だ
→人と接すると能力を発揮 対人関係の仕事を提案する

基礎として抑えておきたいのは、ビックファイブとよばれる5つの代表的な性格傾向です。神経質傾向、外向性、開放性、誠実さ、協調性をベースとして性格傾向を把握していくと良いでしょう。詳しくは以下の診断で基礎知識を高めてください。

ビックファイブ性格診断

⑦ソーシャルサポートを充実させる

対象者の方が、力強く問題を乗り越えていくためには、物理的、心理的なサポートの充実が不可欠です。援助者は、対象者の支えとなるサポート体制を整えていく必要があります。例えば以下が挙げられます。

家庭環境が不安定な場合は安定する作戦を一緒に立てる
孤立している場合は居場所の情報を提供する
公的な支援制度を紹介する
抱えている悩みを相談する定期面談を設定

心理学の研究では、人間関係やソーシャルサポートの充実は将来への希望に結びつくことがわかっています。援助者の方は、しっかりと意識しましょう。詳しくは以下のコラムを参照ください。

ソーシャルサポートの増やし方

 

まとめ

当コラムでは、エンパワーメントについて入門編を解説してきました。エンパワーメントは粘り強さが大事です。対象者に何より必要なのは、「自分の力で乗り越えた」という実感です。援助者は補助輪にすぎないのです。あくまで自転車をこぐのは対象者であることを忘れないようにしましょう。

 

コミュニケーション講座のお知らせ

公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でコミュニケーションスキルを磨きたい方は、私たちが開催している講座をオススメしています。講座では

・人間関係の心理学の学習
・リフレーミング力をつける
・傾聴力、共感力をつける
・ラポールを築く練習

などを行っていきます。筆者も講師をしています。皆様のご来場をお待ちしています。↓興味がある方は下記のお知らせをクリック♪↓

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・ソーシャルワークにおけるエンパワーメント実践展開研究の意義 西梅 幸治 福祉社会研究 第4・5号 53―67 2004
・従業員のエンパワーメントとその効果~日本企業を対象にした実証研究~ 青木 幹喜 東京情報大学研究論集 Vol. No.2 71 1998
・地域活動への参加がエンパワーメントへ及ぼす効果 大沼 進 須藤 泰史 日心第大会71回(2007)
・久木田純,渡辺文夫 エンパワーメントとは何か.現代のエスプリ No.376エンパワーメント:人間尊重社会の新しいパラダイム.至文堂,1998,p.10-34
・森田ゆり(1998)エンパワメントと人権-こころのみなもとへ-解放出版社
・小田兼三(1999)エンパワメントとは何か 小田兼三・杉本敏夫・久田則夫(編)エンパワメントー実践の理論と技法ー第1章 中央法規 Pp.2-17
・青木(2007)エンパワーメントとコントロール 三田商学研究  (Mita Business Review) .Vol.50,No3.p.239-251